2018/04/01

本日4月1日・4月19日東京明治座初日開幕のエンターテインメントステージ☆コンサートツアー2018 石井竜也【陣~JIN~】の強烈な【ifの世界観】を伝える最新ビジュアル公開っ!




待ってましたっ!
ほんっとに格好いい~~~~~~~~~~~ッヾ(≧∇≦)


20180401232339ccc.jpg

ど真ん中の石井竜也演じる「龍頭院隆勝」ももちろんだけど
後ろに控える「七将軍」の面々の【甲冑姿】がゾクゾク鳥肌もの!

コンサートツアー「ZERO CITY HAL」の時の「カール・ビューチー・テツ」を彷彿させるものや
「PENDULUM」に登場した「PENDULMAN伯爵」を彷彿させる面…
ナドナドに思えて

「オオオ~~~~~石井竜也の製作したキャラクタービジュアルの集大成というか極地というか?」
と、浮かれっぱなしでございます。

石井さん!!こんな格好いいもの作っちゃっても~~~~~ヾ(≧∇≦)
泣きそうなぐらい嬉しいぜぃ!(。>ω<。)キショ~メ~(笑)
2018/03/31

龍、龍、龍、龍、時々金魚と八咫烏とドラゴンタトゥーの女

で、過ぎた1日

おかげで、オメメ使いすぎてシパシパ~~~(*_*;

今夜の「龍納め」は「美の巨人たち」で見た加山又造の「墨龍」
同じ加山又造の「雲龍図」は2011年に比叡山延暦寺で行われた
石井さんの奉納コンサート「天夕紅山」に参加する為の
「弾丸バスツアー」での自由散策の時間に立ち寄った「天龍寺」の「雲龍図」思い出した(*^-^*)

天夕紅山…。昼間に放送されたラジオで「where is heaven」が初解禁されたんだけど
ツアー参加した皆には、帰りのバスの中で、スタッフさんが聞かせてくれたんだよね。

なんて思い出しながら…。
「天龍寺」…。天龍降臨…。

あ~、いかんいかん、また龍、龍、龍、龍に戻っていく~~~(笑)
「雲龍図」の他にも「達磨図」も在ったんだよねぇ~💕

昼間に龍、龍、騒いでるときに、たまたま見つけたものをみて
「ドラゴンタトゥーの女」の記者発表の時の
土屋アンナちゃんの赤龍と石井さんの黒龍思い出して「やん💕」なんて萌えたりね💕(笑)

オメメシパシパだけど、楽しい1日でした(*^-^*)


201803312317294c9.jpg

明日から4月、オシャレ、どうしよう(//∇//)(笑)
2018/03/30

10mails

投稿された皆様の、想いを尽くして表現されていて
その方の想い描いている世界が垣間見えるようで…素晴らしいなぁ(●´ω`●)
顔魂さんも楽しみだな🎶
20180326234901f9a.jpg
2018/03/29

昨日のメルマガ『週刊石井竜也』のお写真、撮りたてホヤホヤだったんだ~(*^_^*)☆SONYMUSICSHOP石井竜也でも4月18日発売のアルバム【龍】のジャケットビジュアルが反映されたぜい~♪o(^o^)o

と、いうわけで、石井竜也のオフイシャルFacebookで

石井竜也オフィシャルFacebook

昨日敢行されたという、
4月19日の東京明治座初日から、8月19日の大阪新歌舞伎座千秋楽まで9都市34公演が行われるエンターテイメントステージ

☆コンサートツアー2018石井竜也【陣~JIN~】と
☆JAPANESQUECONCEPTアルバム【龍】

に関連する『撮影』が行われました~

というご報告の中にあったお写真の1つを見て

昨日配信されたメルマガ『週刊石井竜也』に掲載されていた

↑【陣~JIN~】のステージで石井さんが御召しになる『甲冑』のshot

所謂『撮って出し』

撮りたてホヤホヤを載せて下さったのかなぁ

『なんか嬉しいなぁ~』なんて嬉しくなっちゃったりして(*^_^*)

