FC2ブログ
2019/04/05

一色鯉、錦鯉、三色鯉?恋よ鯉で『恋の滝登り』からの『アンディ岡田さん』(笑)←なんのこっちゃい(^^;

おはようございます♪

やって来ました。
恒例の繁忙日。

さて…今日は何時に帰れますことやら(笑)

今朝は寝起きからスッキリ快調で
遅番で初出勤の息子と、今暫く療養中の旦那さんのお昼と一緒に

自分の分の朝御飯をオベント箱に詰めて『完璧』な出勤態勢(笑)

でもって朝っぱらから

4月2日のJ-WAVE『GROOV LINE』石井さん…石井竜也がゲストに登場回を聴きながら
アナログにガラケーのボイレコに捕獲(笑)

途中でradikoのご機嫌悪くて途切れたモンで
やむなく2分割になっちゃったけど
聴取期限内に間に合えば、もう1回録り直そうかな♪)^o^(

この日の『GROOV LINE』リスナーから募集してるメールを照会した最後に

DJのピストン西沢さんが『一言』バッサリ切り込むコメントを呟くんですが

そのコメントを言う時のピストンさんの、低く抑えて、凄みを効かせて囁くような『言い方』と『声の雰囲気』が

聴けば聴くほど、死ぬほど好きな『石井竜也』の生み出した世界『NYLON CLUB』の主役

映画スター『笠木健一』が演じる『薔薇拳のジョー』こと『愛原錠』の決め台詞
『こんな俺でもいいのか?。馬鹿なヤツだ…後悔するぜ』

と絞り出す『悶絶ボイス』を思い出させて、石井さんご登場前からキャイキャイで(笑)

そんな石井さん、登場されるなり『もうダメだよ俺は、要らないやつなんだよォ』なんて

可愛らしい『駄々っ子』モードでトーク突入(笑)

『恋』って聴いても『鯉』にしか聴こえない
人に『恋の相談』をされても『金兜はヤメテオケ~』とか言っちゃう(笑)とか

先のピストン西沢さんの喋りが『愛原錠』みたいだった…と思った一件があったからかなんなのか

ファースト『NYLON CLUB』の時に『医者か弁護士』に憧れる『愛原錠』が

『庭に高級な鯉』をイッパイ飼う『妄想』に突入した…という『小芝居』の時には

『錦鯉だろ~、三色鯉、四色鯉、五色鯉…あ~っ』

って捲し立てて笑いを誘っていらした御方が『金兜』って言った!『おお~~♪』っとなぜか『感動』の叫びを上げてしまった私(笑)
※いや、マジで、そういうとこ凄い好きなのだ(*^_^*)

他にも『鯉には瞼がないでしょ?なんで瞼つけてあげなかったんだ神様~』とか思っちゃうわけ

と嘆いてみせる石井さんを、可愛らしく思いながら

なんだかね、大好きな『恋の滝登り』の石井さんの歌声を思い浮かべながら聴いていたラジオ

♪√目をつむれば、君の笑顔 虚ろに俺を見て 無我夢中の最前線 これが恋の滝登り~

『OH! ISHII LIVE』で歌って下さったりするのかな♪なんてニコニコしながら(*^_^*)

…たぶんね

最近やたらと『ジョー』を思い出すのは

『おかわり』の『アンディ岡田』さんのせいだなぁ…って想う。

『DNCE NYLON』の『聖地』だった『パシフィコ横浜』では
普通にテキスタイルの衣装にマラボー纏っただけのスタイルだったアンディさん
公演が進む毎に、ボルサリーノ風のハットを被り

白のジャケットを羽織り
パンツまで白に替えて…

もうズッと長いこと、

死ぬほど目の前でもう一度見たかった

『ジョー』みたいな石井さんに変貌していくのを見ながら

なんだか、寂しい気持ちになっていくのを止められなかったんですよね。。。

もしもパシフィコ横浜で、
今のスタイルのアンディさんが目の前に居たら

私、きっと今みたいに』『おかわり』のステージ観に行くのを『やせ我慢』して

『大人』になってるコトなんて出来なかったな~♪と想う

今だって、ややもすると、見かけたチケットを途中まで購入しかけて

何度も途中で踏みとどまって必死に宥めてる状態なんだもん(^^;

ジョーみたいなアンディさんに会いたさにきっと暴走してる(苦笑)


まあでもね、あれはあくまでも『アンディ岡田さん』であって

『愛原錠』だなんて、ひとっ欠片も言われてるわけじゃなくて
もう長いこと患ってる私の『ビョーキ』みたいな思い入れなだけなわけだしね(苦笑)

んでもって『東京には嫌われてもいい』だなんてイケズなコト言うんだから

私も『知~らない♪』(笑)←ナンダカナ(^^;

だってね…、私にしたらある意味『命がけ』な暴走なんだもん
嫌われてもいいと思われてる『東京モン』が命がけで突っ走る必要もないわな(笑)

とかね、拗ねちゃう(笑)

私ね…、別に『下ネタ』はどっちでもいいんだ

ただね、ステージの上の石井さんが
『これでもか』って情熱で、なんとしてでも笑わせよう、楽しませよう

としてくれている気持ちをヒシヒシと感じられて

そういう石井さんの気持ちで充たされた温かい空間にいられるコトの嬉しさで

ヒーヒー涙流しながら、何もかも忘れて叫んで笑い転げていられる時間が何よりありがたくて大好きなだけなんだモン

だからね、いつだって『どんな時でも責任は全部俺にある』って、言って

腹を括ってステージに上がって闘ってる石井さんが
後から落ち込んで反省しちゃうようなネタとか

昨日のラジオみたいに『疲れちゃってさ』なんて言いたくなっちゃうような状況を

無理矢理押し通して、続けたりして欲しくはないなって想うもの。。。

パシフィコ横浜で『君がいるだけで』と『浪漫飛行』を唄い終えられた後

『久しぶりにモノスゴク気持ち良く歌えた』って
清々しいお顔でしみじみ嬉しそうに仰っていた時みたいな石井さんで

ステージに挑んでいらして欲しいな~って想うんですよね。。。

あれ?ラジオの話はどこ行ったんだ?(笑)

ま、いっか(笑)

今夜も『アンディ岡田ショー』繰り広げられてるんでしょうね~(*^_^*)

日に日に量が増えて、アンディさんのお顔が埋もれていく『マラ坊』

あ、じゃなかったマラボー(笑)

あんまり埋もれ過ぎちゃった時は、ちゃんと『お顔』が出てくるように優しく『剥き剥き』してあげてくださいね。(笑)

なにはともあれ毛がなく…じゃなかった怪がなく楽しく

千秋楽まで走り切れますように。。。

コメント

非公開コメント