2008/02/29

ターバン野口...(笑)

コレが噂の…。(笑)

200802281350000.jpg


変…。
コレを集金箱の中に入れといてくれたデザイン事務所の誰かさん…。

思わず吹き出しちゃって、その後のお仕事が
とってもハッピーになっちゃったさ♪(o^o^o)

感謝感謝♪
2008/02/28

ワ~イがイッパイな日♪)(^0^)( (「週刊石井竜也」そしてバースデー)

すいません~m(__)m相変わらずオコチャマ語炸裂で...(^^;ゞ
(「オボウチャマ」ぢゃないのが救いだったりして...-笑-)

いやぁ~ん♪ようやく「石井週一」書き上げて嬉し嬉し♪
今回の放送は、石井さんがまるで
「顔魂」でも触りながら、お話しして下さっている様な

言葉の一つ一つが、聞いていて心踊らされてしまうおしゃべりで
盛り沢山だったので、早く書き上げたくて、気が急いて、気が急いて♪(*^^*)

ラヂオを聞けない方にも、
この放送の、石井さんの素敵な言葉を伝えられたら
何より嬉しい満足感ですぜい♪

それに、それに、今日は(今日も?)嬉しい事がイッパイ待っててくれました!

帰宅してみると、少し早めの3月のバースデーカード♪
早めなのがなんとも石井さんらしくって(笑)←(おいおい^^;ゞ)

「ん、も~うビューったらせっかちさんね♪」
かなんか冗談を言い放ちながら、手にシッカリ握りしめたカードに
目が釘付けでございまして♪(o^0^o)

すんごく凝ってます!このカード!
ネタバレスレスレなお話しで申し訳ないんですけど
見る角度によって印象(というか写真の雰囲気と色調)が
ガラッと変わって見える素敵なカードなんです♪

しかも「おめでとう」の気持ちを指先で触れて感じる事が出来る...
気付いたときには、涙が出そうな嬉しさが込み上げて
胸がイッパイでした♪
いつも素敵なバースデーカードを贈って下さってありがとう...。
心から嬉しい贈り物です。(*^^*)

そして、そして毎週待ち遠しい「週刊石井竜也」の
アルバム「PENDUUM」全曲解説がジリジリと始まりました♪o(^0^)o

やるもんですね~、DEEPですね~!(笑)
最初の今日はタップリと言葉を費やしての「誘惑」(笑)

しかし3月26日までズットこのペースってワケはないでしょう?(笑)

怒濤の様に語る週もあったりするのかしら?(なんちゃって♪)
次ぎの「手」は何かな?と1週間待つのが楽しみですね~♪(^_-)

おやすみなさ~い♪(^0^)/
2008/02/28

旅の途中でアートに触れて、歌に揺れて...の巻(2/23付・石井週一)

2月も残り僅かとなりまして...早いねぇ...と
言うつぶやきから始まりました「石井週一」

森ア-ツセンターギャラリーで2週間くらいズット
「顔魂展」というのをやってました。
ご覧になった方、本当にありがとうございました。
来られなかった方、また何処かで何かの機会にやりたいと思うので
ぜひとも次回を楽しみに待っていて頂きたいと思います。

「顔魂展」をやって「顔魂」という
アートの分野が出来た様な気がして、ボスなりに満足感を感じつつも
もっともっと皆さんに見て頂きたいなと思っています。

というわけでタイトルは「石井週一」!!!

番組テーマ♪√「恋地獄神頼み」/石井竜也

桑田さん!どもっ!今夜もお約束通りに叫んでみました♪
(お...お約束だったんですねボス...って言う私も今更か?!^^;ゞ)

叫んだって程大きな声じゃないですが...
「桑田さ~~~~~~ん!」て大声で叫んでもイイんですけど
世中にデッカイ声出すのもねぇ...?(笑)

と、自分でフッたネタを自分で落とす?
「なだぎけんいち」も真っ青なラヂオ界の「R1」パーソナリティーなボス♪(笑)
(また勝手なチャチャいれてるワ・タ・シ♪)

「優しい夜遊び」のアトは、
私「石井竜也」とスリリングな夜遊びをしてイキましょうよ♪ということで
「石井週一」ボスの「石井竜也」でございます。
と、今夜はサラッと立て板に水が流れる如くな始業のご挨拶。

続きを読む

2008/02/27

ポカ~~~~~ン...にぽか~ん(‥;(笑)

