2015/04/30

ちょっと…





うううん、かなり嬉しい驚きの展開
2015/04/30

みんなで~♪

って歌いたくなる「Happy Ever After 」

ラッパをド派手にしたら米米だにゃ

夜のシャーデー…なるほど

この辺り聴いてて「?」と心当たりのある曲と声
昔、私は男性ヴォーカルだと思って聴いてたかも
ミッシェル・ポルナレフっぽいんらもん

新鮮

2015/04/29

会議は踊る

…会議が踊らせる

会議の後に言葉が上がる
会議の後に全てが動く

偽物の皇帝陛下は、慈善のkissを売る

Das gibt's nur einmal,
 Das kommt nicht wieder,
 Das ist vielleicht nur Tr umerei.
 Das kann das Leben nur einmal geben,
 Vielleicht ist's morgen schon vorbei.
 Das kann das Leben nur einmal geben,
 Denn jeder Fr hling hat nur einen Mai.

5月は唯1度だけ…
2015/04/29


2015/04/28

ああ…

以前、羽田空港の「空の日」イベントに出品されてた「まばたきの葉」が

誰かの曲のPVに使われたんだね…。

なんて書いてたら、ZIP!「羽田空港特集」だ。
2015/04/26


2015/04/22

I'm sorry…

I'm sorry. I go to Flying Heart travel.





A pure heart be born from egg.


2015/04/22

わ~~♪スッゴい


ピンク(笑)

と、シャッターを切りながら
いつぞやの、どなたかの(笑)一言を思い出して

笑い転げてる月でございます(笑)

なんだかんだ言って、このところ土日の他県での「ART NUDE」やイベントが近付く度に
衝動的…と言っていい感じで、少~しずつ服が増えてました(笑)


この子もその1つ

パッと見の雰囲気は「お、白雪姫っぽい♪」

とかなんとか言いながら「ああ、こんな風に着られたら素敵だなぁ」

なんてイメージ先行で(笑)

こういうのも「dress holic」に分類されるんだろーか?(笑)

うーん、dressは言い訳…、だよね(笑)

今週末、Zeppに行ったら少し落ち着くかなぁ?(苦笑)

とにかく今日もヤル!べし(笑)

今日から少し、お天気に恵まれるようですね。

冷たいジメジメとした空気が温められて、心も身体も、スッキリと心地好さを取り戻せますように(*^^*)
2015/04/21

今朝の夢の話

昼間、父と母に話したら、以外な事に二人とも「あら、なんで?不思議」と驚いて

「だってね…」と聞いた話で私もまた「ヘェ。。。不思議」となってしまった。

話に依ると、夢に出てきた「よし子さん」は、数年前に他界した母の妹(私の叔母)の友人で

叔母と同じく、夢の舞台となった沿線に暮らしてた方なんだそうだ

その話を聞いた後、なんだか「ん?」と気になって御線香をあげさせてもらった

普段夢に出てきた事の無い両親が揃って登場した夢の舞台といい

叔母が何か伝えたかったのかも知れない「想い出して」と伝えたかったのかも知れない…

そんな気がしたから。

ま、単に「心配性の塊の夢」(笑)と言えばそれまでなんですが

お陰さまで、夢の中で追っかけてた、家の混沌王子は意気揚々、更に新しいワクワクも見つけて帰って来ました(笑)

混沌のモグラ叩き、一先ず、仇にはならなかったようです(*^^*)

ラジオのタイマー録音もなんとか無事に…。

何よりも「生」じゃなかった事にホッと安堵しました。

今日の総てに感謝を…。
2015/04/21

やっぱりねぇ~

棟方志功の書、本物だった。例え棟方志功の作品じゃなくても、あの書は、書いたことない人に書ける字じゃない。

「お宝鑑定団」番組自体は大好きなんだけど
「美術品」→「本物」→「売る」っていう人が多くて泣きたくなる

特に故人が大事にしていたものを遺族が売りたいという事

暮らしに窮して…ならとは思うけど
故人が生前愛して、愛でていたものだったなら

亡くなった後も、そっとその場所に、愛しいものを見に故人がやって来ているんだろうな…

と、想うことはないのかな?

