2011/04/30

仏炎苞~カラー~

CAYTT312.jpg
・学名 Zantedeschia aethiopica

Zantedeschia : オランダカイウ属
aethiopica : エチオピアの

Zantedeschia(ザンテデッシア)は、
19世紀のイタリアの植物学者

・サトイモ科
・別名「阿蘭陀海芋」(おらんだかいう)
リリー・オブ・ナイル
”海を渡ってきた里芋(サトイモ)”

・花言葉は 夢、情熱、清浄、愛情、乙女の清らかさ

ギリシャ語で「美しい」という意味の「Calla」と

修道女の襟に似ているので、
カラーの名前が付いたという説があるそうです。

江戸後期にオランダ船により持ち込まれたといわれ
花びらに見える漏斗状の部分は仏炎苞(ぶつえんほう)といい葉が変化したも、

花は中心部にある黄色い棒状のもので
その上部に雄花、奥に雌花が集まっているそう。

国内では「カラー」と伸ばすのですが、
海外では「カラ」といって伸ばさないそう。

仏炎苞(ぶつえんほう)…仏様の光背…後光のような意味なのかな…。

今日は1日、動物の命、生き様を多く目にしました。

北極の温暖化で餌が探せなくなっている
白熊や、狼たちの
「強運なモノだけが奇跡的に越せる冬」の過酷さにハラハラ…

そして「避難地域」に指定されたため
弱って亡くなっていく動物の姿

「酪農の、こんな終わりは理不尽ですよね」と言った後

「でも他にしようがないんですもんね…」と諦めの言葉を話す奥さん…。
預けた先で、のびのびと暮らしている、
自分の馬や牛たちをみてホッとすると同時に

どれだけ動物たちに申し訳なく思い
口惜しかっただろうと思いますよね…。

そして夕方の番組で見た「管総理の盟友だった元ホームレス」
の方の生き方に頭を殴られた思いでした。

続きを読む

2011/04/30

おひさしぶりです♪

CAYM16U0.jpg

飛び乗るとクルクル~って廻る
パソコンデスクの椅子の上でお昼寝がすき
2011/04/30

修業

今日のお昼はカレーです。

正確に言うと、昨夜作ったカレーの二日目です、ハイ。

ベースは、根菜類とラム肉のカレー。

で、お昼用に、少しルーを足しながら

シーフードのミックスを加えて煮込み

お皿に盛ったご飯の上に「納豆」をのせて
小松菜のソテーを添えて完成しました。(^-^)v

なんでカレーの話なんて?と思うでしょ?

なにが「修業」なの?って思うでしょ?

まあまあ…(笑)

実は、息子の学校に関係があるんです。

入学式で、役員さんを引き受けちゃいました~!

って、お話しをしたかと思うんですが

先日、その委員会の副委員長さんからお電話をいただいて

「3年間よろしくお願いしま~す♪」と

軽~~くごあいさつをいただいて「えっ?3年間?」と固まり(笑)

「あ~!やっぱり聞いてなかったんですね~!私もそうだったんだ~!」
と、電話口で笑う副委員長さん。(^^;)

うちの学校の運営の特色で
一旦決まると3年間そのまま…なんだそうな。(うひゃ~)

で、私がお受けした役員は、
学校行事の際に、生徒たちに
カレーを作ってあげる…というお仕事なんですわ

な、もんで私、この4月より
3年間の「カレー修業」に入りま~~~す!(^O^)/

どんなカレー作るのかな~?

楽しくやれたらそれでいいな

CAF1IBOB.jpg
2011/04/29

鳥羽ばたく姿~シラン~

今日は、昨日と打って変わって過ごしやすい日ですね。

最近、電車バスを使って通学する息子が
「この頃の電車やバスって窓開かないから暑くてしょうがない」

というのですが、本当にそうですよね。

「安全のため」とかいろいろ理由はあるのでしょうが

「暑い」「寒い」という温度変化に対しては
「エアコン」で対処することを前提として車両を作っているんですよね。

そこからも、「電気エネルギー」に過剰に依存してきた
今までの暮らしが浮き彫りにされる気がしますね。

振り返って見れば、夏場、電車に乗ると冷房が効いているから
上着を一枚羽織る...という人が沢山いました。

仕事で訪問する会社さんなどでも、厚い靴下を重ねてはいて
カーディガンを着て、ひざ掛けをかけた状態で
冷えすぎたオフィスの中で働いている方がほとんどでしたもんね...。