雨が降り、気温も下がる...と出勤前にタップリとへこんだ今朝。

でも蓋を開けてみれば、汗ばむ程のポカポカな陽射し...。
お陰さまで先日と打って変わって平穏なオシゴト日和でした。

バタバタだった土日に「資料探し」に廻った古書店で
私の好きな作家「シュテファン・ツヴァイク」の作品を探したのですが
かなりのコレクターズアイテムと化している彼の本を
手頃な価格で見つける為には「ついで」じゃ無理だよなぁ~(^^;ゞ

今夜の「ISHYSTALK」になにやら美味しそうなお名前が...(こらこら(^^;ゞ)。
「ベーコン」って聞いて「哲学者」の...?と思ったら
同性同名のお二人なんですね。(^^;ゞ

方やイギリス生まれ、方やアイルランド生まれ(近いっちゃ近いですが...^^:)
方や学者に、方や芸術家...。

同じく学者と芸術家で似た名前の二人に
石井さんの映画「ACRI」の原作の中でもお馴染みの
*「アルフレッド・ウォーレス」と

70歳を過ぎて、海や灯台を描いた画家
「アルフレッド・ウオリス」という方がいるんです。

「アルフレッド・ウオリス」は20歳以上年上の奥さんを亡くし
子供も無く、独りになって精神を病み

漁師をしていた時の体験を元に、
取り憑かれるように絵を書き出したお爺ちゃんで。

貧しいので身近にあった段ボールや板に、
船のペンキで書いたという絵が、近年注目されたそうで
昨年、地元の美術館で公開されていたんですね。(*^^*)

芸術的な知識も素養も無い私には、
専門的なお話しは、ホントにポカ~~~ンな世界ですが...
シャガールも、モネも、その美しい画面の片隅に
密かな自身の煩悩や葛藤を描き込んでいた...と聞きますよね。

過激じゃ無かった芸術家って存在したのかなぁ...。

私が好きな女性の画家「ヴィジェ・ル・ブラン」も
画商の旦那さんが放蕩者で...なんて家庭の背景がある中で
愛娘との平和で幸せそうな肖像を描いたりしている...。

描かれた絵の中に「何を見るか」は
見る人の内にある哲学にも依るんじゃないだろうか...。

変な話しですが、様々な神様の絵や彫刻を見ても
「神々しさ」を感じる人もいれば、何も感じない人も居る
目の前の作品の中に「神」を感じようとするかしないか...

それは結局、見ている人間が
自分で自分を救おうとしているか、していないか...と
近い事の様な気もするなぁ...。

なんて私の話しの方がチンプンカンプンで
お読みになっている方はポカ~~~ンですよねウハハ(^^;ゞ(苦笑)

私が探している本は「メアリ・スチュアート」という本。
今公開中の映画「エリザベス・ゴールデンエイジ」を機に
フト思い出して読もうとしたら見当たらないんだなコレが...。(^^;ゞ

「メアリ・スチュアート」はエリザベスの従姉妹でスコットランド女王。
一見仲睦まじい間柄だが、美貌で自由奔放なメアリをエリザベスは羨み
才色兼備で血筋の正しいエリザベスに、メアリは密かな劣等感を抱く...。

20代の半ばで読んだ時は、メアリの側に魅力を感じたけれど
今読んだらどう思うだろう...と。

退廃と健全さは背中合わせ
自由奔放に生きるのも、堅実に生きるのも
同じ様に悩み苦しむのに変わりは無いんじゃないかな...。

キャンバスの上に人生を投げかけた芸術家の作品は
どちらの面が表に出るか出ないかで
その作家や作品の「印象」が違って見えただけなのかもなぁ...。

あ...頭がグチャンコになって来た...(^^;ゞ(苦笑)
取り留めないお話しを長々と...。

知恵熱が出ないウチに今夜はこれにて♪


キャンベルスープでお後が宜しいようで...?。(笑)
200802270008000.jpg


*アルフレッド・ウオーレスは、博物・動物地理学の研究していた方。
2008/02/26

不条理全開っ!?(苦笑)(「週刊石井竜也警報」)

こんばんは(o^o^o)

今日はも~う、これだけを楽しみに、仕事して来たようなもんですやね

「週刊石井竜也警報」「ミイラの憂欝第2話」o(^-^)o

すでに第2話にして風向きが怪しくなって来てますねぇ~!(^^;ゞ
現段階で主役と思しき「東門前(ひがしもんぜん)クン。」

「ひがしもんぜん」て言葉から、思わず「ふうぜんのともしび」

なんて言葉を連想したくなる厳しい風向き…。
(「ぜん」しか合ってないじゃん(^^;-笑-)

本当に人間て、本音とタテマエをすり替えるのが
巧みな生きものなんですね。(苦笑)

自分の身に面倒が降り掛かるのは嫌なクセに、
他人を嫉ましく思う三人三様な台詞が、奇妙な可笑しさで、
哀れを感じて溜め息が漏れてしまう…。

1、2と続けて読み直していてフト気付いた…
というか思い出したんですけど…。

以前、石井さんのオフィシャルサイトの書き込みで連載された
「アルバイト」って名の小説を思い出して「ゾゾッ」(@@;)(笑)

そのお話は、やはり人間の狂気の凄まじい恐怖感がありましたが…。

はてさて…東門前クンのこの後に立たされる状況は
どう展開して行くんでしょうね…?