と、寂しく思う。

なんてボヤキはともかく棟方志功の「華厳」素敵…。「飛沫」がそのまま文字になったような…。
あんな字が書けたら…。(*´-`)

絵を描くのと同じ感覚で書を書く…

石井さん…石井竜也の書も絵のようで大好き(*^^*)

2015/04/21

今日は

着るものも、動きやすさ重点で決定




写真はかなり鮮やかですが、もう少し落ち着いた赤です(笑)

♪√何より俺色に染まれ~♪

ってなわけで、出ます!

タイマー録音、上手く行きますように…(=人=)
2015/04/21

不思議な夢

久~~しぶりに、お布団で寝たら

早速夢を見ました。

息子の忘れ物(スマホ)に気がついて、追い掛けて行ったバス停と
そこまでの風景が、小学校から高校まで住んでた、団地の風景

息子は見当たらず、フト止まってるバスの中で悪ふざけしてるガキンチョが見え

それに気を取られてたら(オメメで威嚇していたら…ともいう-笑-)

何故か私も乗っていて走り出すバス(あ~~れ~~)

車内から、なぜか道の脇に建てられているオズの国の緑色のような滑り台や、空中に浮くような不思議な造型の消防署?を見ながら

聞こえたアナウンスで「遺跡…」と言っていた気がして降りた

知ってる場所のつもりだったのに、風景に見覚えがなくてボーゼンとしてると

「あれ?アンタなんでこんなとこにいんの?」と、父の声がして

見るとどこかの建築現場、どうやら、今度は結婚前まで住んでいた相鉄線の沿線らしい(笑)

見ると母までいて、現場の中の「よし子さん」という女性に声を掛けて

側の建物の一室で、父と3人で焼きうどんを作ってる。

なんでも、そのうどんは、よし子さんの作った、とうもろこしの粉とかを使ったうどんなんだとかで

「とうもろこしの粉でうどん?作れるんだねぇ…」

なんぞと呟いたら目が覚めた

父や母まで夢に出てくるなんて、今まであったかな?特に父なんて、いままでなかったのにね

さあ、お風呂入って、母と病院までお散歩だ。

「遅れるから起きなさい」って起こされたのかな(^^;(笑)

がんばんべ♪
2015/04/21

本日、4月21日(火)11:00~のTOKYO FM系38局ネット「坂本美雨のディアフレンズ」を皮切りに、FM局の3番組に石井さん…石井竜也が出演致します。

◇◆FM出演情報◆◇

FM局の3番組に石井さん…石井竜也が出演致します。

ベストアルバム「石弐」について、
憧れのアーティストであるフンデルト・ヴァッサーについて、
これまでの人生で出逢い、心に残っている音楽について、
など様々な話しが満載となっています!

とのこと、
先日スタッフさんのブログで「コメント収録を…」と伝えられていたのが
こちらの御出演なんでしょうか?(*^^*)

フンデルトワッサーさんのお名前、急浮上。。。
また、素敵なご縁があったりするのかな?なんて(笑)

ラジオ楽しみ

◇TOKYO FM系38局ネット「坂本美雨のディアフレンズ」
□オンエア日時□
4月21日(火)11:00~11:30

http://www.tfm.co.jp/dear/


http://www.tfm.co.jp/dear/

◇TOKYO FM系38局ネット「ゆうちょ LETTER for LINKS」
□オンエア日時□

4月26日(日)15:00~15:30

http://www.tfm.co.jp/links/

http://www.tfm.co.jp/links/

◇NHK-FM「夜のプレイリスト」

□オンエア日時□

4月28日(火)~5月2日(土)0:00~0:50

http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/

http://www4.nhk.or.jp/yoruplaylist/


2015/04/20

気が抜けたよん(+_+)

とりあえず、ケリ付きました、混沌の穴ボコのモグラ叩き

ポコポコポコポコ…穴から顔を覗かせる混沌のモグラ叩きを援護射撃(なんじゃそりゃ)←射撃って言わないか(^^;

ホント、我ながらアホだ…と思う。

もっと上手くやってやれたら良かったのに…。

石井さんのお父さんが「竜也の色はイイ色ろだなぁ~」って言いながら

ニコニコ見守っていたみたいに
見守っているようにしょう…って思ってたんだけどね(苦笑)

ま、しゃーない。

初っぱなから、闘い切れずして諦めさせたくなかったんだもん。

とにかく、行っておいで混沌の王子(笑)