こんな無駄なエネルギーを安定して供給するために
大きな危険を抱えた、原子力発電に頼る必要はないですよね。

現在走っている、電車やバスなどもそうですが

夏に向けて、将来に向けて、
社会全体の仕組みを、余分な電気エネルギーを使わない仕組みへと
どんどん切り替えていくようにしないと...と思いますね。



今日のお花は「シラン」

CADEQU5B.jpg

学名:Bletilla striata
 Bletilla : シラン属
 striata : しま模様がある

Bletilla(ブレティラ)は、スペインの
薬剤師「Blet さん」の名前に由来するそう

科名:ラン科/属名:シラン属
和名:紫蘭/
別名:白芨(びゅくきゅう)/紅蘭

花言葉 「互いに忘れないで」「美しい姿」「崇高な香り」
    「楽しい語らい」

「美しい姿」...。
この花を見ていると、鳥が羽根を広げて花の蜜を吸うために
羽ばたきながら空中にとどまっている姿のように見えるんですね。

園芸用に出回っている品種は沢山あるそうですが
自然に自生している「シラン」は「準絶滅危惧種」になっているそうなんですが

実際は、本当に自生しているシランがどれなのか
区別がつきにくくなっているそうです。

知らない間に絶やしてしまっていた...なんてことがないといいですね。

今日は「昭和の日」...。

いつかのテレビで、子どもたちがこんな話をしてました
「タイムマシンがあったら3月10日に戻って
 明日は津波と地震が来るから逃げなきゃだめ!っていいたい」

タイムマシンはないけれど

私が子どもの頃...、しょっちゅう「あ、停電だ」
なんて電気が消えることが、普通にあった時代...。

クーラーでなく、扇風機が頑張っていた時代...。

バスや電車の窓から、気持ちよい風が吹いて
心地よい涼しさを感じさせてくれた時代にもどしていくことが

これから先も必ず起きる、地震災害の際に
地震や、津波以上に手に負えない「原子力」の

「必要性」はないんですよ、と拒む姿勢でもあると思いますね。
2011/04/29

石井竜也のディアフレンズ/4/29広河隆一さん

遅い時間に、こんにちは~。(*^^*)

今日は「昭和の日」の祝日...。

たまたま家族全員がおやすみだったので

久しぶりに8時間近くグッスリと眠ってしまいました(*^^*)

毎朝起きる時間が3時30分くらいなもので
自然と夜は0時がリミットになってしまうため

ブログやメールのお返事など...、
自分のためのユッタリとした時間は

朝出掛ける前の数時間と電車の中...
そんな感じで過ぎているこの頃です。

今日から「GW」...。
「京都へ行って美味しいもの沢山食べてきます!」
という会社の女の子と

石井さんのコンサートや、顔魂展の機会にお散歩した
「比叡山」や「金閣寺」「六波羅蜜寺」「上賀茂神社」
などの周りの楽しいお話を沢山して

私も久しぶりに「旅の気分」を思い出しました。(*^^*)

そして今日は「金曜日」ということで
久々にリアルタイムで
TOKYO-FM「石井竜也のディアフレンズ~CASIO MIND FREAM~」

を聴くことが出来ました。

個人的になんですが...しばらく番組を聴くのが
「なんとなく辛い」という時期がありまして...。

3月11日の地震が起きたその日が
ちょうど「ディアフレンズ」のオンエアになる「金曜日」
だったんですよね。

後で、当日の放送を録音したもの聴いたんですが

もともと受信状態が良くなくて、いつもノイズは凄いのですが
当日の放送のノイズはいつも以上に本当にもの凄くて

ほとんど石井さんの声がかき消されてしまうくらいだったんですね。

そのノイズが、なにかを訴えていたかのような気がして

この何週間かは、録音をした放送のノイズを聴くと
なんとな~く心が重く感じてしまう気がしていたんです。

でも、先週の「山本寛斎」さんのオンエアの最後に流れた
「蒼の思い出」に背中を押されて

そして4月23日のコンサート「MOON LIGHT ORCHESTR」を機に
また少し、違った心の角度で
放送を聴くことができるようになってきたような気がします。

そんな今日の「石井竜也のディアフレンズ」のゲストは
フォトジャーナリストの「広河隆一さん」

石井さんとは2004年にともに出版された本
「子どもに伝えるイラク戦争」での対談をはじめ

CAWHHBHG.jpg

石井さんの撮られた映画「河童」の中で使われた
写真を提供していただいていたり

「GROUND ANGEL」の中で、沢山の子どもたちの写真で
ご協力いただいていらっしやる方です。

最近では、石井さんが立ち上げられた
「MIND from MIND」サイトの中でも対談をされています。



「東北地方太平洋沖地震支援TATUYA ISHII GROUND ANGEL
BBS~MIND FROM MIND~※PC版」


今日初めて、広河さんの肉声をお聞きしたような気がします。

とても穏やかな声で、広河さんのジャーナリストとしての
意識が動かされるきっかけとなった

戦場となった国の人からの
「あながた外国のジャーナリストがいたらあいつらは銃を撃たなかった」

という言葉に「社会の目」「世界の目」がいかに大切なのかを痛感しました。

番組サイトに掲載されている広河さんが、福島に入られて
撮影されてきたという写真を見ながらお話されていましたが

石井竜也のディアフレンズ~CASIO MIND FREAM~


続きを読む

2011/04/28

追憶~クリスマスローズ~

なぜ今頃「クリスマスローズ」?と思わないでください...。

道を歩いていて「あ、いいな♪」と思ったお花が
たまたま「このお花」だっただけなんです(^^;(笑)

なぜか好きなんですよね、薄っすらと「緑色」がかったお花...。
先日紹介した「大手鞠」もそうですし
「梅」なんかでも少し「緑色」がかったものが大好きです。


CA4TJ7BX.jpg

クリスマスローズ
・金鳳花(きんぽうげ)科。
・学名 Helleborus niger(クリスマスローズ)
Helleborus orientalis
(レンテンローズ)
    Helleborus : ヘレボラス属
     niger : 黒色の、黒い ”根”にちなんだ名前。
この根は、ヨーロッパでは古くから薬用として
利用していたらしい。
     orientalis : 東方の

     Helleborus(ヘレボラス)は、ギリシャ語の 「地獄」に由来する。
     荒れた土地に自生することから。

・別名 冬の貴婦人 雪起し

「クリスマスローズ」は、 クリスマスの時期に咲く、
 バラ(ローズ)に似た白い花の品種をさすそう。
 
 「レンテンローズ」は、キリスト教の
レント(受難節、*イースターまでの40日間)
の頃に咲くためにそう呼ばれるそう。

 写真の種類は、正確には「レンテンローズ」になるんですね。

*イースターは、春分の日以降、最初の満月の直後の日曜日。
キリストの復活を祝う日ですが、春の訪れを喜ぶ日でもあります。

イエス・キリストが誕生した時、羊飼いがお祝いを持ってかけつけました
貧しい娘は、花を捧げようと思いましたが雪ばかりの野原に花が咲いていません
途方にくれていると天使が舞い降りて雪の下から白い花を探してくれました
その花がクリスマスローズなんだそうです

