2017/06/21

「浪漫飛行~小樽バージョン」?(笑)【石井劇場part9~ISHYST REMEMERING SONGS小樽前夜祭~】~その1~※スタッフさん発正しいセットリスト追記しました~(^◇^;)

今日は「夏至」にして、本格的な「梅雨」の始まりだそうで
暑さは凌ぎやすいですが、朝から強い雨が降っていますね。

先日、参加させていただいた、北海道は小樽で開催された
【石井劇場part9~ISHYST REMEMERING SONGS小樽前夜祭~】
で、自分の心に残った時間を書き留めてみました。

書きたいこと優先で、記憶を頼りの拙い文面ですが
お時間ありましたらお付き合い下さいませ(*^-^*)

□【石井劇場part9~ISHYST REMEMERING SONGS小樽前夜祭~】~その1~□

色々な事情もありまして、ギリギリまで『ホントに行けるのか?』という試行錯誤が在ったのですが

私的に『大きな飛躍』(いやいや大袈裟でなく)で

『行ったことのある場所』の『北限』の記録更新(笑)
小樽と札幌1泊2日の弾丸ツアー体験して来ました(*^_^*)

最初の目的地は『小樽』だったんですが、その前に1度札幌の宿泊先に向かうべく羽田空港を出発

高速バスでの『弾丸ツアー』はお馴染みになってますが(笑)
たった一人で手配やら、手続きやらして、空の旅に出るのは今回が初めてでドキドキだったんですが
記憶が褪せない間隔で、何度かハワイに出掛けていたお陰で、帰りの搭乗時にちょっとアクシデントがあった以外
ほとんど戸惑わずに済んで何よりホッとしました。(*^.^*)

今回改めて思ったんですけど離陸の瞬間て、何度経験してもなんか凄く『感極まる』感じがしません?

あの『ガッ!』って、車輪が地面を蹴るように地上を離れて舞い上がった瞬間の
『色んなものを振り切って行く感覚』って離れていく感じがして

毎回グッと来るものがあるんですけど、
みなさんはそんな事ないですか?

まあ、それはさて措き、どんどん下に見えてくる羽田の周辺をみながら

『お~、この下にいつも飛行機見上げてた職場があるんだねぇ』(笑)(^^;

なんて変な感慨も入り交じりつつ一路北海道へ

前夜2時間くらいしか寝てなかったのもあって、途中寝てしまって、
フト気が付けば『間もなく新千歳』という時にハッと目が覚めた時に見えた

『北海道らしい地形』に感『わ~、やっと来たんだぁ』と感慨しながら

20170621051616de2.jpg


北海道、行きたかったんですけど御縁がなかったんですよね、洞爺湖も、GROUND ANGELの時も、
なので今回やっと訪れる事が出来て『良かったなぁ』って、思っています(*^_^*)

そんな感慨で降り立った『初北海道』

20170621075911b43.jpg

なんですが、そこからは慌ただしく先ずは札幌の宿泊先へ

口コミのレビューで拝見していた以上に感じのいい宿泊先で
また来られる事があったら泊まりたいなぁ~♪とスッカリ気に入ったお部屋で

『小樽』での【石井劇場part9~ISHYST REMEMEBRING SONGS前夜祭】に向かう、着替えやら、メイクやら

初めての場所で、しかも道内の移動は時間が掛かる…という事もあり『時間足りるかしら?』とドキドキしながら

なんとかギリギリ間に合う時間の列車に乗って出発♪

『小樽』へ向かう『いしかりライナー』は、途中から『海沿い』を走るんですが
進行方向右側の座席だと、多分線路沿いの風景も目に入ったんだと想うんですが
私は左側の座席からだったので、窓から見えるのは『海』だけ

そうするとね、まるで列車が『海の中』を走っているような錯覚に陥りそうな不思議な感覚になってね

『千と千尋の神隠し』に出てくる海の中を走る電車に乗っているみたいだ。。。
なんて、思っていたら、突然北茨城の『二つ島』のような巨大な巌と
スカシカシパンみたいな丸い巌が並ぶ風景が飛び込んできて

束の間異空間に迷いこんだようなノスタルジックで不思議な道程に、尚更心がドキドキしちゃったのでした(*^_^*)