2015/04/20

宮古島に津波注意報

気を付けて下さい。

予震ありませんように…
2015/04/20

混沌 コントン

コトコト 混沌

あ、違った、それは「cotton」だった

うーん、とにかく、ずーーっとピリピリした1日だった

私の異次元的なポジティブパワーさえも相殺するような混沌

参りました。

結局、殆ど眠れずに朝

混沌の王子は如何に日の出を迎えるのか

せめてラジオにだけは集中したかった…とモヤモヤを抱えながら

石井さんは、どうされてるだろう…

今はせめて、静かに…

2015/04/19

ああ…

「この世のHEAVEN」だ…
2015/04/19

んーーーー

今頃、どんな絵が、描き上げられているんだろうな…。

ついつい気が散って、集中出来ない(^^;

20時前には終わらせたいのに…。

今夜の、絵…、今夜の貴方の「想い」をZepp東京で感じる事が出来るんですよね…。

ん、がんばらにゃ。
2015/04/19

宇宙人な御二人のDEEPな魅力をキャッチ♪「ラジオ」から強烈な感性で電波ジャック♪(笑)~ゲスト・プロデューサーテリー伊藤さん~前編~/JAL Presents FLYING HEART

5月ヨーロッパの観光シーズン、お薦めは東ヨーロッパのチェコのプラハ。中心部は「歴史地区」として世界遺産に登録され、様々な時代の建物が連なりヨーロッパの歴史に触れられる


今週のゲストはテリー伊藤さん、博識な素晴らしい発想をお持ちの方、どんなお話が伺えるかお楽しみに。

テリー伊藤さんと言えばプロデューサー、番組を作る方のがわで、凄くクリエィティビティをお持ちな方

ズーーーっと前からテリーさんとお話をしたかったんです、と石井さん

1949年築地のお生まれ、日本大学経済学部とプロフィールをご紹介され

経済学部なんですね…、と注目された石井さん、世間の経済的な事には興味がおありなんですか?という問いに


ラジオで馴染みの、テリーさんらしい声で「当時はね」今は、楽しいとか面白い事の方が基本的に好きですね。

テリーさんがコメンテーターをしてらっしゃるのを毎日のように見ていたけど、自分のお好きなお話する輝いてる時とそうでない時の表情違いますよねと石井さん

続きを読む

2015/04/19

さあ、鯉(笑)不思議おじさんズ♪(笑)/JAL Presents FLYING HEART

覚悟しとかないと(笑)

石井さん、オープニングからお声が辛そう
2015/04/19

「今朝のスットコドッコイ」~赤の衝撃~

ヒョエエエ~~~((((;゜Д゜)))ブルブルブルブル

すいません、ラジオまでオトナシク頑張るつもりだったんですが
近年稀に見る衝撃で(^^;
だって、だって、紅茶にトマトジュースいれちゃったよ~~~ん!Σ(×_×;)!

コップに次ぐつもりだったジュースを
何を思ったか、側の紅茶を煮出してるお鍋にドボドボドボ…

パニック起こして「わ~~ダメだ~~!」と捨てようかと思って「待てよ?」と(笑)

「せっかくだし、勿体ないから味を見てみよう…」

とスプーンで恐る恐る一口「あれ?美味しい…」(笑)

そうなんです、美味しかったんですよ「トマトジュース紅茶」(笑)

ちゃんとミルクティーにしても美味しい。

人生経験「ン十年」新境地(笑)

いや~~チャレンジって大事ねと(笑)




そんな朝の「赤の衝撃」(笑)

キャーキャー騒ぎながらフト
「石井さん絵を描いていてこういうスットコドッコイって無いのかなぁ?」と(ヒョエエエ~)←怖いもの知らず発想(笑)

お家で絵を描いていて、間違えて絵の具の中に「エスプレッソ」ドボドボドボ…とか?

