2016/06/28

真夏の雨…と言えば…/『THE MUSIC DAY』

普遍的に大好きな、レベッカの『真夏の雨』を思い浮かべてたんですよね

この間、久し振りに行ったカラオケでNOKKOを歌い捲ってて思い出したんですけど

私、10代の頃、NOKKOが死んじゃう!って夢を見てね(オイオイ(;^_^A)

その夢の中で『わたし、NOKKOの代わりになるっ!!』で本気で泣いて叫んでたんですよね~(笑)←(^^;アホ

この「真夏の雨」を紹介してる方が、NOKKOの歌の魅力は「怒りだ」って仰っていたのが凄くよく分かる気がして

NOKKOにとっての『踊ること』と『歌うこと』って
子どもの頃から『ヘンな子』『ダメな子』って言われたNOKKOが

『アタシ変じゃないんだからっ!』『普通の女の子だよ!見てよ!』っていう『健気な怒り』を発散するパワーが堪らなく好きだったんだと思うんですよね

そのNOKKOの発する『怒りのパワー』が、自分にとっての『演劇』に付随する『歌』や『踊り』がくれたパワーと同じ様に感じたから
今も、私(女の子)を奮い立たせる力がNOKKOの歌にはあるんだと思うんですよね。

『NOKKO』、週末の『THE MUSIC DAY』にもも出るんですよね~♪)^o^(

石井さんと、もう一人の、凄く待ち遠しいspecialな楽しみです




【オマケ】?

NOKKO巡りしていて、フト浮かんだ『ONE MORE KISS』



♪√… 一千の微笑みも、その裏の孤独も
あの人にすべて燃やす恋をして泣き出す日も
純粋なのは、磨かぬダイヤと、あなたに恋した日

等と書きながら、最近は『西野カナ』ちゃんの

♪√I SAYがんばれわたし、がんばれ今日も
いってきます いってらっしゃい

って歌をなんとなく歌っちゃったりして(笑)
なんか、いいんですよね、不思議なモンです♪(*^_^*)(笑)

コメント

非公開コメント