2016/12/27

あなたが笑う人でヨカッタ…~GROUND ANGEL FAITH大野純一郎さん/whitememorys~

昨夜の激痛は、早目のサプリメントと睡眠のおかげでか、午後には大分やわらいで来ました。

昨夜石井さん…石井竜也のオフィシャルFacebookに

石井さんが、とある街角に【GROUND ANGEL FAITH】のACTの主人公『大野純一郎さん』
として現れたという御知らせをいただいて

激痛に弱冠泣きべそカキながら、ACTの物語を思い出していました。

20161227191820305.jpg

極近い未来に戦時中と化したこの国で、ラブソングばかり歌う事を罪に問われ

特殊なスーツを着せられて、毎日街角で弾けないヴァイオリンを弾かされる

いわば『晒し者』になる刑罰に処されてしまったかつてのシンガーソングライターが『大野純一郎さん』

何度、圧力を受けても『ラブソングしか歌いたくありません』と
あらゆる譲歩を試みながら『ラブソングを歌うこと』を願い続ける

彼に、戦時中に相応しい曲を書かせるために、厳しく激しく恫喝する指導教官に対して

大野純一郎さんが言った『あなたは笑うんですね、僕はあなたは笑わない人なのかと思ってた。
あなたが…笑う人でヨカッタ…』

という言葉が、私には強く心に残って忘れられなくてね。

教官は、大野純一郎さんが提案した『子どもたちを慰める歌を書かせてください』と願ったのを

『いいだろう』と許可した後に『ただし、最後に憎き敵は親の敵という詞をいれるんだ』と付け加えて

『ヨカッタ…慰める歌を歌える』と喜んだ、大野純一郎さんを嘲笑う笑いだったんだけど

その笑い声を聞いて『あなたは笑うんですね』と安心したように喜んだ大野純一郎さん

例え自分が嘲笑われるのであっても、誰かが笑顔になってくれたらいい…
石井さんが、MIND from MIND BBSに書き込まれていた『2017年への想い』の中にも

『あなただけは笑顔でいて欲しい』という想いで臨む

と語られていた。

その言葉は【GROUND ANGEL FAITH】で歌われた『white memorys』の

♪√どうかその笑顔だけは失くさないでくれ…

という願いを引き継いでいるようだな…とも思うんですよね。

昨夜…街の中を、ヴァイオリンを手に歩かれた大野純一郎さんに
その姿をご覧になった、方々から少しでも笑顔が感じられていたらいいなぁ…と想っています。

【石井竜也オフィシャルFacebook12月26日付】
石井竜也オフィシャルFacebook


20161211231604980.jpg


2016122714533163c.jpg

コメント

非公開コメント