石井さんのお好きな赤の絵の具にトマトジュースを混ぜたら

トマトの繊維が「漆喰」みたいにならないかしら?とか

更なるスットコドッコイな妄想(笑)←アホ

いかん、いかん、壊れてるからスットコドッコイなんだわ(笑)

あ~~面白い朝御飯だった(笑)
2015/04/19

象さんと鳥さんと河童さんと…朝から動物さん大行進~♪(笑)

な、月姫でございます(*^^*)

今日は大阪NANBAでの「ART NUDE」ですね…。

石井さんは、お仕事関係で、前乗りされているのか…

それとも今頃、早起きなさってお出掛けの準備中かなぁ…。

と、言いつつ、まだ今日の大阪始まっても居ないのに
心が、次の日曜日の「Zepp東京」に走って
昨日から、ずっと「蜃気楼」を小さく口ずさんでは

「めざまし土曜日」の中に天才バレエダンサー「アンナ・パブロワ」の驚異のレッスンメソッドのようにギュギュっと詰め込まれた、
「石井竜也の魅惑」を短時間でフルに堪能するVTRを繰り返し見ては

笑い転げたり、ュン(笑)としたり、忙しい月なんでございます(笑)←には、貴方の「入れたい」一文字をどうぞ(笑)←アホ

ま、そんな風に朝からぶっ壊れているワケなんですが

肝心のブログタイトル

「一体なんなんだ!?そりゃ!?」ですね?(笑)

や~、ほら、4月15日のメルマガ「週刊石井竜也」の「よいこの日」のお話の時に

「象供養の日の方が…」と、言っていたソレ系です(笑)←ソレ系って(^^;
先日オンエアになった私の好きな番組「ぶっちゃけ寺」で紹介されていて
「や~~ん♪素敵ぃ~♪)^o^(」と、萌えていたのが

「日光大猷院」を護る「東西南北」を表す「夜叉」の御一人

青の烏摩勒伽(うまろきゃ)
※赤の毘陀羅(びだら)、緑の阿跋摩羅(あばつまら)、白の鍵陀羅(けんだら)

で、この青の烏摩勒伽(うまろきゃ)に萌えたのは

この方の「お膝」なんです♪なんとお膝に「象さん」が居るんですよ!




これ見た瞬間に「きゃ~♪石井さんだわ~♪)^o^(」と(笑)



※お膝に注目♪(笑)

この「象さん」調べた所によると「皮のズボン」なんだそうです

象って凄く力強く突き進み、人の言葉を理解する「聖獸」として崇められているので

この青の烏摩勒伽(うまろきゃ)の膝(脚)にも、そういう「力強さ」が表現されているのでは?(象の皮を装着出来る脚って相当大きいですもんね)

青の烏摩勒伽(うまろきゃ)の膝にある象が、膝小僧の名の由来と紹介されていたにも萌えてしまいました(笑)

この青の烏摩勒伽(うまろきゃ)の他に、高野山にお祀りされている

深沙大将(じんじゃだいしょう)という方が居て、この方の御召しになってる「象の皮のズボン」のお話を参考にさせていただいています。




この、深沙大将(じんじゃだいしょう)という方、風貌が「河童」のようなんですよ。

なんでも、三蔵法師と旅をした河童の「沙悟浄」の元になっているお方なんだそうです。

そんなお話をあれこれ読んだりしながら「わあ~♪石井竜也ワールドだあ~」と浮遊する私(笑)
だってねぇ、烏摩勒伽(うまろきゃ)さんだって「鳥さん」なんですよ~!(「鳥さんびゅー♪」)^o^()

んでもって深沙大将(じんじゃだいしょう)なんて「河童さん」なんですよ!?(テンちゃ~ん)^o^()

何よりも、何よりも「象さん」(*/ω\*)キャッ

そんな、そんな、「お膝に"まで"」(笑)「象さん」を装着してパオパオしちゃうなんて~(*/ω\*)
※御山の皆様、アホな煩悩女をお許しくださいませ~(/o\)

などと朝から煩悩一直線ですが、石井さんのお膝にあるのは「象さん」ではなく「仮面」なんですよね、解ってます、ワカッテマスよハイ(笑)

あ、「仮面」て言えば、先日スーパーで会ったママと女の子の会話

「ママ~!これジンメンケン?ジンメンケンなんでしょう?」

女の子の手元を覗き込んだママ「…ジンメンケンじゃなくて"イケメン"なんだと思うよ~」

と説明するんですが、ママが袋詰めしてる間ず~っと

「うううん、これジンメンケンよ、ジンメンケンなのよ~」っていい続けてて

二人が何を見ては交わしている会話なのか、
知りたくって、知りたくってウズウズしちゃった月ちゃんでした(笑)

イケメンとジンメンケン…ちっゃな子には敵わないわ~♪(笑)

さて、お風呂離脱!