いつもよりメルマガの配信が遅めだったのも
逸早くホヤホヤの写真を届けたいなぁ~という
石井さんとスタッフさんのお気持ちだったのかなぁ。。。

って思うと嬉しいですよね♪(≧ω≦)b

東京FM MUSIC VILLAGE「メルマガ週刊石井竜也」

と…言いつつ、私はと言えば(昨日書ききれなかった続きになりますが)

【陣~JIN~】だ【龍】だにもアレコレ好き勝手に妄想の翼をおっぴろげて(笑)楽しんでいる一方で

な~~ぜか、和テイストの楽曲を聞いたりはせず
代わりに『DIAMOND MEMORRYS』をアホみたいに聞いたりする傍ら

石井さんのデザインのエスキース集『passion』なんかを眺めては

201803292237573e3.jpg


20180329223757456.jpg


『わぁ~♪これあの時のだぁ♪』とか
『石井さん、最初はこんなギミックにしたかったんだなぁ…』とか

『や~~ん♪この貝殻のマグカップこれも実現して欲しかったな~)^o^(』

『え?これもしかして"ポロちゃん"の前身~?(≧ω≦)』

とか騒ぎながら(笑)

また一方で、ネットニュースで見た『アンコウ』の雌雄が深海で『繁殖』状態にあるのを撮影した貴重な映像を拝見したのに触発されて

石井さん、石井竜也が監督した映画『ACRI』の脚本を以来なさった

映画監督の『岩井俊二さん』が『ACRI』をベースに書かれた小説『ウォーレスの人魚』に記述されていた

人魚の雌雄の『命を賭けた繁殖』の姿を思い出して

もう何度読んだか分からないその本をまた読み返してみたりしていました
つい私は、岩井さんのこの小説を『ACRI』の原作だと思ってしまうんですが

石井さんからの『人魚と人間の愛の物語を書いてください』という依頼には間に合わなくて

後から石井さんが『小説として出されたらどうでしょう?』と提案された事を機に出版されたもの
だったんですね。(*^_^*)

岩井さんは、御自分の書く物語が、石井さんの想うモノと違ってしまうことに
申し訳ないと書かれていたんだけど

私は、この小説を読んでから、また改めて映画の『ACRI』を見ると

更に映画の世界が深く広く大きくなるようで
更に『ACRI』という作品とこの作品を産み出した『石井竜也』が大好きで堪らなくなるんですよねぇ。(≧ω≦)b

堪らなくなる…と言えばね『DIAMOND MEMORRYS』
中でもね『迷い道』がね堪らない

あの有無を言わさず突き上げて来るように刻むリズムに
嫌でも気持ちが煽られて掻き立てたられた挙げ句のラスト

荒い息の中で『Iam ok』と吐き出すように言う声
ズルいよね(笑)

とか

『薔薇の咲く庭』聴けば聴くほどいいなぁ~♪
とか

久しぶりに聴いて

なんだか以前聞いてたときとは違う感じで聞けてるように感じて

久しぶり…とは言っても
毎朝、駅に電車が入ってくる時に、流れるメロディを聞くたびに

頭の中で石井さんの歌う声が必ず再生されるっていう

オソルベキ魔法がかけられてるもんで、忘れてなんていられないんです『DIAMOND MEMORRYS』

忘れさせてくれないんですよ,困った事に(笑)

ホントに♪√まるで喜劇じゃないのぉ~

ですよね、我ながら。。。



20180326234901f9a.jpg

今夜はめでたくSONYさんのSHOPでもアルバム【龍】のジャケットビジュアルが反映されて

めでたし♪めでたし♪

SONY MUSIC SHOP石井竜也【龍/初回生産限定盤】

撮影、ステージで使われる素材とかも撮られたのかなぁ~)^o^(

とかいつまで言ってないで寝ないと(^^;アチャ~

♪√迷い道くねくね~

っと

おやすみなさい<(_ _)>
2018/03/28

石井さんトコのFC会報到着~~~?(*^o^*)(内容に触れていますのでご注意下さい^^)