ちょっと刺激的な展開を思い描いて
真夜中にドキドキしながら携帯を握る人妻であった…(笑)
2008/02/24

LIFE OF PENDULUM…LIFE IS WONDERFUL

先日お話したインターネット衛星「WINDS(きずな)」ですが

「WINDS」という名に相応しく?「春一番」の風に舞い上がるように
昨日の夕方17時55分、無事に打ち上げが成功したようですね♪。o(^-^)o

この週末は、息子の入学準備やらなにやらで、
いつもの土日よりも四倍くらい濃密な二日間。

一息ついて覗いた石井さんのオフィシャルサイトに、
石井さんからの嬉しい書き込みを発見して
疲れも吹き飛んじゃいました♪(o^o^o)

不思議ですよね…、新曲のお話、コンサートのお話、映画のお話…。

石井さんの言葉はいつも
素敵な夢を見せて下さる予感で、ワクワクさせてくれる…。

その一言一言をなぞりながら、私の瞳にはもう、
未だ見ぬ夢の世界の光景が映り始めてドキドキするんだ…。

日々些細なコトで、内心オタオタと揺れ動きながら
ようやく辿り着いた一日の終わりに

石井さんの歌や、石井さんの言葉や、
石井さんの紡ぐ夢の世界が待っていてくれる…。

来週はいよいよ「石井週一」の番組中に
初披露されるというアルバム「PENDULUM」をひっさげたコンサート…。

「石井週一」の中でお話されていた「一言も発さない独り芝居」のお話の

「一言も発さない」という演出の中には、
石井さんの歌い手としての「歌を大切にする」信念を感じてしまうんですね。(*^_^*)

最高の歌を聞かせてくださるために敢えて言葉を発さずに
喉を大切になさろうとしているんだろうな…なんて思ったり。

「相当凝っています」という被りモノってどんなだろう?
以前イタリアで買われてオフィシャルサイトの
ブログにも登場したアレかな~?とか

勝手な想像をめぐらせては独りニヤニヤ不気味にニヤケながら

「THE PENDULUM OF LIFE」の、夢の中から聞こえてくるような柔らかな音と声…

そして…静かに語り掛けてくるような
「歩いていこう…迷いはあるけれど…」
という歌の詞(ことば)の優しい響きに、心地よく揺れるシアワセ…。

「印象派夕景」のオーケストレーションが奏でる音は
一瞬にして張り詰めた神経の糸を緩めてくれる
魔法のように優しく耳を撫でてくれる…。

LIFE OF PENDULUM…LIFE IS WONDERFUL

揺れた後に分かる、ささやかな心豊かになれる喜び…。

あ…、緊張の糸が緩みすぎちゃってて
「石井週一」本編を書くのが未だだった…。(^o^;ゞ(苦笑)

明日の夜には待ち遠しい「週刊石井竜也警報」も更新だし♪(o^o^o)

コンサート会場のロビーから…どころか
すでにユーラユラな揺れ心地に包まれて

今夜はこのまま眠っちゃうかも知れません…お許しを~っ!(^o^;ゞ(苦笑)

おやすみなさいm(__)m
2008/02/24

イーシンチュウな飴♪

先日お知り合いに教えて頂いた雑誌に載っていた
とある宝物に触発され、ワクワクモードのスイッチが入った勢いで
お買物に出掛けた先で偶然見つけたコヤツ「ドラゴン梅」。

i.jpg



縄に行った時に食べたことあったぞ~!と懐かしくなりお買い上げ♪

前からこんな名前だったっけ?(・・?)
「ドラゴンボール」のイーシンチュウみたいだから後から名付けたのかなぁ…。
梅自体は「スッパイマン」の方が果肉厚くて美味しいけど
ベッコウアメが懐かしい甘さで美味しいなぁ♪(*^。^*)


なんかちょっとエッチな飴な気がするんですけど…なぜ?(^^;ゞ(苦笑)
200802240026000.jpg

2008/02/24

今夜はとっても「PENDULUM」♪(o^o^o)(プレ石井週一)