花言葉「追憶」「私を忘れないで」「スキャンダル」
   「私の不安を取り除いてください」「慰め」
 
「冬」のイメージがある名前ですが
  見た目の緑は「春」を思わせてくれますよね。

  この花の開花時期もそろそろ終わり...初夏を迎えます。
  混乱と戸惑いと、忍耐の「春」が過ぎようとしている今

  この花の花言葉のように、今、みんなの胸の中に黒い根を張っている
  不安が取り除かれますように。
   
  今も、不自由な生活をしているみなさんの事を忘れずに。

2011/04/28

ノスタルジア/メルマガ「週刊石井竜也」

おはようございます。

ものすごい雨が、少し収まってきましたね。

今日はこの後も、風がつよいそうですので
みなさんもお気をつけくださいね。

このところ毎日少しずつ、先日4月23日に戸田市文化会館で行われた
「TATUYA ISHII MOONLIGHT ORCHESTRA」のお話を振り返っていますが

本当に、幕が上がる前から「ほのぼの」とした雰囲気で...。

あのオープニングを見ているうちに、
客電が落ちるまでに抱えていた緊張感を忘れて



続きを読む

2011/04/27

躊躇う羊~つつじ~

20110427095205.jpg

「ツツジ」

・学名 Rhododendron pulchrum
・和名 大紫躑躅(おおむらさきつつじ)

・英名 Azalea(アザレア)※つつじ、皐月の総称

Rhododendron : ツツジ属
pulchrum: 美しい、優雅な の意味

・ Rhododendron(ロードデンドロン)は、

ギリシャ語の「rhodon(バラ)+ dendron(樹木)」が語源。


「大紫躑躅」は、躑躅のなかで花が一番大きく
赤紫色の大輪の花を咲かせるところから「大紫」となった。


・花言葉 努力、訓練 あなたの協力が必要

【ツツジの語源・由来】
語源には「続き咲き木」という意味や

つぼみの形が女性の乳頭に似ていることから
「タルルチチ(垂乳)」という言葉が略転したもの…。

と、言うんですが「略転」はいまひとつピンと来ないですね(^^;)

朝鮮語でツツジの仲間を広く指すという
「tchyok-tchyok」「tchol-tchuk」の転訛した…
など多くの説があるそうです。

漢字の「躑躅(つつじ)」は漢名からで「てきちょく」とも読み

「躑躅(てきちょく)」は
「行っては止まる」「躊躇」という意味で

見る人の足を引き止めるツツジの美しさから、
この漢字が使われたといわれる。

本来は「羊躑躅」と書くようで、

葉を食べたヒツジが躑躅して死ぬことから…
という説もあるとか。(ちょっとコワイですね(^^;)

ヒツジとツツジ…。
なんか似てるなぁ~!と思っていたけど

やっぱり繋がりがあったんですね~(*^_^*)

「ひつじ」と言えば「ひつじのショーン」

再放送されてますね。
(無理やり?-笑-)

もしショーンだったら、
花を食べずに、甘~い蜜だけいただいちゃうんでしょうね(笑)

「ひつじのショーン」…
これは流石に「月」では歌えないだろうなぁ…
イヒヒヒ(^w^)(笑)

な~んて独り言はさておき(笑)

「躊躇う」…。

近頃いろいろな事に「躊躇う」時が
多くなってきちゃいましたね。

人の話す言葉を信じること…

目の前にあるものを美味しく味わうこと…

自分の素直な感情を大切にすること…


躊躇う羊で、いっぱいな世の中だから

1人、1人の…。
あなたの協力が必要なんですよ。


2011/04/26

幼い頃の幸せな時間~木香薔薇~

おはようございます。

昨日、随分前から「行かなくちゃ」と考えていた
病院(婦人科)に行って来ました。

行く前から、ある程度予測していた診断結果だったんですが
いざ見事に「予測通り」という結果が出てしまうと

「どうしたもんかな~」と、もの凄く微妙な感情で戸惑う自分に
自分自身で驚きました。

この頃気をつけていた「貧血」の症状も
定期的に訪れる身体の症状も、診断結果を聞いて
「あ~だからだったんだ」と納得が行きました。

現代の女性には「ありふれた病気」ではあるそうなんですが
女性が女性らしい精神状態であればあるほど
この病気になりやすくなるなんて...
なんだか皮肉だなぁと感じます。(^^;(苦笑)

でもね、これでまた同じ病気を経験された方の「痛み」が
自分のこととして感じることも出来ます。

これも試練なのかもしれません...。

な~んて自分ごとで費やして申し訳ないですが

今日のお花は「モッコウバラ」

秋篠宮真子様の「お印」となってから
爆発的に人気が広がった...なんてお話もあるようですが

御皇室といえば、先日、天皇皇后両陛下が
北茨城をお見舞いにお訪ねくださいましたね。

私が子どもの頃にも、親戚のおじちゃんや、おばちゃんの家には
「皇太子御成婚記念」の殿下と妃殿下のお写真が普通に飾られていて

特に何も語らないけれど皇室の方への特別な想いがあるのを
子供心に感じた思い出があります。

なので、避難所にいる方...とくに高齢の方には
本当に「希望の光」だったんじゃないでしょうか?