や~~♪今回は早かった~♪)^o^(

もう有無を言わさず開封して、早速、タップリ楽しませて貰っちゃいました♪

と、言うわけで、内容についてかなり触れまくると思いますので

ボンヤリでも先に知りたくないなぁ、という場合は読み進まれないようお願いします(^^)


20180328220933c54.jpg

続きを読む

2018/03/26

本日3/26大安 お日柄も良く…(笑)4月18日リリース石井竜也ニューアルバム【龍】のジャケットビジュアル公開となりました🎶



20180326234901f9a.jpg
20180326234901664.jpg


と、言うわけでお待ちかねの【龍】アルバムジャケットのビジュアルが
本日公開となりました。

4月19日東京明治座の初日から8月19日大阪新歌舞伎座千秋楽まで
9都市34公演が行われるエンタテイメントステージ

コンサートツアー2018石井竜也【陣~JIN~】の世界観を伝える「ガイドアルバム」
として、石井竜也の「和テイスト」の楽曲を書き下ろしの新曲やリテイク等を含めた
39曲を網羅して収録

初回生産限定盤には3枚組のCDの他
石井竜也がこれまで行ってきた奈良薬師寺等でのコンサートの模様や
石井竜也がメガホンを取ったショートムービー「笹~SASABUNE~舟」や
「飛翔~壮絶!石射矢の乱!~」のBDと写真集の組合せとなります。

💿4/18リリース🌟石井竜也ニューアルバム【龍】🐲
初回生産限定盤3CD+BD+写真集/SRCL-9725/💴12,000
通常盤3CD/SRCL-9729/💴6,000


SONYMUSICSHOP石井竜也【龍・初回生産限定盤】

🚨4/19東京明治座初日~8/19大阪新歌舞伎座千秋楽まで
9都市34公演開催!エンタテイメントステージ
🌟コンサートツアー2018石井竜也【陣~JIN~】

2018032700092224a.jpg




2018/03/26

【龍】で繋がる石井竜也!奈良薬師寺~仙台「吉祥天女が舞い降りた!奈良薬師寺の祈り展」~東大寺~始まりは金沢文庫(*^o^*)アハ

と、言うわけで
4月18日リリースの石井さん…石井竜也が書き下ろし&リテイクした『和テイスト』の楽曲39曲を網羅したニューアルバム【龍】のアルバムジャケットの公開を

SONYMUSICSHOP石井竜也【龍・初回生産限定盤】

まだかなまだかな~♪

と待ちわびながら

4月19日の東京明治座初日からスタートし
8月19日の大阪新歌舞伎座千秋楽まで9都市34公演を駆け抜ける

エンターテイメントステージ石井竜也コンサートツアー2018【陣~JIN~】のお稽古やらご準備やらに

本日も勤しんみつつなんやかんやテンパっているであろう(笑)石井さん…石井竜也に

『かまってかまって~♪』という代わりに(笑)

昨日の『どうぶつの森ポケットキャンプ』に引き続きまして

勝手に石井竜也の【陣~JIN~】ワールドを模索して妄想して『繋げて繋げて繋ぎまくって』

『や~~んつながってるゥ~~)^o^(』とか口走りながら

キャイキャイ楽しんでる『一人上手』なワタクシ(笑)

『竜也』で一人で遊ぶ『タツジン』の域に入っているかも知れません、ハイ(笑)

始まりはTwitterでフト、目にしました1冊の本のご紹介

本のタイトルは『龍の棲む日本』

なんか、前にも目にしたことあるなぁ…と思いつつ

ただ今、石井さんが手掛けてるステージ【陣~JIN~】も『龍の國』というが出てくるらしいし
アルバムもズバリ【龍】だし…と

気になって詳しく調べたところ

あら!あら!あら!あら!

これまで石井さんがラジオやメルマガ『週刊石井竜也』などで語られてきた

『龍の國』のお話みたいじゃん!?

