2017/05/08

『声の日』だから…というわけではないですが(笑)『時の声』三重テレビ特別番組『音楽の源流』第一話スゴいです♪(≧ω≦)b

こんばんは♪

今日は振替でお休みをいただいて、なかなか手付かずでいた事にやっと向き合う事が出来ました(*^_^*)

昨夜、大阪ZeppNANBAで初日の幕があがった、石井竜也の春ツアー【ISHYST REMEMBERING SONGS】

への想いが募って募って募りすぎて、オカシイ状態に崩壊しそうな己をなんとか宥めながら

20日に参加するコンサートを想ってアレヤコレやに突っ走りながら備える事に励んでいたんですが
まぁ~~~、その勢いで『あ、これいいかも♪』と出会った『とあるモノ』が
想っていた以上にハードルの高いものだった事が判明しまして
我ながら、あまりのハードルの高さに『これいけるのかいな?』と躊躇う半面

『や~このまんまじゃ、口惜しい~!絶対なんとかしたいじぇ』(笑)とか

止せばいいのに闘志を燃やしたりなんかしちゃったもので、
これから東京初日までの間『なんとか出来る』ように
鋭意奮闘努力ちう。(笑)。。な月でございます♪(*^_^*)

で、タイトルの『時の声』

土曜日に、実家の両親と息子と三世代で、夜遊びに出掛けた先の
カラオケの間に流れてたインフォに『5月8日は声の日』
と出ていて『へぇ~~~~』とか思ったから…という訳ではなく

先日5月3日に『今日からTVKテレビ神奈川でオンエアがスタートしますよ~』とお話をしていた

三重テレビさん制作の特別番組『音楽の源流』


2017042311235053f.jpg

●第一話 「神話に見る芸能の原点~雅楽~」
[出演]
野沢 雅子
山寺 宏一 (ナレーション)

これがま~~~~!濃い!濃い!濃くて面白い!
もうね、初回のオープニングから単に『音楽』を扱った番組とは思えない
『宇宙観』から拡がっていく世界


以前御紹介した時にも4月9日に奈良東大寺で催行された
『EARTH×HEART LIVE2017for Children大仏開眼1265年慶讃』

のステージと繋がりを感じる…とお話をしたんですが

奈良東大寺のJFM特別番組の際にも御名前を聞いた『アクテリオン』さんが制作に関わっていらして

奈良東大寺でのイベントについて『歌の力、音楽の力を宇宙に向けて発信する…』と
語られていた主催の方の御挨拶を思い出しながら見始めたオープニング

テーマ音楽も『カッコいいなぁ~!"命をかけたたたかい"っていうんだあ~!
もしかしてこれも"西山勝さん"が作られてたりして♪』

とか思ってたら、ホントにエンディングで『西山勝』ってクレジットされていて
『おお~!やっぱそうかぁ~!(≧ω≦)b』と盛り上がったりしながら(笑)

全体の感想をザックリ言っちゃうと『ギュギュギュ』って感じ

興味深い『キーワード』が次々に出て来て『わ♪わ♪わ♪』だったんですけど
興味深いだけに1個1個をもっと深~~~~く掘り下げたのを見たいなぁ♪
って想うんですけど、初回だからかな?と思ったりもしてね(*^_^*)

多分、初回でサーッと触れたことを、これから各回で追っていかれるのかも知れないなぁ~♪と

まあ、とにかく私にしたら『春日大社』の巫女さんの舞は見られるは
アイヌの民族音楽は掘り下げてくれるわ
『細男』『イソラ』という名まで出てくるわ『蘭陵王』まで見られちゃうわで
『キャイキャイ』しながら見ていたんですが(笑)

凄く印象に残ったのは、昔の時代には『大道芸』に近い形のものまで
国に保護を受けていた『芸能』の一翼だったという歴史的なお話と

『邦楽』と『オーケストラ』の違い

『オーケストラ』は指揮者を中心にして団結して音を奏でるが
『邦楽』は、それぞれが互いの音や間を図り息を合わせながら音を奏でるということ

邦楽に携わる方は、一人一人の方が、いく種類もの楽器も奏でるし舞いも舞えるというのも
楽器も舞いも経験することで『相手の事も推し測れるようになるから』
なんじゃないかなぁ…と思ったんですね。

それぞれの楽器の間や「勘所」、なんかを自分でも分かっていれば
自分以外の人が奏で舞うときも理解しやすくなる気がしてね

『オーケストラ』と『邦楽』のそういうとこが

そのまんま外国文化慣習と、日本の文化慣習の違いに反映されてるように感じて
『あ~~~~っ、なるほどなぁ~~~~っ!』って感じでした。

で、タイトルの『時の声』っていうのは何か…というと

その季節の中で感じられる風物や情緒や感覚的な情景などを

『時の声』という風に例えているんだそうです♪
『時の声』私たちの周りに息づいている『森羅万象』が、語りかけ伝えてくれている声…と受け止める

『邦楽』の、そんな情緒的な受け止め方を表す、素敵なコトバだなぁ。。。と(*^_^*)

次回は『天岩戸』に纏わるお話ということで

初回の中でも少し触れられた『芸能の原点』『俳優(わざおぎ)の原点』とされる
『アメノウズメ』にスポットが当たるようで

私的に古い『思い入れ』のある記憶がある『アメノウズメ』もまた、
とても楽しみにしていたいと思います♪o(^o^)o

コメント

非公開コメント