20110426070043.jpg

モッコウバラ

学名 Rosa banksiae(バンクシアエ)
和名 木香薔薇(モッコウバラ)
英名 banksia rose (バンクシア ローズ)

学名のRosaの語源はケルト語の「rhod、rhodd(赤い)」
薔薇の基準色(っていうのがあるんだそうな)が「赤」
とされていることから来ているとか。


花言葉・・・純潔 あなたにふさわしい人 初恋 幼い頃の幸せな時間

先日の石井さんのコンサート
「TATUYA ISHII MOON LIGHT ORCHESTRA」の中でも

曲の紹介をされるお話の際に、
北茨城での小さな頃の思い出のお話や、

東京に出ていらしてスグの頃の思い出のお話を
「笑い」に紛らせながら沢山されていたなぁ...。

そんな事を思いながら「「Childs Days Memory」の歌を
フト思い浮かべ、思い起こし...

いつの間にか「緑の窓」へと繋がる不思議な感覚の中で
コンサートのいろいろな場面を思い返しています。

余談ですが、この「木香薔薇」
特にこの写真のような「黄木香」は
「薔薇」というのに「香り」も「刺」もないのだそうです。

「香り」がなくても「刺」が無くても
「薔薇」のよう...。

だから、この花が好きなのかも知れません(*^^*)

2011/04/25

MOON&EARTH...そして~When you Whish Upon A Star~/シラーベルピアナ

おはようございます。

今朝、仙台までの東北新幹線が繋がりましたね...。

心が、目に見えないレールをたどって
走り出しそうになる朝です。

昨夜オンエアになったBS朝日の番組

「Panasonic 3D Music Studio」

の中でも、石井さんのオブジェ「INORI」の前で
「夕焼け飛行船」「蒼の思い出」と2曲歌われたあと

石井さんが子どもの頃の「原風景」として記憶に鮮やかな

お母さんの腕の中で読んでいただいた
「ピノキオ」のお話をされて

「なんでかこのお話が好きだったんですよね..」
と、静かに微笑みながら

次に歌うのはこのお話の映画の主題歌になった曲なんですね...。

被災した子どもたちに、この歌を送ります。
「When you Whish Upon A Star」と紹介をされると

スーッと滑るように、
石井さんの後ろから現れた
小さな天使のような女の子の頭を優しくなでながら

温かい声で語りかけながら歌い始められた石井さん...。

不安に震えている一人一人の子を
自分の手で、優しくなでて、声をかけてあげたい...。

そんな気持ちを託していらしたように見えました。

今日のお花は「シラーぺルビアナ」

小さい星の形の、気高い蒼い色の花が集まって、ピラミッド状に開く花です。

見かけた瞬間「MOON&EARTH」のジャケットを思い浮かべて
嬉しくて写真に撮りました。


CAK22LM4.jpgjacket_m_20110421233845.jpg
シラー・ペルビアナ

英 名 Cuban lily,Hyacinth of Peru
和 名 オオツルボ(大蔓穂)

花言葉・・・多感な心、不変、我慢強い、恋の呼びかけ

スペインからイギリスに持ち帰った船の名 The Peru にちなんだ名前なのだそうです。

掘り起こさずに、何年も同じ場所に植えておいても
花を咲かせる強い花だそうです。

多感な心の子どもたちが、我慢強く明るく過ごしているんですね。

小さな青い星に、多感な心が豊かに咲くよう
願いを込めて...。
2011/04/24

月の名残の夜は3Dで..?./BS朝日「Panasonic 3D Music Studio」オンエア

こんばんは。

寝て起きても、なんだかまだ
顔がパンパンな感じの月です(これこれ^^;ー苦笑ー)

石井さんもコンサートのあと
ドッとお疲れが出ていらっしゃるでしょうね...。

少しだけでも、お身体を休めていただけてたらいいなぁ...。

昨夜の、全力を振り絞った、パワフルなステージを思い返すと
そんな風に思ってしまいます。

「ORCHASTRA]と言っても、ほとんど座ることがないくらい(笑)
とってもアクティブなコンサートでしたね。(*^^*)

1曲目のイントロが鳴った途端に、
会場全体が、スッ...と自然に立ち上がり
曲にあわせた手拍子で、石井さんを迎えてスタートしました。

続きを読む

2011/04/24

ハートの葉に守られて~スノーポピー~

こんにちは~!

と、今日は今頃のご挨拶になってしまいました。(^^;

昨夜もほとんど眠らないまま、
朝早く、仕事へ送り出す支度や、
息子との朝食を済ませた後

「ちょっとだけ寝るね~」

のつもりが、かな~りの熟睡&爆睡となりまして

午後になり、バタバタと動き始めた月です。(^^;


CA9073TM.jpg

スノーポピー


学名 Eomecon chionantha
Eomecon : エオメコン属
chionanthus : 雪の花

和名 白雪芥子(シラユキゲシ)


英名 スノーポピー(Snow poppy)

原産地 中国

葉がハート形で波をうっているのが特徴で
茎を傷つけると、赤みのある液を出すため血水草と中国では呼ばれている花。

花言葉は 優美、完全な美、清純な誘惑、あなたが大好きです、

庭の植え込みの中に、スーッと茎を伸ばし、
少しうつむき加減で咲いている姿を見つけて

「あれ?」っと、覗き込んで「どんな花かな?」
と確かめて気がついた花...