しかもしかも…

と思い切り気持ちが昂りまして、既に絶版なのをAmazonさんで探してゲットしまして

『おお~~!』と騒ぎながら遊んでいるという(笑)

20180326174121dc1.jpg

日本が龍に見立てられる所から、昔から日本の山脈やら水脈を『龍脈』と呼ぶことは知って居たんですが

なぜ『龍に見立てたのか』とか『誰が見立てたのか』とか

詳しいことは改めて知らなかったもので

この本で以てそういうとこまで知る事が出来たら面白いじゃん!

とか思ったんですが

まあ、届いて最初の一頁を開けた瞬間に目に飛び込んできた【金沢文庫】の文字に『えええ~っ!?』と吃驚&大興奮(笑)

この本での主題となる『行基図』呼ばれる『日本図』が収蔵されているのが

地元に程近い『県立金沢文庫』という博物館で

20180326174121e1c.jpg
「日本図(行基図)」

こちらの行基図は西日本の側のみ残っていたそうで
下記の「日本国地震の図」と併せて資料として紹介されてたんですね。

2018032617412137a.jpg
「日本国地震の図」


『称名寺』という『極楽浄土』を模した美しい庭園等でも有名な御寺に隣接していまして

以前『愛と怒りの仏愛染明王』展を見に行って以来

すっかり御気に入りの場所なんですが

その愛染明王展での展示に惚れ込みまして求めた図録にも書かれていた

『元寇』の際のお話と同様の事が、この本にも記載をされてまして

『うわぁ~"龍"だよ"神器"の世界だよォ~(≧ω≦)b』と更にワクワク(笑)
んで、この資料を拝見しながら『ああ~♪もしかして石井さんが"陣~JIN~"の為に製作された"龍の國"の地図ってこんな感じなんじゃないかなぁ~♪』なんて又勝手な妄想を膨らませてはヘラヘラと浮かれ(笑)

んで最初に気になっていたもう1つのWord『行基図』

行基、行基、行基

行基って『行基様』だよね?

2015年に仙台市博物館で開催された『吉祥天女が舞い降りた!奈良薬師寺の祈り展』



20180326172704cad.jpg

「石井竜也製作展覧会ロゴ」

201803261727044d7.jpg




「国宝吉祥天女が舞い降りた!奈良薬師寺の祈り展/開会式で挨拶するアーティストの石井竜也さん」

https://sendai.keizai.biz/phone/photoflash.php?id=2405




でも、子どもの頃からの『行基様』のエピソードが描かれ薬師寺を拠点の1つになさっていた…といった『絵巻物』が展示されていた『菩薩』と呼ばれた『行基様』

昨年4月9日に『EARTH×HEART for children大仏開眼1265年』のコンサートが開催され


石井さん…石井竜也も参加させていただいた『奈良東大寺』の建立を任され尽力されたあの『行基様』?

うわ…なんかあれやこれやみんな繋がって来るじゃん~♪)^o^(

とまた興奮

お話が戻りますが

その『行基図』と呼ばれる地図が収蔵されている金沢文庫での愛染明王展
の愛染明王も【龍】と関わりがあるんですよ。

仏様そのものを文字で表す『梵字』というのがありますが

『愛染明王』を表す『梵字』って『蛇(龍)』なんですよね。
20180326174121819.jpg2018032617412185d.jpg

思えば、先程の仙台市博物館での『吉祥天女が舞い降りた!奈良薬師寺の祈り展』でも

『秘宝』の1つである【龍】が展示をされていまして

20180326172704835.jpg


この龍、確か、薬師寺の大谷執事のお話では

まだ薬師寺の建つ前に、湿地だった場所を『主』であった『龍』からお借りして薬師寺が建立されたんですよ
と仰っていたのを思い出しました。


やっぱり【龍】が石井竜也との、様々な御縁を繋いでくれてるんだなぁ
と改めて思うんですよね。

『龍の棲む日本』

まだまだ読み込みが足りていないので
暫くは『読んでは妄想』(笑)を繰り返しながら

4月19日に東京明治座初日の幕を上げる【陣~JIN~】へのワクワクを

更に勝手に盛り上げよう~♪)^o^(と思っています♪

『龍の棲む日本』

石井さんも読まれたかなぁ?読まれてるといいなぁ~♪)^o^(


なんて思うことも『石井竜也を感じる楽しみ』

だったりする私なのでした(*^_^*)