ラジオまで頑張ります♪
大阪に「想い」を飛ばして…
石井さんの手がプルプルプルプルしませんよーに(笑)

いってらっしゃい\(^o^)/
2015/04/18

ボッシュとグレイと鯉の滝登り と(笑)

が、なんだか一時にブワーッと拡がって

なんだか脳内が「感覚的万華鏡」のような月です(笑)

先程の東京FMさんのラジオ 中山エミリ「Amitie Du Weekend」でお話をされていた

ボッシュの作品の写真、12年にスペシャエリアという「きゃりーぱみゅぱみゅ」ちゃんの番組で

「きゃりーに全部やるよ」ってプレゼントされていた石井さんのコレクションとして

初めて見せていただいたんでしたね「ボッシュ」(*^^*)

ボッシュ


その時に一緒に差し上げていたコレクションの中に「グレイの頭蓋骨」があったのを思い出して

グレイな頭蓋骨


昨日も、エフヨコの「FLYING HEART」の収録写真で見たばかりのグレイくんと重なって「なんか不思議~♪」)^o^(

その番組の中で紹介されていた「顏魂」の中に「龍神伝説」があったんですけど

竜神伝説

「龍神伝説」って「登竜門」の伝説がモチーフなんですよね…
年老いた鯉が「龍」になりたいと願って滝を登る…っていう

なんだかそれからも、先日の「鯉の滝登りっっ」が思い出されちゃって…(笑)

なんか…不思議です。

たった1つの事から、色んな石井さんが顔を出して「何か」を語り掛けて下さってる気がする

に、しても、あのボッシュの画集を小さな頃にご覧になった石井さん

よく、絵が好きだったお父さんの「英才教育ですよね」って仰ってますが

そういう作品を、身近に感じられる環境を、一生懸命整えて下さってた姿が、然り気無く伝わってくるお話に感じました。
2015/04/18

わ~♪薬師寺さんが映ってる~♪

ブランチの後のTBSさん

「奈良」をご紹介されてる

「香道」繊細な世界ですね。。。。

あ~♪「貝合わせ」のようにして、香りを当てる、だから「潮干狩り」

自分が当てた香りの名前の貝を「狩り」するんですね、素敵

私、貝合わせの貝、大好き美しいんですもん(*^^*)

「唐招提寺」さん日本で現存する「天平時代」の建物

「柱」を「ギリシア神殿」を模した「檜」

やばい、やばい、「和」の「ギリシャ神話」…というか

「和」の「Pegasus」出来そうですよね( ´艸`)

和の天馬(Pegasus)の翼の「羽根」の1枚1枚が「千手観音の手」がモチーフになってたりして)^o^(

あ、いかん、羽ばたく、羽ばたく(^^;(苦笑)
2015/04/18

はじまりましたね東京FM/ラジオ大阪 中山エミリ「Amitie Du Weekend」

オープニングは「浪漫飛行」から

今年は色々な美術展が行われますね…というお話から

今週は、ミュージシャンとしてでなく「芸術家」でもいらっしゃる「石井竜也さん」をゲストにお迎えします。
石井さんの影響を受けたアーティストや、絵画の魅力について伺いたいと思います。

石井さんは音楽を始める前から画家を目指していらしたんですね、
ミュージシャンの方が美術を始められたのとは違うんですね、というお話から

米米CLUBの時から「ロックやってます」というのは「格好いい」と思えなかった

小説とか映画監督とかクリエィティブな人に「格好いいな」と憧れていた
(米米CLUBは)音楽(曲)は自分たちのパフォーマンスの1つと思っていた

80年代に青春期を迎えた年代はアートパフォーマンスという言葉が少しずつ浸透してきた時代

「ヨゼフ・ヴォイス」「ナム・ジョン・パイク(多分)」とかの外に出て人の前でアートを表現する

「今の人たちのアートの考え方」

「今」が流行っていた時代なんですよね(この言葉、私的にゾクゾクしちゃいました)

絵はちっちゃい時から好きだったんで「絵的な世界」が好きなんです。

世界中のアーティストの中で、石井さんの心を捉えたアーティストは?