まさに「清純な誘惑」に引き寄せられた今日の花は
「シラユキゲシ」

葉っぱの形が「ふき」みたい♪
と思ったのですが「芥子」の仲間でした(^^;

「あなたが大好き!」
今日の気持ちそのままの花言葉に出会えて
なんだかとても嬉しくなりました。

可憐なその姿の中に、血のような赤い液体を湛えている花...。

沢山のハートの葉に囲まれながら
人知れず、辛さや、悲しさ...寂しさに耐えて背を伸ばし
傷ついた心から、ジワジワと溢れる「血の思い」を抱えている花に

「あなたが大好き」と届きますように...。



2011/04/24

月に飛んできました/「TATUYA ISHII CONCERT」 TOUR 2011 MOON LIGHT ORCHESTRA」 戸田市文化会館


南の島の情熱香る、ピンクレディと共に。

優しい夜の訪れを告げるナンバーで迎えられ…

「また月に帰っておいで」と見送らた最後まで

置き去りにしてきてしまった、優しくて輝いた時間を

傍らの「もうひとりの自分」と一緒に聴きながら

胸に甦らせることの出来た強くて優しい時間でした。

生憎のお天気だったハズなんですが

幸いにも大した雨にも降られず

戸田市文化会館のある戸田駅に到着する頃から


綺麗な虹が見えていました。

会館にいらした石井さんからも
ひょっとしたら見えていたのかも知れない…。

そんな気がした今夜でした。

今夜の石井さんは、一曲目の中盤から「あ、スイッチが入った!」

続きを読む

2011/04/23

静かに光る~大手鞠~

20110422200012.jpg

●オオデマリ(大手鞠)
学名:Viburnum plicatum
科名:スイカズラ科ガマズミ属
別名:テマリバナ(手鞠花)、テマリカ
英名:Snow ball

Viburnum : ガマズミ属
plicatum : 静かな の意

この花は雄しべと雌しべが退化して実を結びません。
似た花にコデマリ(小手毬)と呼ばれるものもありますが
分類はバラ科の異なる植物です

花言葉 約束を守って・私は誓います・天国・華やかな恋

今夜はいよいよ
「TATUYA ISHII CONCERT TOUR 2011 MOON LIGHT ORCHESTRA」
初日の幕が上がりますね。

今日のお花は
月の光のように、丸く白く光る花「大手鞠」

少ない照明の中に、浮かび上がるようなステージだとか。

今回、見送りとなった仙台での公演ですが
絶対に「仙台でもヤル!」という石井さんと

石井さんが仙台へ訪れてくれる日を待っている
仙台のファンのみなさんのためにも

一足先に参加するみんなで、
素敵なコンサートに育てましょうね。
2011/04/22

魔法の杖~ベニバナトキワマンサク~

おはようございます。

このところ、夜中になると雨が降りますね...。

今朝のお花は、庭に咲いていた濃いピンクの花
「ベニバナトキワマンサク」です。

ちょっと鶏の足?鶏冠?とか、線香花火の房みたいでもあるなぁ(笑)
お花だけでなく、葉っぱも赤紫で、花が無いときにも綺麗な木です。

CANDD6ZR.jpg

ベニバナトキワマンサク

学名:Loropetalum chinense var. rubrum 
和名:紅花常磐満作 
科属:マンサク科トキワマンサク属 
原産地:中国 

属名のロロペラルムは、ギリシア語のロロン(革ひも)と
ペタロン(花びら)からなり、花びらの形に由来します。

※う~~ん、やっぱり革っぽいから「好き♪」
って思ったのかな?(笑)

花言葉は

幸福の再来・呪文・霊感・魔力・感じやすさ
不思議な力・私から愛したい


花言葉もとてもファンタジックですが、

欧米でも人気が高くて、枝を占いに利用したことや、
不思議な形などから、ウイッチへーゼル(Witch hazel:魔女のはしばみ)

などの名前で呼ばれて、
ディズニーのキャラクターの名前にもなっている花なのだそう。

※調べたら「ドナルドと魔法つかい 」
という作品の中に同じ名前の魔女が登場します。

この花が、魔法の杖のように「幸福」を感じる
魔法をかけてくれますように。

どんな不思議な力でも、信じない心には届かない
だから自分から、ちいさなことを愛していかなくちゃ。

今は、誰もがそんなに強くないから...
だから、私から愛したい。

2011/04/21

薔薇のような銀河~MOON&ERATH~

こんばんは~。

さきほどまた大きな地震が起きましたね。
「天災は忘れた頃に...」とよく言いますが

忘れるどころか

「ここ暫くは大人しくなっていて欲しい...」

そう思う時期に大きく揺さぶって来るなんて
なんて憎らしいのだろうと思いますね。

このところ睡眠時間が極端に短いので
今朝あたりは、いつまでもネムイまんまで(苦笑)

ちょほいと「おつかれちゃん」で帰宅して
開いたパソコンの中に素敵なものを見つけました。

20日に「NASA」が公開した...という
薔薇のように広がる銀河

以前、ナショナルジオグラフィックTVで見た
「ブラックホール」のお話の中で

続きを読む

2011/04/21

「MOON LIGHT」は夢の数だけ…。 /メルマガ「週刊石井竜也」

と、いうわけで、またまた月姫です。

1ヶ月があっという間に感じちゃう今…。

1週間はもっと早いですね(^^;)

明後日は、いよいよ「戸田市文化会館」で
石井さんのコンサート「Moon Light Orchestra」が

初日の幕を揚げますね。

昨日配信された、メルマガ「週刊石井竜也」の中でも
短い準備期間の中で、石井さんの中に見えていらした

「月の光の方向性」についてお話されてましたね。
※姿月あさとさんとの「MOON DANCER」の中の
ショートドラマにありました

続きを読む

2011/04/21

小さな楽園~ヒメツルソバ~

おはようございます、月姫です。

今朝の「めざましテレビ」で、
昨夜のサントリーホールで行われた

「全音楽家による音楽会~東日本チャリティーコンサート~」

の模様が流れましたね(*^_^*)

石井さんの歌う姿も見ることが出来ました。

無念にも中継が途切れてしまった
平原綾香さんの熱唱も、
「エターナル」を歌う森山良子さんの姿も
(ハンドオルガンを回しながら歌われていたとか?)