2018/03/25

私だけの【龍ノ國】ますます勝手に「構築」ちう~~(*^o^*)(笑)/石井竜也エンターテイメントステージ【陣JIN】


と、言うわけでスッカリ面白くなってしまった

どうぶつの森「ポケットキャンプ」で勝手に進行中の

私だけの【龍ノ國ケイカク】~~~🎶ドンドンドンドン🎯パフパフ🎺

本日も更なる勝手な妄想の国を構築中でございます(笑)


ついに!ついに!
ついに本日

【陣社】…じゃなかった【神社】完成~💕ヾ(≧∇≦)

20180325205012c83.jpg


巫女さんぽい鶴の女の子キャラクター「ちとせ」ちゃんも召喚


20180325205012fb2.jpg


オマケにタイムリーにも今日から登場した新キャラ「モモチ」は忍者キャラで(笑)
さっそく「黒い刀」も作って奉納しました(笑)

私のゲームキャラの雰囲気

きっと「意志意和歌集」の時の
小湊美和さん…「御美和さま」のイメージなんだわ💕

と、やっと自覚しました(笑)←イマゴロカヨ😅

御美和さま【陣JIN】に出られないんですよねぇ…残念だなぁ。

ハッシュタグに「陣JIN」だの「石井竜也」だの「if」だの
勝手につけてさり気なく宣伝宣伝(笑)

更に神社をグレードアップさせるべく頑張るのだのだo(^-^)oワクワク

石井竜也とどうぶつの森、昔からセットで遊べる良い組合せです(笑)


20180318095623edd.jpg


2018/03/25

時代劇アツイ!(≧∇≦)b時代劇専門チャンネル「変身忍者嵐」~時代にそぐわぬ要素で、その奇想天外さを売りにする~って意識今も大事・石井竜也【陣JIN】早く見たい~~(。>ω<。)

おはようございます🎶

え~~っと「オマエ他にも書いて置きたいこと山程あんだろうが?!」
って、自分で自分にツッコミを入れつつ

なんか朝っぱらから物凄く興奮するモノ見ちゃったので
先ずはコッチ書きます(笑)

まあ、どう転んでも結局は石井さん…石井竜也の話に繋がるんで
諦めて下さい(笑)

ついさっき、起き抜けにパッと点けたテレビでやってました
時代劇専門チャンネルの東映マンガ(実写)「変身忍者 嵐」に
スゲ~ワクワクしちゃったモンで(笑)

何でも「仮面ライダー」に対抗して「時代劇版仮面ライダー」を狙って製作された作品だそうで
後に私も子どもの頃にハマって、風呂敷をマントにオモチャの刀背負って走りまわるくらい好きだった
「怪傑ライオン丸!」の前身の作品だったとかで

見てると「あれ?この変身の仕方ライオン丸と一緒じゃん?」とか
「羽根手裏剣」てライオン丸にも無かったっけ?なんて記憶が甦って

もしかしたら当時私も「嵐」見てたのかもなんですけど
「ライオン丸」の記憶とごちゃ混ぜになってるのかも…と思うんですね。

んで、「変身忍者嵐」の何に先ずはそんなに萌えたか?と言えば

嵐の敵役である「血車塔」の放つ「化身忍者」の「ノミドクロ」のビジュアルがもう最高なんですよ!

20180325073331c4a.jpg20180325073331b01.jpg

※この二つが絶妙に混ざった感じって言ったらいいかな^^


こんな事言うと、石井さんに怒られるかもしれないんですが
見た瞬間「GROUND ANGEL」のアクトに登場した石井さんデザインのキャラクターのビジュアルを思い出して
「ウォォォ~!なんだコイツ!?すげえ!格好いい!ヤバイ~!」と大騒ぎで(笑)

や、冗談で無くね、「ノミドクロ」のビジュアル、石井さん絶対好きなはずだよ~!
って、アホみたいに興奮しちゃって(笑)

製作陣が物凄く素晴らしいからだと思うんだけど
キャラクターデザインがね、みんな凄く良いんですよ!

