2017/04/20

『コドモナオトナ』 『オトナナコドモ』/メルマガ『週刊石井竜也』

ここ数日、イロイロなコトやモノをモサク、ケンサクしている月です。

おはようございます♪

昨日は、米米クラブsideから、現在NHK-BSプレミアムでオンエア中の

松平健さん主演のドラマ『PTAグランパ』で『主題歌』として起用されている

『コドモナオトナ』と

挿入歌に決定している『Uplight』の2曲が

5月10日から、iTunes等から『デジタルシングル』として配信がスタートしますよ~~~ん)^o^(

というお知らせが届きまして

公開になった『白いランドセル』のジャケ写を見ながら

20170419212135389.jpg


『御守り』までちゃんと括りつけられてるそのランドセルに
『交通安全の御守りかな?私のもそうだったなぁ♪』って、ちょっと涙ぐみたくなる懐かしさ

と同時に、ランドセルの脇の『縦笛』を見ると
『好きな女の子の縦笛を○メちゃう…』とか『クンクンしちゃう』とか

果ては…

はい、自重します(笑)
ま、とにかくそんな変態チックでコミカルな妄想まで掻き立てられるのが『米米クラブ』

というか、1度米米にハマってしまった人間の性といいますか(笑)

『コドモナオトナ』の方は、既にオンエア録画して
シツコイくらい聴いてるんですが

『コドモナオトナ』ってタイトル聴いた瞬間に『あ、石井さんらしいよな…』とニャッと笑わずにいられなくてね(笑)

シツコク聴きながら書き留めた歌詞の1部を改めて読み返しながら

昨日配信になった『メルマガ週刊石井竜也』で石井さんが話して下さっている事を思い返しています。


※『コドモナオトナ』(聞き書きの為不明瞭な歌詞はそのままにしています)

【夢見心地の時代を過ぎて今○○な大人さ
だけどこの胸にはあるんだ子どもの心

走ろう歌おう恥ずかしがらずに
叫ぼう踊ろう今を楽しもう
ゲームも○○(勉強?)もホントはしたいんだ
子どもも大人も実は一緒なんだ

走ろう歌おう恥ずかしがらずに
叫ぼう踊ろう今を楽しもう
時間も決まりも何も縛らない
勇気も明日も自分で作るんだ


大人だからこそ、アイロニカルな表現が出来る

と仰る石井さんの言葉の裏側には『大人だって素直に言えたら苦労はねぇよな?』ってお気持ちも含まれてるのかもな

なんて思ってみたり

大人を見てバカにしてる子供はまだ子供だし、子供を見て「まだまだだなあ」なんて言ってるような人は子供だと思う

コレね、本当にそう。

『大人大変だよな』って思えるのは、子ども自身が『経験』を積み重ねた成長の証だし

子どもを見て『まだまだ子どもだなぁ』と思うにしても
大人の側に『心のゆとり』があって微笑ましく見ててそう思うのか
子どもに対して『大人に都合の良いオトナナコドモ』じゃない事を憎々しく思って言うのか

そこの違いは大きいよなぁ…と。

挿入歌になる『Uplight』
まんま日本語にすると『直立』とか
ピアノの『アップライトピアノ』なんかの意味になる『縦方』なんて意味もあるけど

普通に『元気だして行こう!』って意味合いだったりするのかな?(*^_^*)

とか思いつつ、早く、石井さんの歌が聴きたいな…


思っちゃいますよね。

『ISHYST』で、元気な石井さんのお顔を見て
石井竜也の世界を感じられる時間だけを想ってる

そんな感じ。

コメント

非公開コメント