本当に贅沢な時間を分けていただきましたね。

石井さんの「遠い出来事」…

そして倍賞さんが歌われた「わすれな草をあなたに」も

胸に残る切ない温かさですね…。

今朝のお花は「ヒメツルソバ」

CA4FRHHO.jpg

姫蔓蕎麦

・蓼(たで)科。
・学名 Persicaria capitata
・別名 Polygonum(ポリゴナム)
・英名 Japanese Knotweed/Pink bubble persicana

Polygonum(ポリゴナム)」は
ギリシア語の「polys(多い)」と「gonu(ひざ)」

Persicaria : イヌタデ属
capitata : 頭状花序の

・ヒマラヤ地方原産。

一年を通じて蜜を沢山持っているので
虫たちにとって居心地のよい花なんだそうです。
私が写している時にも、花の中に小さな蜘蛛がいました。

真ん中より少し右上…。
見つけられますか?(笑)

花の姿形からして、甘い甘い金平糖みたいですもんね。(*^_^*)


花言葉は

愛らしい、気が効く

「気が効く」…。
人に対する気遣い、心遣い…。

人から人への「気持ち」が「効く」…。

私たちが起こした行動は、
どんな小さなことも波紋を起こして広がっていくそうです。

出会った誰かの気持ちに効くこと…。

小さなことを広げていけたらいいですね。
2011/04/20

遠い出来事/「全音楽家による音楽界~東日本チャリティーコンサート~」

第3部のトップを切って石井さん「石井竜也」登場でした。

歌われたのは「遠い出来事」

世界的な舞台で、ネット配信される中で歌う
2度目の「遠い出来事」でしたね。

チャットされてる方、石井さんのファンと思われる以外の方も
とても心地よく聴いてくださっていたのが嬉しかったです。

「Time to Say Goodbye」のあと、配信が切れてしまって
石井さんのインタビューが途中でしたが

ステージにいる「MUSE」のお話をされてましたね。

「あれは売らないのか?」と尋ねられたのだとか?

「これはコンサートで使っていたオブジェで、
ウエストの部分がチェロになっていて
頭の後ろもチェロのヘッドのようになっているんです」

そうお話しする、石井さんの声だけを聴きながら
どんなお顔で話されているのか思い浮かべていました。

歌われている間、配信が途切れなくて本当によかった。
石井さん、ひとまずおつかれさまです。

まだエンディングまでいられるんでしょうか?
みなさん長時間おつかれさまです。

歌い終わりに、オケの皆さんのほうに向かって
笑顔で一礼された時に、お顔拝見できて嬉しかった~♪)^o^(

※配信されてたスタッフさんが
石井さんのお名前が出演者順の中に
クレジットされてなかったことを
「失礼しました~」とお詫びされてましたね。(*^^*)



CAE5IZD5.jpgCAA3GQT2.jpg

石井さんのインタビューのあと「エリック・マーティン」さんも歌われた
曲が歌われてましたね。(*^^*)
2011/04/20

始まりましたね~

「全世界音楽界による東日本チャリティーコンサート」!!

震災のためのレクイエム…。

指揮をされてるのは大友直人さんですよね。

以前「石井竜也のARTorNOT?」の中で

「一緒に何かやりましょう」と言っていらした

大友さんと石井さん…。
思いがけないご縁でご一緒させていただけましたね。

に…しても素敵です。
今日は、贅沢なお夕飯づくりになりそうです。


「ひゃあ~」)^o^(

サントリーホールの中央!あんな高い場所に「MUSE」が!!!

彼女も一緒なんですね♪

ふにゃ~ん。。。
うれちいよォ~(/_・、)

一緒に黙祷させていただきます。


おっ!いよいよ池田理代子さんの「アヴェ・マリア」だ~!)^o^(

カメラさん寄って下さらないかなぁ~


すごい~!)^o^(
遅咲きでオペラの世界に入られんですよね、池田さん

グノーの「アヴェ・マリア」素敵です(*^_^*)

20時以降はトップページからはご覧になれないそうです。

こちらからどうぞhttp://www.stickam.jp/profile/rokudan



思いのほか進行が早いですね

ショパンの夜想曲聴いてマエストロ「カスヤン氏」思い出しちゃった(笑)

リハーサル9時30分からですかぁ...(^^;
お疲れ様ですm(__)m

第3部「あいうえお順」で登場だそうです♪
そろそろですね!o(^_^)o

2011/04/20

「全音楽界による音楽会」東日本大震災チャリティコンサート

2011年4月20日(水)17:30開演 サントリーホール
いよいよ今夜開演ですね。

石井さんは何部に登場されるのかな?
なにを歌われるのかな?

そして何より気になるチャリティーオークション
出演者の皆さんからの出品...ということですが

石井さんが、大阪、名古屋、広島で描かれた
「MIND from MIND LIVE」で生まれた作品

そして先日オンエアされた1NHK BSプレミアム
「石井竜也のショータイム」冒頭で描かれた


「日」も出品されたりするのでしょうか?