今の時代でも全然陳腐に見えない、どころか寧ろかなりカッコイイ!

主人公の嵐のマスクなんて「獣神サンダーライガー」ですか?って感じだし
悪役のマスクも石井さんの「飛翔」のMVでダンサーさんが被ってるような
チョイとボンデージな雰囲気で「ウォォォ~!これ良いよォォ」と萌え(笑)

仮面ライダーで言うところのショッカーみたいなキャラクター「下忍」のデザインも
黒い目出しの覆面に金と黒の錦風の忍者装束で「能」とかの衣装みたいで面白いの

それと製作陣に「仮面の忍者赤影」のスタッフさんが居るのもあってか
主人公の仲間の忍者に、大好きな「白影」約をやった方が出てたり

私が見た回には、落語の「柳家金語楼」さんが「作兵衛」という名で
「すっとぼけた平賀源内」みたいな役どころで出ていたりして凄い豪華!
後で調べて分かったんだけど当時、色んな豪華な役者さんや芸能人さんを
ゲストに起用していたらしいんですね。

「変身忍者 嵐Wikipedia」

他にも主題歌も王道の水木一郎アニキだったりするし
愛する女性悪役「曽根晴美さん」がこの頃既に登場されてたことも感激しちゃった🎶ヾ(≧∇≦)

何より見ていて「や~~これ絶対子どもの頃の石井さん見てたよなぁ~💕」
とか思っちゃったらなんか嬉しくなっちゃって(*^o^*)
(大人になってからでも良いんだけどね😁)

時代劇専門チャンネル見てると「時代劇アツイんだな」って改めて思った

「ゴールデンカムイ」までアニメになるし、
ガンダムの富野由悠季さんが監督して話題の「闇夜の時代劇」まで…。

「荒唐無稽な時代劇」というか、
製作陣の「時代にそぐわぬ要素で、その奇想天外さを売りにする」
っていう意識は今も絶対必要だよね。

うん、ますます石井さんの【陣~JIN~】見た~~~い(≧∇≦)b

石井さん凄~~~~い!(≧∇≦)
って、Twitterで騒いだだけじゃ足りなくて

「騒ぎたかった」

ってことで、ハイ😁(笑)

2018/03/24

お薦めは。。。

「ジャングル」って。

日本では、ちょうどスタッフさんが更新された日前後に
「配信サービス」始まったばかりじゃなかったでしたっけ?(;^_^A

エンドロールでの結末…石井さんの好きそうな展開ですよね。
2018/03/24

何年ぶりだろうか?

母が我が家にやって来たのは。

具合が悪くなる前から「急な階段は降りられないから」と
もう随分長い年月来ていなかったんだよね。

息子と一緒に遅い朝ご飯

ゴミゴミした我が家の居心地は良くないだろうけど
母にも少しの気分転換になるかな。

そうだと良いな。
2018/03/24

とうとう

起きるべき『事態』が起きた。

いつかあるかもしれない
と思ってはいたけれど…。

小さくても『歴史』って繰り返すものなのかな

小学生の頃に起きた、こんな雨の日の出来事を思い出してしまう。

違ってるのは、今は私が大人で『夫や息子』がいること

そして、母の頼れる、兄や妹が既にこの世に居なくなってしまっている事

多分、もう『事態』の『限界』は近い筈。

『これから先』をどうするか…。

借りるべき力を借りなくてはならなくなるだろう

多分、今夜はあまり眠れない。

2018/03/19

9月27日発売石井竜也ニューアルバム【DIAMOND MEMORIES】の世界観を描いた、ティーザー映像が9月11日から、いよいよ公開になりました!ヽ(≧▽≦)/

と、いうわけで、シツコイくらいに待ちわびて

待ちわび過ぎちゃって、9月27日のアルバム発売まで【あと16日!】という所まで迫った

昨日(9月11日)に、満を持して、や~~~~~~っと【公開】していただけました

石井竜也のニューアルバム【DIAMOND MEMORIES】
の世界観を伝える、約5分間に亘る、まるで映画のような映像!!