色んな絵描きに傾倒した。
デコラティブで少し退廃的な雰囲気が好きで

小さい時に見た画集の「ボッシュ」からシュールレアリズムに入って、ダリなんかを知る。





「変な人だなこの人」から少し退廃的な絵が好きになった。

そこから「幻想派」というのに結びついていって、中でも一番有名だったのが「クリムト」で、そこを中心に見ていた。

大学を受験する前日、勉強も、もう間に合わないから…と見に行った

大混雑のピカソ展の隣でやっていた「フンデルトヴアッサー」展に入ったのが始まり

「のぼり」のようなのに「面白いな」と思う絵が描いてあって中はガラガラ

「ゆっくり見られるな」と思って入ってハマった
ボッシュやシュールレアリズムの人って確実なデッサン力をちゃんと持って描いてる

ピカソでさえ写真のように描けるくらいなんですけど

フンデルトヴアッサーってパッと見ると「幼稚園生」が描いたんじゃないかな?みたいな絵

ちょっと見ると「闇」とかもあって「なんだろう?」みたいな

見てたら「彫刻」や「建築」なんかの写真と彼の作った模型もあって

「絵描きだからって、絵だけを描かなくてもいいんだ」と教えてくれた人

最初にフンデルトヴアッサーの絵を見た時に「俺、この人に会えるかも知れない」と思ったのだけは覚えている

フンデルトヴアッサーさんを思って選んだ1曲

この曲はフンデルトヴアッサーの絵の「物悲しさ」と「激しさ」が入り雑ってるような、不思議な世界が垣間見れると思うので…

♪√「天地の乱舞」/石井竜也

それが最後の映像になったんですけど…とNHKさんの番組で「石井さんの好きなアーティストの足跡を追う番組をやりましょう」

と言われてニュージーランドに会いに行く事が出来たフンデルトヴアッサーさん

車を横付けして、降りた瞬間にフンデルトヴアッサーが作ってるんです
僕にとったら神様みたいな人だから、その人が自分の手で造ってる姿に感動して涙出そうになって
と、話される石井さんのこの瞬間の声から、時を戻したような熱が炸裂してますね。

お会いした瞬間、子どものように「あ!フンデルトヴアッサーだ!」と叫んだ石井さん、甦って来ました。

石井さんの口から語られる、ニュージーランドのフンデルトヴアッサーさんのアトリエでのお話

元々ジャングルだった場所が荒れてしまったのを元に戻そうとしていたフンデルトヴアッサーさん
こういう考え方の人が世の中にいるんだ…と、とにかく嬉しかった。

「人嫌い」と言われるフンデルトヴアッサーさんと、

まるで映画「河童」の中の「じっちゃん」と「勇太」のように寄り添い

フンデルトヴアッサーさんから勧められた「ミカン」を「酸っぱい」と言いながら嬉しそうに食べていた石井さんを

「見せたいものがある」と、アトリエの側の丘に誘ったフンデルトヴアッサーさんが

石井さんに「ここから何が見える?」と声を掛け

「僕は20年、この絵が描きたかったんだ」と、肩を並べて佇む姿が今も目に浮かびます。

無造作に、御自身の作品を床に立て掛けられていたアトリエに

強い風が吹いて、バタバタと倒れる絵を「ああ~~っ」と言いながら

慌てて守ろうと右往左往しながら、とても幸せそうに、楽しそうに過ごしていらした石井さん

「俺、この人に会えるかも知れない」と思った

その予感と願いが叶えられた奇跡の出逢いでしたね…。

石井さんの「こだわりのアイテム」「数珠ブレス」

今日持っていらしたのは1/3 くらい、僕が相性のいいのはオニキス

俺の足りないところをサポートしてくれる、みたいな。

家には12~13センチの大きさの球体のオニキスも。

本当に好きな石は「ラピスラズリ」家に結構ある
歌入れの時も取らない(笑)「石井さんのレコーディングはジャラジャラしてもしょうがない」と諦めで録ってる「外してまで歌いたくありません」みたいな(笑)

