FC2ブログ
2019/10/08

『音の記憶』と『音の映像』絶賛インプット中~♪/石井竜也『silence』と『古代の戦士』まだまだイッパイにイッパイしたいぞ♪(≧ω≦)b

おはようございます♪

寝起きに、お台所で、綺麗なお水に取り替えた『ニャンコの水飲みの器』を持って

居間ではなく、玄関に持って行こうとしているのに、フト気がついて自爆

キッチンペーパーを取りに行ったハズが、ティッシュで鼻をかんで
キッチンペーパーをすっかり忘れて戻る…

テーブルに用意していた、毎朝飲んでる豆乳やらなんやらをカバンに入れたつもりで忘れて家を出る

という

幾つかのスットコドッコイをブチカマシて『大丈夫か?俺?』となぜか『俺モード』でツッコミつつ

赤い稲妻に揺られている今、ようやく少し思考がスッキリして来たような感じです(笑)

それにしても、0時過ぎて眠りに就いた4~5時間てアッと言う間ですねぇ

よく起きまちたワタチ(笑)ヨチでしゅ(笑)

石井さんが『6ちゃい』なら
こちらは『5ちゃい』でしゅ(笑)←アホ

とかなんとか言いながら

仙台PITの…そして東京国際フォーラムでの『NYLON CLUB 006 』

思い出しながら
『あの部分どうだったっけかぁ、楽しかったなぁ~♪』って

それこそ

♪√もっと もっと

じゃないですけど
色んな所をジックリ見たい気持ちがムラムラ(笑)

限られた時間の中だと
どうしても石井さんの…

ジョーの雄姿から眼が離せなくて

同じ曲でも、その会場毎に、違って感じられるものだなぁ…と

仙台、東京と
続けて参加させていだいてしみじみと1つ1つの思い出も振り返っています

そしてそして、ラジオ番組を含めて
新しいアルバムに収録される『新曲』も
どんどん存在感が輝きを増して来て

頭の中に『音の記憶』も強烈に刻み込まれてるのが凄く嬉しい

※念のため
ここから楽曲名などの記載がありますご注意ください。

アルバムの表題曲になるという『silence』も

三郷の初日に聴いた印象と仙台、東京で聴いた印象は全く違ってて

三郷の時は、なんというか『FLYING HEART』で最初に『音源』がオンエアされた時に感じたのと似てる

『つるん』とした印象だったかな

ステージで石井さんが歌っていらっしゃる姿から伝わって来る初日の緊張感なんかも感じながら

『シッカリ感じたい!』と、貪欲になって、こちらもジッと耳を澄ませる緊張感(笑)

それが…もう今では『サビ』のあの振り付けと共に

♪√silence 逃げられない~
銃声も無く
ただ静かに倒れるだけ~
IT's My job~IT's My job~
って頭の中にインプット♪
聴けば聴くほど、この曲の歌詞の世界観好きです!
歌の世界がまんま映像になった、映画のシーンの後ろに流れてる挿入歌みたい

あの独特な『音』がいいのかなぁ
ちょっとワザと『割れたような音』っていうのかな

あれが『スパイ映画感』の雰囲気を滅茶苦茶盛り上げてる気がして凄い好き♪

『古代の戦士』も、噛めば噛むほど好きになりますね、あのボンゴな音がクセになる
一番最初に聴いた時に『"亜細亜の空"に雰囲気が近い~♪』という印象があったんですけど

『原始少年リュウ』とか好きな私にはなんかワクワクする感じで好きです。

もちろん歌詞の世界観も。
これはもっと聴けば聴くほどグッと深く入り込んで来る曲な気がしてスゴク楽しみ♪

…と、ここまで書いて、そろそろ仕事に入らなきゃ…です。

今日はほぼほぼ未知の現場
魔法のeyeとsmileを心で追い掛けながら。。。

石井さんも、お疲れだろうなぁ
歌う事で、新たなエナジーがわきますように。。。
いってきます♪

コメント

非公開コメント