SONY MUSIC SHOP石井竜也ニューアルバム【DIAMOND MEMORIES】DVD付初回生産限定版

SONYMUSICSHOP石井竜也ニューアルバム【DIAMONDMEMORIES】通常版

もう、もう、もう『石井竜也』の世界観に飢えまくってた私は
『石井竜也ならでは』の、ノスタルジックで、哀愁の漂う大人のファンタジーがギュッて凝縮した堪らない世界に思いっきり惹き込まれ捲ってまして

公開直後に、電車の中で見ながら、『切ないな…』って、胸がいっぱいになっちゃいました。

この映像の中の石井さん…愛しくて、大好きで堪らないです。

映像の公開前に、石井さんのスタッフさんから
『映像の中に、過去のGROUND ANGELのキャラクターが登場します』

というお知らせがあって『一体どの子が登場するんだろう?』って

それもモノスゴイ楽しみだったんですが

今回の映像に登場したのは2011年のGROUND ANGEL10thのコンサート『Angel Rays』のアクト『クラウドヘッド』に登場したキャラクター

『イガキ・ロッタル』くんと

2008年のコンサートツアー『PENDULAM』に登場した『PENDULAM伯爵』

『クラウドヘッド』は近未来の世界に於て『人類がまだ生きている、という貴重な証』として

外界から厳重に隔絶された世界で『マザーコンピューター』から『何も考えずに出来るだけ長生きすること』を強いられ

【今生きているのは、天国に行くまでのヒマつぶし】

と、彼らから呪文のような言葉を毎日毎日繰り返し刷り込まれる生活に疑問を感じながらなすすべもなく

ただ、過去の時代に生きる我々に向かって『あなたのとった些細な行動で、世界が途方もなく変わってしまうかもしれない、気を付けて…』と伝えていた物語


201709112348459a4.jpg
201709112348459a4.jpg
201709112348457c3.jpg

そして『PENDULAM伯爵』は、PENDULAM城に200人の召し使いに囲まれて暮らしている
類い稀な美貌を持つ、偉大な伯爵にして、先鋭な芸術家

しかし何故かその頭の中にある膨大なアイデアが具現化された事はなく
その美貌や才能を妬まれないように…と
彼の家に代々伝わる『自分隠しの仮面』を着けたまま隠れるように生きていた生活を終わらせようと
長年被り続けた仮面を外そうとした時には

錆び付いた仮面は、無理に外そうとすれば顔が引きちぎれそうな程に張り付き、外す事が出来なくなり既に時は遅し…

失意を誤魔化するように、もう5年仮面を被り続けよう…と自分に言い聞かせながら
『自分が誰だったのか』すら分からなくなる怖さに取り憑かれたPENDULAMANの物語

この二人のキャラクターって
石井さんが『現代』に抱いている『危機感』を、怖いほど象徴している気がして、見ていてゾクゾクしました。

『クラウドヘッド』の暮らす未来は、遠くない身近な世界かも知れないし
何より『生きているのは天国に行くまでのヒマつぶし』

という『呪文』は、どこか誤った教義を伝える宗教のようでもあるし

どこか冷めたまま、なんとなく生きている…と言われる現代人のようでもあると想う

同じく『PENDULAMAN』もまた、『少しでも自分を良く見せたい、素晴らしく見せたい』と思う余り
人の目が恐ろしく思えたり、また反対に他人を見下したり、自分を偽る仮面、自分を隠す仮面を着け続けるウチに
孤独と息苦しさに耐えきれなくなって、心のバランスを崩す人間が増えている『今』を痛烈に現しているように思える

