2016/12/18

素敵なお声の立川直樹さん…プロデューサーは人をワクワクさせる天才でないと♪&『アイデンティティーの崩壊』/FM横浜JAL Presents FLYING HEART

と、いうわけで日曜日が終わろうとしておりますね。

昼間も少し触れましたが今日も先週に引き続き、ラジオ『JAL Presents FLYING HEART』にゲストとしてお越しくださっていた
音楽プロデューサーの『立川直樹さん』のお話、メチャクチャ楽しくて

そして私的に『うん、そうなんだよな~』と共感するお話が沢山ありました♪

先週のお話でもお話をしていらしたこと。

立川さんが外国に行かれた時に一番思うのは『そこに行ったらそこにしかない音楽が流れてるのが嬉しい』
というところから広がって行った文化のお話

お互いに、簡単に解り合えるためには、1つの通貨、1つの言葉、1つの音楽がいい…みたいになっちゃうと面白味がなくなってくる
例えるなら、その分野にだけ特化した『個人商店』がどんどん無くなってチェーン店化して来ちゃってる

石井さんの『コンビニみたいな感じでね』を受けて

どんどんコンビニエント化する事によって『個人商店』のアイデンティティーの崩壊が起きてしまうんだよね。

というお話は、先日私も、Twitterの方でお話をしていた『温泉マーク』を始めとした
経済産業省が推進しているという『生活記号の改訂』に対して同じ事を思って憤っていたのを思い出してね
を見た、海外の方々が『温泉』と解りにくい、カフェなど、
他の場所を表すマークと勘違いされてしまう。
というのが改訂の理由だそうだけど

私の感覚で言わせて貰うと、なぜ日本特有のシンボルマークを、外国の方の利便性を考えて根本から変えてしまう必要があるのか全くわからないんですよね

オリンピックを見越して『必要性がある』と思うなら、既存のマークにガイドの案内文を添えればいいだけのこと。
『これは、温泉のマークです、ここでは温泉に入れます』と。

更に必要なら、誰かが『これは温泉があるというマークですよ』と教えてあげればいい

そういうのが本当に『文化的な交流』だと思うのにね。

なにかある度に、外国の方の利便性に合わせて、自国の文化的な事を安易に変えてしまう事はアイデンティティーに関わる

そういう風に感じていた矢先の事だったので、立川さんのお話が凄く嬉しく感じてね(*^_^*)

その立川さんが、金沢でやろうとなさっているプロデュースのお話が、またエライわくわくするお話がいっぱいで

金沢でプログレ流す…とか、靴履けない場所でフラメンコとか…
しかも踊るかたに『靴履けなくてもなんとかします』と言わせちゃうのがスゲェや~♪ってワクワクしちゃって(笑)

立川さん御自身も、この『ワクワクが大事』と思っていらして
『僕が石井さんに"君がいるだけで"歌ってください、って言ってもワクワクしないでしょう?』って

モノスゴク魅力的なお声と話し方で石井さんに語りかけられてる立川さんの言葉は
ラジオを通して聴いているだけでワクワクしてくるんですもん♪

有能なプロデューサーさんて、流石だ~♪こ~の喋りで人をワクワクさせてその気にさせるんだぁ~♪っていうパワーを感じて凄く楽しかった(*^_^*)

番組の中でも告知されていた、来年2月22日の金沢でのオーケストラアンサンブルとの競演も

立川さんみたいな方が、プロデュースして下さったら、
メチャクチャ面白いステージになりそうな気がして
見てみたい気がするんだけどな~♪

なんて思ってみたりして( ´艸`)

他にも『どこでやろうか?っていう場所から考える』という立川さんの言葉に、反応していらした石井さんがとても印象的で

12月15日の『LIGHTING OBJECT』の点灯式で『11年参加をさせて戴いてるけど、1度もこの場所で歌った事がないんで…』と

仁木さんに『来年は歌わせてください』とお願いしたり
『GROUND ANGELのACTの時の衣装でココに来るかも♪』と、楽しそうに仰っていた石井さんが思い出されたお話でした(*^_^*)

色んなコト、楽しんでみていい気がしますよね♪石井さんなんだもの(*^_^*)

と、思えた一時でした♪

20161218230251546.jpg


コメント

非公開コメント