30周年のお話と、ベストアルバム「石弍」、ライブDVDのお話から

ベストアルバムの中から一曲…という事で

石井さんが米米CLUB解散後に最初に出した、航空会社のCMソングになった曲

ブルーの空に、ときどき白い月がポッと浮いている時ありません?
月ってあんなに白く見えるんだ…っていうぐらい真っ白な不思議な風景

そんなところから、人間世界をどういう風に見てるかな…と思って作ったんですけどね。

※今朝の「めざまし土曜日」でオンエアして下さったPVが目に浮かびますね~(*^^*)




♪√「WHITE MOON IN THE BLUE SKY」/石井竜也

石井さんには来週もお付き合いを…という事で

スッゴイ濃密なお話を聴かせていただけて幸せな30分でした

これまでにも知っているお話の中にも、時を経て「あ、そうだったんだ」と、
また改めて感動させていただける

そんなお話がとても嬉しかったです(*^.^*)

あ~♪来週も楽しみ
2015/04/18

にゃお~~~♪)^o^( すいません、朝からMAX「ハイ」です(笑)& 東京FM/ラジオ大阪 中山エミリ「Amitie Du Weekend」本日11時~のオンエア分に石井竜也登場です(*^^*)

おはようございます♪

早朝からのフジTV「めざまし土曜日」ご出演の石井さんに

大爆笑&妙な「壺」を売り付けられて…じゃなかった
妙な「ツボ」を刺激されて、朝から「恋の季節」の我が家のニャンコと呼応して「アオアオ、アオアオ、ア~~オオ~~ン♪」

と、雄叫びを交わしてハイテンションな月でございます♪

や~~~…、朝から「アノ声」は卑怯だわ(笑)
大きな声じゃ言えませんが、1歩間違うと「」の声だもん(笑)

いやいや、すいません、単に私が変態なだけなんですけどね(笑)

先日も、所用でお邪魔したお役所のバックヤードで雑談しているらしい女の子の「ちょっとした声音」に「妙なスイッチ」が入ってしまって

一人真剣に「ああいう声を、意識せず、然り気無く出すの難しいよなぁ」と妄想…、
あ、もとい「考察」に耽っていた私(笑)←アホ

冒頭の「L」の「腕文字」を作る「戸惑い」(笑)を、真剣な顔で「ヤリキル」スタアをクスクスと拝見しながら

「やっぱり"L"なのね」と不埒な笑いが込み上げて止まらなかったり

いや~~、朝なのにアブねぇ、アブねぇ(笑)

こうして書きながらも、また思いだし笑いが込み上げて(笑)

ちょっと冷静さを取り戻さないと、あきまへんわ(笑)

てなワケで、4月12日にチラッと「なんぞや?!」とリサーチしていた

石井さんがゲストにお招きされたという東京FM/ラジオ大阪「Amitie Du Weekend」

やはり今週…というか、本日これから…11時~のオンエアのようですね♪

石井さんの敬愛するアーティスト「フンデルトヴアッサー」さんについてもお話されている…という事で

関東圏ではオンエアされていませんが、つい近年も関西の番組で、大阪舞州にある、フンデルトヴアッサーさんがデザインされた「ゴミ焼却場」を訪ねられ、高い建築の上に上がり、稀少なヘルメット姿を披露されていた石井さん

フンデルトヴアッサーさんが亡くなる直前に、アトリエに招かれた際にも、レアな「長靴」姿を披露されていた石井さん

フンデルトヴアッサーさん絡みで「レアな石井竜也」の発生率が高いようですが

はてさて、今日はラジオでも「レアな石井竜也」発生するでしょうか…ね?

楽しみに、急いで野暮用やっつけます(笑)

◇東京FM/ラジオ大阪「Amitie Du Weekend」

□オンエア日時□
毎週土曜日

11時00分~11時30分オンエア

「こだわりの週末」をキーワードに、独自のライフスタイルを送る素敵なゲストを迎え、週末の楽しみを伺っています。

と、いった感じの番組なんだとか。

番組サイトでは、オフエアのエピソードも紹介されるかも?