うひゃ~♪(o^o^o)うひょ~♪)^o^(うわぁ~い♪\(^O^)/

なんてこったい!な今夜の「石井週一」は
何んだかとっても「PENDULUM」な30分でしたん♪(o^o^o)

なんてったって3月12日発売のNEWシングル
「印象派夕景~GAバージョン~」チラッと初公開 !(笑)

いやいやでもね!チラっとでも、ラヂオから流れてきた瞬間に、
フッ…と耳を撫でるような柔らかで何処か切なげな旋律に、
すっかり心の奥底からサラワレテしまいました…はぁ。。。(*^^*)

聞きながら浮かんでくる水辺の夕景のイメージと
歌詞がフト聞こえてきそうな気がして耳を澄ましてみたりした自分。

「ああ、インストだったんだっけ…」って思っていたら
なんとアルバム「PENDULUM」の中では歌詞が載せられた
素敵な「印象派夕景」も聴けてしまうんだって♪

もう、もう、うひゃ~♪ですよね。(*^_^*)
さらに楽しみが増してしまう♪

~GAバージョン~ってコトは…ひょっとするとひょっとして
先週番組で仰っていた「ある企画」…の!?

イヤン♪これもワクワクですね~っ♪(o^o^o)

アートなお話も満載で、今夜のボス…
というより「石井竜也」のお喋りからは
謎めいた自信に満ちたニュアンスを、
タップリ含んだ魅力が発散しまくりの30分に
ゆったり満たされた心地でシアワセでした~♪。(*^_^*)
2008/02/23

音のソノリティ

もうどれぐらいになりますか...
偶然目にして(耳にして?)以来「あ~イイナァ~」と惹かれて
何気なく見てしまう番組に「音のソノリティ」というのがあります。

毎週土曜日の21:54~22:00 に
日本テレビ系でオンエアされているこの番組は
一つの音にこだわって「聴く」番組なんですね。

昔平家が源氏の追っ手を防ぐ為に作らせた吊り橋の音だったり
紙を作る原料になる植物の茎を水にさらして叩き付ける音だったり...

吊り橋の回なんて、
水の音や、不安定な橋を踏み締める音に混じって
悠久の時の流れの中から聴こえて来る、声の様なざわめきまで感じるし

植物を水に叩き付けている音も、手元で聞こえるパンパン裂ける様な音と
山間にパーンパーンと響く音の響きは全く違っていて面白いし

昔だったら、家にいてその山間に響く音を聴いて
「ああ今元気に仕事してるな」って思ってた人達が居たんだろうなぁ...
なんて想像まで掻き立てられる。

ナレーターを務めているのはアナウンサーの「延友陽子」さん

最近まで、ラジオの世界にもいらした延友さんの
色や匂い、肌触りまでどうすれば言葉で的確に伝えられるのか?
というお気持ちも、私にとっての魅力の一つなのかもしれませんねぇ。(*^^*)

朝の情報番組「スッキリ」でもお馴染みの延友さんですが
「音のソノリティ」の声から感じる魅力は
TVから感じる印象よりもとても素敵だなぁって思います。

私の場合、「声」は、他の何よりも、
その方の魅力を素直に伝えてくれ気がするので
「声」や話し方が素敵な方は、老若男女を問わず憧れてしまいますね。

番組タイトルの「ソノリティSonorite'」は
フランスの音楽用語で「共鳴」「音色」「音の響き具合」
という意味があるそうで、素敵ですよね♪

私もこの番組の世界に「共鳴」したから、
ややもすると見逃してしまいそうな番組に
偶然出会えたんだなぁ~って思っちゃいます♪(単純?―笑-)

番組ホームページで
魅力的なバックナンバーの数が聴けます!見られます♪o(^_^)o
TOPページもとっても素敵ですよ(^^)v

「音のソノリティ」
http://www.ntv.co.jp/oto/
2008/02/22

ピースは多い方がいい。PIECE of PIECE TOKYO~『レゴ』で作った世界遺産展PART-2~

今朝、偶然開催されている事を知って調べてみました

「~『レゴ』で作った世界遺産展~」

な、なんとギリ!(@@; 
ギリもギリの、来週の月曜日までの開催だそうでございます。
(ふにゃ~^^;ゞ)

「世界遺産」と言えば「石井竜也」という図式が
ガッチリと頭の中に組み込まれている上に、

プレステのゲーム「レゴ・スターウォーズ」での
細かいこだわりをもつた内容と、ユーモラスなアクションに
子供ならずとも興味をそそられ「レゴってすげぇ」と思っていたら...