20110330211822.jpg

もしそうなら、少しでも多くのお気持ちで
落札していただけるといいですね。

石井さんもモチロンですが

2部に出演される「池田理代子さん」のソプラノによる
「アヴェ・マリア」や

3部のプッチーニ歌劇「トゥーランドット~誰も寝てはならぬ」

そして、石井さんの「ツキノイシケイカク」で
「Moon Stones」というユニットを組まれた
「姿月あさと」さんの「祈り」も楽しみです。

会場には伺えませんが
インターネット配信があるそうです。

ご覧になれる方はぜひ♪

東日本チャリティーコンサート配信


2011/04/20

新たな旅にでよう~あせび~

CAR8WPUQ.jpg

あせび

・躑躅(つつじ)科。
・学名 Pieris japonica
Pieris : アセビ属
japonica : 日本の
・和名 馬酔木

Pieris(ピエリス)は、ギリシャ神話の詩の女神
「Pieris」の名前にちなんだもの。

花言葉

「犠牲」「二人で旅をしよう」「清純な心」

含まれている有毒成分で、
馬が食べると酔って「足がなえる」ところから
転じて「あせび」となったそうで。

何でも食べる鹿などの動物も
この花だけは避けて食べないのだそう。

「本能」で
ちゃんと「毒だ」って嗅ぎ分けるんですね。

「あせび」というと思い出すのが
中学の頃に所属していた合唱部で歌っていた
「アイルランド民謡」の詞を思い出します。

「わが恋人はあせびのよう」というタイトルだったかと思います。

♪√ リインの河の畔の あせびのように
   あえかに麗し 緑の帯
   葉隠れに輝ける 青空のごと

譜面をしまいこんでしまったので
覚えてるまんまですが(^^;(苦笑)

他にも
♪√ なが若き愛の微笑み わが愛でし瞳
   なが面は胸に抱きつ 祈らん永幸

なんて歌も歌いました。

「春の日の花と輝く」というタイトルで
メロディが紹介されてるんですが
「あれ?そんなタイトルだったっけ?」

「春の日の花と輝く」って曲は違う曲だったような...
なんて気がするんですが
なにせ記憶だけなので、もどかしいです(^^;

花言葉「犠牲」「2人で旅をしよう」

偶然なんですが、昨日ひょんな拍子に
フッと口を衝いて歌い始めた歌

「ひとりの朝ふたりの夜」「HARMONY」

続きを読む

2011/04/19

gravitation/「Panasonic 3D Music Studio」~「Moon Light orchestra」

またまた、おはようございます、月姫です♪)^o^(

なんだか1日1日があっと言う間に感じますね。

日曜日にオンエアになったBS朝日

「Panasonic 3D Music Studio」

「飛び出す石井さん」ではなかったですが

あのなんとも言えない、不思議な雰囲気と空間が

スッカリ頭の中を占領している、されちゃってる。

続きを読む

2011/04/19

たおやめ~アベリア~

CA13BQK7.jpg

【学 名】Abelia spathulata
アベリア・エドワードゴーチャー Abelia cv. Edward Gouche
【和 名】和名は花園衝羽根空木(はなぞのつくばねうつぎ)。
【名前の由来】
アベリアは、19世紀のイギリスの植物学者のAbel(エイブル)にちなんで
和名の 花園衝羽根空木 は実がお正月の羽根つきの「ツクバネ」に、
枝の茂る様子が「うつぎ」に似ていることから名付けられたそう。

【花言葉】強運、謙譲、恋多き人生

道路沿いの植え込みなどで見かける、
米桜や、霞草などと同じように大好きな花の一つです。

でも、ちゃんとした名前は今回初めて知りました。
知っている花の名前がひとつずつ増えて嬉しくなります♪(*^^*)

小さくて愛らしい花ですが「タフエレガント」と愛でられる
春から秋にかけて、真夏の暑いさなかでも花をつけ続ける強い花だそうです。

タイトルの「たおやめ」は、漢字を当てると「手弱女」で
一見とても弱そうなイメージをさせる言葉ですが

もとは「たわやめ」といって
「たわやか」な女性を意味する言葉なんだそうです。

柔軟に、しなやかに「たわんで」元に戻る様子。

突っ張ってポキンと折れてしまう強さではなくて
柔軟で、粘り強い女性の強さ...

ただただ「物優しげ」なだけでない
本当の強さをもった「たおやか」な女性を
「たおやめ」とあらわすのだそうですね。

小さなお花一つから、
いろいろな素敵な言葉に出会えるんですね。


2011/04/18

春紫苑~ハルジオン~

CATQU1JF.jpg

春紫苑(ハルジオン)

・菊(きく)科。
・学名 Erigeron philadelphicus

Erigeron : ムカシヨモギ属
philadelphicus : 北米フィラデルフィアの

Erigeron(エリゲロン)は、ギリシャ語の
「eri(早い)+ geron(老人)」が語源で、

早く咲き(春の花)、白い軟毛で覆われた花、
という意味なんだそう。

花言葉 追想の愛

6月頃に咲き始める「ヒメジョオン」と
良く似ているそうなんですが

「蕾」の時に「うなだれている」のが「ハルジオン」で
「蕾」が上を向いてるのが「ヒメジョオン」

と見分けるといいんだって(*^^*)

「蕾」の時にいくら「うなだれて」いたって

花咲く時に、やわらかにほころんで
顔を上げてみせてくれたらそれでいい
同じように心惹かれるよね。(*^^*)

昨夜の「MOON RIVER」を聞いてたら
石井さんの「RIVER」が聞きたくなっちゃった。

「MOON RIVER」のような曲が歌えたら...
と言っていらした石井さんの。

「RIVER」大好きですよ(*^^*)
2011/04/18

メガネなしで3Dだって!?(笑)



調べていたらこんなのを見つけました♪(笑)
機械がなくても、両手で瞼を持って、カシャカシャしたら...。
いけるかな?

でも、そんな姿で見ていたら絶対に泣けませんわな(^^;(苦笑)
【3Dで見るためだけ限定】で試してみる?うひゃひゃひゃ
2011/04/18

Moon River/「Panasonic 3D Music Studio」

CA373JBJ.gifMoon River, wider than a mile,

I'm crossing you in style some day.