という事で、

一応、東京FMさんとFM大阪さんの両方で聴取可能な番組です。

明日の大阪「ART NUDE」を前に、ご参加のみさなま、関東圏お留守番ハニーにも嬉しいですね~♪(*^^*)

http://www.tfm.co.jp/emiri/

http://www.tfm.co.jp/emiri/
2015/04/17

やっぱりロボットは放置プレイなんですね(笑)/4月19日のJAL Presents FLYING HEART(*^.^*)

今日更新された、番組収録のレポート。

ゲストにいらして下さる「テリー伊藤さん」と、石井さんの不思議おじちゃん二人(笑)と
石井さんの作品である宇宙人グレイくんと3人の「妖怪人間ベム」的、不思議な家族の記念撮影

みたいなスリーショットをジーッと見ていた時
後ろに写りこんでる子が「なんかロボミッキーみたい…」と気が付いてドキドキしちゃった月ちゃん。

とは言えちっちゃな携帯画面からだったんで「ちっうかなぁ~?」とイマイチ自信がなかったんですが

家に戻ってPCで、ドデカイ御写真で見て「や~~ん、やっぱりロボミッキー)^o^(」と

メロメロ、キュンキュン

や~~んロボミッキー…ちゃ~んと事務所に居たんですね~♪

御写真登場、何年振りになるんでしょうね?)^o^(
さっきから「ロボミッキー」「ロボミッキー」言ってますが

正式には「Mickey knight」って言うんですよね。

続きを読む

2015/04/17

福岡「ART NUDE」でハイテンションな石井竜也「鯉の滝登りっっ!」な第2回(笑)/寺田倉庫Presents 石井竜也 「TIME CAPSULE」世界的日本画家~千住 博さん~後編(その1)

初っぱなの「鯉の滝登りっっっ!!」の雄叫び(笑)何回聴いても「プフッ」って吹き出しちゃう

今回の寺田倉庫Presents石井竜也「TIME CAPSULE」

「鯉の滝登り」太宰部天満宮ですね(笑)

「登竜門」ですね(笑)

福岡での「ART NUDE」を「ヤッて来た」と仰る御言葉通り

「福岡感」満載の「竜也の一声」(笑)

オープニングトークに入る前の、千住さんのお話される声が一瞬「あれ?石井さん?」て
聞き間違えてしまうくらい、話し方も、声の雰囲気も似ていらっしゃるように感じた千住さん。

大徳寺聚光院の襖絵を前に、孤独に苦悩されている千住さんと
傍で、御自身の事のように居たたまれない思いで見守っていらしたろう石井さんとの

静寂と沈黙の中で「描く者同士」でしか共有出来ない空気を通した交感の情景が
お二人の会話を通して、脳裏に映し出されて来るようで…

続きを読む

2015/04/17

福岡「ART NUDE」でハイテンションな石井竜也「鯉の滝登りっっ!」な第2回(笑)/寺田倉庫Presents 石井竜也 「TIME CAPSULE」世界的日本画家~千住 博さん~後編(その2)

「その国に居て、その国の良さを知るのは難しい、若者は1度海外に出て日本を見てみるといい」


離れてみることで分かる、美しいもの、醜いもの、魅力、問題点


日本から出た画家「レオナルド藤田」「黒田清輝」

パリに出て日本のエキゾチックで魅力な点、浮世絵の素晴らしさを彼等自身が誰よりも感じたと思う、と千住さん

藤田の絵なんて、油絵なんでギトギトしてるのに日本画に近いですよね
汚しのいれ方なんて、実に日本画的な手法ですね、と石井さん

話すと長くなるので短くしますと仰る千住さんからは、(藤田の絵は)日本画の筆を使ってるし、白い絵の具にはシッカロールを混ぜたりしたオリジナルで、

日本の絵画で良く使う白と黒は、当時のパリの画壇では(印象派が終わった頃)色としてそんなに使われていなかった
そういう中で日本を再発見していった、と千住さん

シッカロール(タルカムパウダー)…以前何かで聞いたかなぁ…、タルク…鉱石なんですよね、チョークにも使われてるヤツ(*^.^*)

続きを読む

2015/04/16

ひょえ~~NEWSザップ

鳩山由紀夫さんがゲストだ。(@_@)

木曜担当アーサー・ビナードさんなんで楽しみにしてるんですが

今日はどうなるんだろう?

早速モンゴルの諺を紹介されてます「よくよく話せば親戚だった」

赤の他人でも調べて行けば何処かで繋がってる…って事らしい。

21時までオンエアです、ご覧になれる皆様、ぜひ♪