FC2ブログ
2020/02/08

j-wave「VOLOVO CROSSING ROUNGE」navigatorアンミカ/2020年2月7日ゲスト 石井竜也

アルバム「TOUCHABLE」からのオンエアは「secret eyes」

(石井さん)
「NYLON CLUB 006」というコンサートの中でも
アルバムの中の曲はほとんど歌っているんですけど
その中でもスッゴい女に子に人気が強かった曲です

(アンミカさん)

♪√愛も夢も諦めてただ距離をはかるだけ

って言うのが、二人の色んな関係性を想像出来ますね


(石井さん)

単純に言ってしまえばお互いに違う国のスパイどうし
007の中に時々出て来ますよね、向こうはロシアのスパイ、こっちはイギリスのスパイなんだけど
「イイオンナ過ぎるぜ」みたいな恋心も懐いちゃう…、向こうマンザラじゃない…みたいな
だけど”アイツにこれ以上近寄ったらマズイ”…とか、”これ以上好きになったら不味いんだ”…ってお互いに良く解ってる
だけど機械じゃないから命令通りには身体が動かない…みたいな

そういう歌を作れたらいいな…みたいな処から発想していくと

自分たちの日常の中にも「恋」にまで行き着かなかったけれど
なんか恋愛に近いぐらいにまで、ちょっとドキドキしちゃった…
みたいな事、あるような気がするじゃない?
で、後からになって「あ、彼女、ホントに自分の自由にしなくて良かった…」とか…その、仕事とか色んなところで多分葛藤はあると男女共にあると思うんですよね、その、ちょっと微妙な、大人しか分かんない距離感みたいなものを…

と作られたそう。



思わずね…大好きな「紅の豚」のジーナさんのように
「ズルい人…。いつもそうするのね。」と
呟きたくなるような、切ないオハナシいっぱい…。

「瞳の理由」じゃないけれど
過去になると…恋もただの恋愛に近いドキドキになるのね…
2020020810395625f.jpg


20200208100513745.jpg


https://twitter.com/tuki_hime20172/status/1225941235338100739?s=19
20200208100513522.jpg


コメント

非公開コメント