Oh, dream maker, you heart breaker,
wherever you're going I'm going your way.

Two drifters off to see the world.
There's such a lot of world to see.

We're after the same rainbow's end-- CADW16Z3.gif
waiting 'round the bend,
my huckleberry friend,
Moon River and me.


「Panasonic 3D Music Studio」

3Dにはならなかったけれど...
石井さんが「分身~♪」(笑)

白と黒のグラデーションの衣装の光沢が
夜の闇に浮かぶ月明かりのようでした..。

続きを読む

2011/04/17

顔魂 in New York~ at DILLON GALLERY~10 MARCH-16APLRIL 2011(2011.3.10~2011.4.16)

顔魂in New York

NIHONGA :NEW TRADITIONS

10 MARCH-16APLRIL 2011(2011.3.10~2011.4.16)

□■ARTIST■□


・TATUYA ISHII
・HIROSHI SENJU

・MAKOTO FUJIMURA
・MATAKE KOUZAKI
・KEIZABRO OKAMURA
・NORIHITO SAITO
・ASAMI YOSHIGA


・DILLON GALLERY25th STREET New York


2001年のアメリカ同時多発テロを機に
制作を始めることになった「石井竜也」の「顔魂」

2008年の「森アーツセンターギャリー」で初の展覧会

世界遺産
奈良「薬師寺」
京都「二条城」

での展示を通して、国内、海外から

「ユーモラスで、年代も国籍も超越した不思議な作品」

として、注目が集まっていた「顔魂」が

海を越えた「NEW YORK」で出会った人々を
「時空を越えたイタズラ」で翻弄します♪。

「顔魂」たちに出会った人達がどんな風に
彼らに接してくれるのか?

時間も場所も超えられる「タイムマシン」があるのなら

とんでいきたい…。


NEW YORKのみなさん!
「顔魂」を楽しんで下さい♪
可愛がってやってくださいね♪o(^o^)o

All of NEW YORK!
Please enjoy "KAODAMA"Please love it♪



NIHONGA NEW TRADITIONS「DILLONE GALLERY」
ギャラリーの様子や、作品などがご覧になれます♪
DILLON GALLERY

「DILLONE GALLERY FACEBOO」
ギャラリーへの応援やコメントが出来るようです
DILLON GALLERY FACE BOOK
2011/04/17

もうすぐJIN♪)^o^( そして「Panasonic 3D Music Studio」

と、いうわけでこんばんは~♪

さきほど予告番組も見てたんですが

「日曜劇場JIN~仁~」

いよいよ今夜からですね~♪)^o^(

昨年末の特番で4月からの新番組スタートを知ってから
ずっーーーっと楽しみに待ってました♪

今、このタイミングでの「JIN~仁~」の中の
人物たちの一言一言

予告編を見ているだけでも、グッと胸に迫ってきますね。

物語の鍵となっている「タイムスリップ」という設定も

今、人によっては、見慣れた日常から

自分を取り巻く世界が、一瞬に時空を超えて

異次元へでも迷い込んでしまったように
感じている方もいるんだろうな...って思いますよね。

以前こちらにも書いたことがあったかも知れないんですが
人間の暮らしって、一瞬一瞬がタイムスリップのようだと思うんですね。

続きを読む

2011/04/17

面影草~八重山吹~

こんにちは。

昨夜、思いがけなく仙台の友とお話が出来ました。

情けないモンで、彼女の声を聞いた途端
私のほうがベソかいちゃいまして

...こうなるのは解ってたんですけどね(^^;(苦笑)

でもね、彼女にも話したんですが

自分から彼女に電話しておいて
声を聞いた途端に泣く訳にはいかないな...

気丈に頑張っている彼女に「よお!」って電話しといて
そんなんじゃ、励ましにも何にもならないじゃん。

そんな風に思ってたから電話は出来なかったんだ...って話しました。

彼女といろいろな話をしてね
「あ...やっぱり同じだよ」って感じたんですね。

もし、自分がそこに居たら同じように思うよ、感じるよ...って。

お互いに「あの日のこと」を思うと
泣くとか、怒るとかの感情になる前に、心が空になる

言葉にならない、声にならない...

あの日以前とは違う位置で、心が開いているところ
あの日以前、縛られていた心から開放されたところ

自然の力と、時の流れには太刀打ちできない

そんなところで生きているんだと感じたよね...と。

「治まるものが治まるところへ落ち着くまでには
まだ永い時間が要るような気がする」

そういいながらも、今の状況に居る事に
甘えたくない...と背筋を伸ばす

変わらない、彼女の気高さと、人を思いやる心の健気さ
大好きな彼女らしさを感じられて救われた思いです。

彼女のために、私は私でいなくちゃ...
私の「仕事」を続けなくちゃ...

今日の花は「八重山吹」

CAUDYPZQ.jpg

科名:バラ科
属名:ヤマブキ属
学名:Kerria japonica
英名:Bachelor's button
英名:Japanese rose
別名:おもかげぐさ(面影草)
別名:かがみぐさ(鏡草)

花言葉

崇高、気品高い、待ちわびて

アメリカでは「日本の薔薇」とよばれる花で
「やまぶき」という言葉は、枝が風に揺れるさま
「山が振れる」という言葉が転じているとか。

別名の「面影草」「鏡草」という名前は
「井手の山吹の伝説」というお話からついた名で

昔、再会を約束して別れた男女が
鏡を埋めた場所から咲いた黄色い花が山吹なんだそうです。

この花の花言葉に彼女の言葉にしない思いと
面影を重ねて...。

※な~んてお節介書いていたら、
ちゃんと「石井伝心」してましたね。

電話...筒抜けだったんじゃ?な内容で(笑)
石井さん、ありがとうございます。