そんな感じで約40分ほどで『小樽』に到着
急いでいたので写真を撮るのも忘れて、駅前のタクシーに『ゴールドストーンまでお願いします』と告げて出発

走りながら運転手さんが『今日は誰が来るの?』って声を掛けていらしたので、
『米米CLUBの石井竜也さんなんですよ~♪』とお返事すると

『そう~、たまに凄い人来るんだよね~』と言って下さったのが嬉しくて、
お話をしている間にあっという間に到着

15分前ぐらいに到着して、一旦中を確認してから、
受付の方に、石井さんへの、走り書きのような短いお手紙と、贈物を御預けしてから中へ

受付で戴いた座席案内を見比べながら、ようやく自分のお席に辿り着いて一安心


201706210907277ea.jpg


ワンドリンクのticketで『グレープフルーツハイ』を頼んで
17時過ぎにサーブされた『おつまみ』を同じテーブルの方々とシェアしながら暫しマッタリ

20170621051616586.jpg


スタート30分ぐらい前からみなさん化粧室へお色直しに立たれてソワソワした雰囲気に

18時5分ぐらい前に『間もなくスタートします』とアナウンスがあって『わ~♪』とワクワクして待っていると

『ジェットストリーム浪漫飛行』
が流れ始めて、先にメンバーのみなさんがステージへ…
20170621142902f2e.jpg

※「ジェットストリーム浪漫飛行」/米米CLUB

と…何やら聞こえてくるナレーション(笑)

最初の数秒間『え?これ、誰の声??』と分からないくらいの声色でのナレーションに???となりながら(笑)

徐々に調子が出て来た感じの頃に『あ?石井さん御本人?(笑)』と合点が行って
『なんか、来月出演される東京FMの"ジェットストリーム"意識されてるみたいだわ♪(笑)』
なナレーションに思わず笑っちゃいながら

201706210759117f3.jpg
※いつぞや「石井竜也検定」の練習「T-FM検定」でいただいた「ジェットストリーム」の本(*^-^*)


『小樽(北海道)』の名物『ルタオのチーズケーキ』やら『鳥の半身』の事やら
『映画/ラブレター』の事やら『8月で閉館する石原裕次郎記念館』の事やらを

『夕暮れ時』に相応しい?、ちょっとネットリ(笑)とした雰囲気でお送りする『石井機長』(笑)

程好く笑いが広がったところで上手側から、おまちかねの石井さん登場♪

お召し物は、私の好きな、煉瓦色をベースにした茶や赤等の模様が混じったシャツに
6月4日のZeppdivercityのリハーサルで御召しだったスタッズ一杯の黒革のジレに、
以前『FLYING HEART』の収録等で御召しだったボルドーとクリーム?のストール


201706210814273b0.jpg

中でも私が一番『キャ~♪(≧▽≦)』だったのが、黒のジーンズの膝に近い太股部分の赤の革?のパッチワーク!!

少し前に見つけて『黒の中の赤~♪』と楽しんでいたモノのデザインみたいで

思いがけない偶然に嬉しくて、心の中で一人『キャ~♪キャ~♪』(笑)

何度も自分のお席から『ミーアキャット』のように身体を伸ばして眺めては
楽しんでいたという変態さんです(笑)

そんな初っぱなからの、笑いと嬉しさの『波状攻撃』で、楽しい気分に拍車が掛かってのイベント突入~♪
最初に『今日は1時間30分で、たった5曲しか歌いません(笑)、明日も歌わなきゃならないから…』と仰りながら

先ずはメンバー紹介を(笑)

何故かみなさん、ニューヨーク出身だったり、スエーデン出身だったり
『実は海外ミュージシャン』という設定になってたらしく(笑)、それぞれ違う御名前がつけられていたんですが
お酒と雰囲気に酔っていたせいもあって詳しい御名前は忘れちゃいました(^^;

『今日は、明日のコンサートで歌わない曲を歌いたいと思ってます』

というお話から『まず最初の曲は…』と紹介されたのは

♪√『砂の川』

僕のアルバム『sketch』に入っている曲なんですが、僕自身も『シングル』にしたいぐらい大好きな曲で

どんどんメロディが転調していくんだけど、その転調がとても綺麗な曲でね…

という石井さんのお話を聴きながら、頭の中でイントロからのメロディを思い浮かべて聴いていたんですが
何でこの曲を歌わないか…って、言うと『別れの歌』だから
普段みんなも色々辛かったりあるのに『別れの歌』ってどうかな…と思ったからと

私は『砂の川』昔から大好きな曲ですが、そう仰る石井さんの言葉から感じる、
『優しい配慮』にフッと気持ちがゆるむような心地好さで聴いていました

この日歌われた曲は
※スタッフさんブログより
■SET LIST
M1「この手は君に」
M2「想い出のスクリーン」
M3「砂の川」
M4「ブルー」
M5「プラネタリウム」
M6「RIVER」

以下私の書いてた、いい加減なヤツ(;^_^A(苦笑)
ウワァァァ石井さんごめんね~(´θ`llll)
『ブルー』
『RIVER』
『たそがれMYラブ』
『思い出は美しすぎて』
『砂の川』
『プラネタリウム』
(だったかな?)