映像の中の、闘い疲れた兵士が迷い込んだ
砂漠の見せる蜃気楼の幻想のような世界は実は現実の世界に生きてる人間の『心の砂漠』

砂の中に埋もれた、もう揺れる事も出来なくなって転がる『振り子椅子』に腰かけて

砂の中から拾い上げた、ノスタルジックな音楽に、半ば狂ったように陶酔して興じる、兵士と、心の砂漠に迷うキャラクターたち…

傷付いたレコードから、針が飛ぶ度に、映画のフィルムが引っ掛かるような映像が堪らなく好き…
フト我に返った自分の手の中に在った事に気がついた
ダイヤモンドの煌めきを掲げるときの、笑顔のような泣き顔のような表情
目映く差し込んだ光は、きっと『Angel Rays』

子どものように光に包まれ消えていった『PENDULAMAN』と『クラウドヘッド』

羽を拡げた『PENDULAM』のオブジェの下には、銃と軍帽が残されている

闘いは、終わったのかな…。


そんな事を思いながら、繰り返し繰り返し思いながら見ていた


9月11日の公開を選んだのも
911をキッカケにスタートして、2011年3月11日が起きた年に10年という区切りを迎えた
『GROUND ANGEL』を意識されたからかな。

兵士の持っている銃とPENEULAMANの持っている銃と似ているのも、何か切ないなぁ…と感じる

随分前に、石井さん御自身が『PENDULAMAN』を凄く大事にしている…と聴いた事がある

『PENDULAMAN』は、ある映画の中のとある将軍がモデルだということもメルマガの中で話されていた

端的に言うならば、石井竜也が今まで『GROUND ANGEL』のコンサートの中で繰り広げて来た世界が、
映像になって甦ったような世界観

昨年末に一旦幕を閉じた『GROUND ANGEL』を惜しむファンが『actを映像に残して欲しい♪』と願っていたものが形になった1つにも想える

2017091200080120d.jpg

兵士に扮した石井さんが、精一杯光を掴もうとする姿は、オブジェ『TOMORRW』にも似て、なんだかとても強い優しさを感じる

忙しい中で、こんな濃厚な映像を作って下さった、石井さんの情熱に、拍手と感謝。。。

石井さん、ありがとう。

※余談

昨年末に、有楽町国際フォーラムに帰って来た『Angel Rays』

2011年に展示された時には、中の扉を開けると、小さく小さく『GROUND ANGEL』の音楽が聴こえていた

閉じられた世界の中にも音楽があったことを
今回の映像を見ていて、また思い出した

どこか似ている気がして
アルバムのお話とは関係ない長話になりましたが
石井さん…石井竜也の映像世界、プロモーションとしてだけじゃなく
長く沢山の人に見てもらえて色んなことを思ってもらえたら嬉しいな


2017091216041224a.jpg
20170912160412431.jpg

2017年9月12日
16時13時26分掲載

2018/03/19

おかげさまで

『大きな節目』の日を

変な自己嫌悪や、焦燥感や、不安や不満に囚われる事なく

感謝を以て迎える事が出来ました。

そのキッカケは、石井さんが50歳を迎えられるに中って

私たちに教えてくれた『グレート50』という『意識』をある時フト思い出したから。

石井さんが尊敬する、シルク・ド・ソレイユのギー・ラリベルテ氏が

50歳を迎える日に『どうしてもやりたかった事』として
宇宙ステーションから『水の大切さ』を訴えられた

『poetick social mission』に石井さんが日本代表で参加されて

それを機に知る事になった『グレート50』という意識

日本でも『100歳の半分まで、無事に生きられた事』を大変貴重な縁起の良い事として祝う習わしがある事も知りました。

国によって言葉は違っても『グレート(偉大なこと)』なのは間違いないんだ…ということ

その事を思い出せたおかげで『自分のこれから』に対して

沢山の『善い意識』を持つてこの日を迎える事が出来た事に

ありがたいなぁ…としみじみ感謝して今日を締め括りたいと思います。

素敵な日をありがとう。
私の前を歩く素敵なみなさま、スットコドッコイな私を
これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m
2018/03/19

労働の後の。。。


【お肉】🍗
201803191519473b0.jpg

ごちそうさまでした😋
20180319151947e80.jpg