FC2ブログ
2020/01/19

北茨城市「桃源郷芸術祭2020」~石井竜也ライブ&トークショー in「期待場」~無事に終了♪/2012/01/21NHK総合「課外授業ようこそ先輩」~石井竜也「あの日を越えて」~※メディア追記しました。

と、言うわけで、関東の都心部では冷たい、雪や、霙混じりの雨が降った

1月18日(土)「大学センター試験初日」

これまで続いてきた大学入試の「センター試験」が今年で最後になる…そうですが

これまでにも、大概の「センター試験」の日には、こんな感じに荒れたお天気で
受験生のみなさんが苦労されていたのを思い出していました。

そんな18日でしたが

石井さん…石井竜也の故郷「北茨城市」は寒かったものの雨や雪も無く、

無事に「桃源郷芸術祭」の会場の1つである、アートスペース「期待場」
での、地元の中学生のみなさんを招待、ファンや地域のみなさんを交えての
「石井竜也のライフ&トークin期待場」が
無事に終了した模様です。

20200114074521e74.jpg

地元から参加された方々が、期待場の外に設置されたモニター等から
撮影可能な映像やお写真で模様を伝えて下さったほか


18時台、20時台のNHKニュースでも、今日の模様を伝えて下さったり
https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20200118/1070008704.html

いつも、地元での石井竜也関連のニュースを紙面やYouTubeチャンネル等で紹介して下さる
「茨城新聞」さんからも、早速、今日の模様をアップしていただきました♪
※1月19日付記事
茨城新聞クロスアイ【「1つの事を突き詰めて」石井竜也さん地元中学生らにエール】」



【※ibarakishinbun/YouTubeチャンネルより】
20200119085043e5d.jpg

※明けて1月19日付で
読売新聞オンライン「石井竜也さん故郷で夢語る 北茨城の中学生らと」


先の記事でもご紹介した、昨年5月の「期待場」のオープニングセレモニーで
豊田稔市長が、ご挨拶の中で「これから年にいっぺんくらい、無料でライブをやってくれると思いますら(笑)」
とお話を振られた瞬間に、思わず大笑いする、石井さんの嬉しそうな?(笑)お顔が見られるのも
「茨城新聞」さんの動画のおかげで(*^_^*)

ありがたいな~♪と思います(*^_^*)

【2018年5月2日/期待場オープニングセレモニーの模様(茨城新聞)】





石井さんのオフィシャルTwitterの方では

2011年の東日本大震災の時に、石井さんが、母校である大津小学校の子どもたちと作った「命の絆~世界にありがとう~」を一緒に作った子どもたちが
今年「成人式」を迎えたそうです。

震災後、NHKの番組「課外授業ようこそ先輩~石井竜也「あの日」を越えて」を通して

子どもたち1人1人と長い時間をかけて話ながら、想いを受け止め

子どもたちの「あの時に、自分がどう思ったか」という気持ちを、
1つ1つ拾い上げ、書き出しながらまとめて

「世界の絆~命にありがとう~」という1つの曲にまとめあげた
20200119021540e4e.jpg

【月の表面/2012/01/21NHK総合「課外授業ようこそ先輩」~石井竜也「あの日を越えて」~】
月の表面/2012/01/21 NHK総合「課外授業ようこそ先輩」~石井竜也「あの日を越えて」~


「世界の絆」というタイトルは

震災のショックで一時的に「失語」の状態になってしまっていた女の子が

避難場所の体育館に届いた沢山の「支援物資」の箱に
「世界中の国旗」がついていたのを見ていて

「世界に助けられてるんだと思ったから」
「ありがとうと思ったから」という一言がキッカケだったのでした。
月の表面/2013/12/02 J-WAVE 25th ANNIVERSARY SPECIAL Hitachi Systems HEART TO HEART(ナビゲーター千住明)

「成人式」を迎えて、大きくなっても、あの時の石井さんとの時間は
彼らにとって、絶対に強い心の力と、勇気と支えになっていると思えるんですね。。。

あの頃と同じように「これから」の子どもたちとの時間を過ごして下さること、素晴らしい事だと思います。

早速、石井さんのオフィシャルFacebookにも、石井さんからの投稿もアップされていますが
石井竜也オフィシャルFacebook
202001190207326dc.jpg


小さな頃や、多感な学生時代に、自分達の街に居ながらにして「本物」に触れる事が出来るという事が

どれほど子どもたちを「豊か」にしてくれるか
これからも、子どもたちが日沢山の「良い機会」を持てるよう「期待場」を活かして行けると良いな。。。と思います。(*^_^*)

コメント

非公開コメント

No title

ブログ拝見しました。また訪問させていただきます!

Re: No title

ご訪問ありがとうございます。
よろければまたお立ち寄りくださいませ。