『RIVER』を歌われる前に『俺なんかが歌ってていいのかな?とか、分からなくなって色々悩んでた時期に作った歌で…』と話される石井さんの言葉を聴きながら、その頃石井さんが発信されていた色んな問い掛けやメッセージを思い出しながら胸が熱くなっていた

その時に『だけど、こんな事やらなきゃ良かったって思ったことはなかったですよ(笑)』って、言って
笑って下さった石井さんの言葉が、声が心底『うん…ならヨカッタ…』と思わせてくれてホッとしました。(*^_^*)

そのお話の流れからだっかな?

『俺ね、なんでステージに立ってるのかな?ってズッと考えてて
"絵が描きたかったんだ"って最近になってやっと分かったんですよね…』って
『セットなんかもどっから見ても立体に見えるようにとか、衣装の生地なんかも拘って、
米米の衣装の柄とかも1から刷ったり(プリント)…』

『ステージっていう額縁にそういう拘ったものが納まった、観客もエキストラみたいな絵を描きたいんだな…って』

と、話して下さった石井さん。

今回の『ISHYST』で選ばれたニューミュージックのカヴァー、
実際に自分で何度も歌っていると、最初は見えなかったドラマがイメージとして見えてくるのが面白くて…
そんなお話の中でだったか、石井さんがポツリと『流れがあって、歌って川みたいだな…って思ったんですよね』
そう仰った石井さんの言葉がとても素敵に心に染み込んで

そんなカヴァーソングの中でも『八神純子さん』について、ヤマハの『ポップコン』でデビューされて
僅か数年の間に名曲を出してすぐ結婚されたから
リアルタイムで彼女がピアノ弾いてる姿とか見てる方少ないと思うけど、
そんなに大きな方じゃないのにピアノの前に立つとスッゴいパワフルなんですよ!
と言って八神さんが『バァァァーーーン』て両手で鍵盤を押さえて立つ姿を再現する石井さんを見たら
ホントに八神さんの姿が重なって見えてくるぐらいソックリで『うわぁ󾬏』って感激しちゃって

もしかしたら『ISHYST』本編のお話と混同しちゃってるかも分からないですが
『今度はパープルタウンとか歌いたいなとか、八神さんと一緒に歌えたらいいなとか思って』

と、石井さんが仰るので嬉しくて嬉しくて)^o^(
『是非是非歌ってください!出来たらポーラースターとかも歌って欲しい~~~~ヽ(≧▽≦)/』

と、地獄のようなハイトーンヴォイスの楽曲をねだってみる私
だって好きなんですもん『ポーラースター』(@^O^@)
で、リリースが予告されているカヴァーアルバム『Diamond memorys』は

『DIAMOND SERIES』として現在制作中で予定は9月頃来年は『ラブソング』ばっかりを歌う『DIAMOND lovers』というコンサートをやりたいし『HEARTS VOICE』も復活させたいなぁと思っています

と、近況と展望を話して下さった石井さん

11月頃には『北欧』に1週間ほど行ってきたい、オーロラなんかもみたりして

と仰るのを聴いて嬉しくて!嬉しくて!
『北欧』は2011年の震災後に行われた石井さんのアート番組『ART or NOT』で『映画』について

映画プロデューサーの『河合真也さん』と『岩井俊二さん』をお迎えした対談の中でも話されていたし

オーロラもラジオ『FLYING HEART』が始まってスグの頃から
『寒い思いしないで見てみたいなぁ(笑)』と何度も仰っていたことなので
『やっと叶うんだ~♪』と聴いていて嬉しくなっちゃって(ToT)

『テレビや雑誌なんかで紹介されたら是非見てください』と付け加えられた石井さん

そういえば最近ラジオでゲストの方と話すときに『仕事で行くと普段みられないようなとこに行けていいですよね~♪』と
頻繁に仰ってたのはこれだったのかなぁ~♪(*^-^*)

北欧に行ったら『アイスバー』にも行きたいと嬉しそうだった石井さん
『イヌイットみたいにモッコモコな俺で行くから寒くないでしょ?と笑う石井さん
是非色んな凄いとこを見に行って色々なお話を聞かせていただけたらいいなぁ♪(*^_^*)

その『映画』のお話繋がりですが
『小樽』の名物の1つに話された、映画『ラブレター』
先程の『岩井俊二さん』が監督された作品で
冒頭、真っ白な雪原に中山美穂さんが仰向けに倒れ込むシーンを真似して、
あっちこっちに跡が残ってるらしくて、沢山だと綺麗じゃないよね(笑)と笑う石井さん

その岩井俊二さんとも、今度石井さんの番組にゲストに来ていただける予定になったと仰る石井さん

『僕もまた映画をやってみたいと思うので(笑)』と、仰る石井さんのお顔を見ていて、嬉しくなりました(*^_^*)

石井さんの『ACRI』岩井さんの『四月物語』などでご一緒されたお二人の、久しぶりのお話、楽しみですね♪o(^o^)o

長くなりましたので「2」に続きます(*^-^*)

2に続く

コメント

非公開コメント