この「世界遺産展」2003年に開催されて
好評を博しての2度目の開催ということらしいですね。

作品をチラっと拝見しましたが、あれを組み立てるビルダーの方の
アイデアと根気と体力とイマジネーションに
呆然となる程のスケールですよね。


売る上げの一部が寄付されると言うグッズですが
レゴ世界遺産の建物やモアイなどがプリントされたTシャツなどは
なかなか面白そうでしたよ。(^^

あと幾日もありませんが、「お財布に優しい世界遺産」(笑)
お給料日前の休日に、ご家族でいかがでしょうか?(なんちゃって)

場所は、石井さんの「Art Nude」の記念すべき第一回目が行われた
「渋谷パルコパート1」でございまして

ラヂオ「石井週一」でお馴染みの「TOKYO-FM」さんも
協力されておりますです、ハイ♪o(^_^)o

尚、3月からは名古屋パルコにて開催。
以降全国キャラバンとなる模様ですので

詳細はこちらを...
http://www.parco-art.com/web/factory/lego0802/index.php

会 場: 渋谷パルコ パート1
A会場 6F パルコファクトリー
B会場 B1F ロゴスギャラリー
期 間:
2008年2月1日(金)-2008年2月25日(月)

※会期中無休

10:00am - 9:00pm
※最終日は6:00pmにて終了
※A会場のみ入場は閉場30分前まで

入場料: A会場 一般300円・小学生100円・小学生未満無料
B会場 無料
お問合せ: 03-3477-5873(パルコファクトリー)

※入場料、グッズの売り上げの一部は、
日本ユネスコ協会連盟が行う世界遺産活動に寄付されます。
2008/02/22

揺れるブランコ

他の子供がワイワイ賑やかな時間に、
順番を待って乗るのがあまり好きじゃなかった私は

わざと、あまり人気が無い時間を見計らっては、
一人で思いのままにブランコを楽しんでいましたっけ…。

座面に座って漕いだり…、立ち漕ぎしたり…。

漕ぎ方を変えると、ガラッと視界が違って見えて、
なんだかモノスゴ~ク遠くの景色まで見えるような気がして…。

そのクセ、揺れるたびに身体の血の気が
スゥ~っと引くようなムズムズした奇妙な感覚と

「落っこちるかも…」って怖さでチョッピリ不安になりながら、
必死で高く高く漕いでみたりした。(意地っ張りな子供-笑-)

漕いで、漕いで、もうこれ以上漕げないっ!て限界まで高く漕いでも
眼に映る景色があんまり変わり無く見えて来ると急に退屈して

今度は「飛ぼう」とするんですよね、ブランコから。(笑)

高く高く漕いだ頂点で、手を離して飛んだら
弾みでもっと高くまで飛べるんじゃないかな?

なんてアホなコトを思いついて。(笑)

周りを囲ってる鉄柵にぶつかったら危ないし痛いから
「よし!目指すは柵越えだっ!!」

なんて決意を固めて意気込むんだけど。(笑)

でも実際は、高く漕げば漕ぐほど、
鎖から手を離して飛び出すのってムチャクチャ怖いんですよね。(^^;ゞ

「柵の向うに大好きなものがあるんだ」とか
「飛び越えてハツラツとした気分の自分」とか(笑)を
一生懸命にイメージして勇気を出そうとしてた。(笑)

ブランコに乗って振り子のように揺れるとき
思えば、私の頭や心の中にはいつも
沢山の「想い」が一緒に揺れていたんだ…。

「旅の途中で」のPVを見てフト甦ったブランコの思い出…。

そんな子供の頃の自分と、今の自分…
あんまり変わってないですねぇ、ちゃはは…。(^^;ゞ(笑)
2008/02/21

達磨のご縁?

先程見たテレビでのこと…。

日本に観光に来た外国の方に人気のある
「日本土産」を選ぶ会が催されたとかで

沢山の品を前に真剣に審査する外国の方に混じって
石井さんの顔魂展にはなむけの言葉を寄せてくださり、

図録の中でも石井さんと対談をして下さった
「吉村作治先生」も真剣な眼差しで審査のペンを走らせていました。(^^)v

「日本土産」の人気NO.1は、日本でも人気の「食品サンプル」。

この「食品サンプル」を作る作業「蝋」を使って作る
お料理のような工作のような…で面白そうですよね♪o(^-^)o、

で、その「お土産」の中に「再生紙」を使って作られたという
「エコだるま」というのがありまして…

「おおっ!吉村先生と達磨…ご縁があるんだなぁ…」
ってなんだかドキドキワクワクしながら見ておりました。(*^_^*)

「達磨」…
自分で、石井さんが「顔魂」にのめり込む気持ちが知りたくて
「顔魂」ならぬ「顔卵」を作ったときに感じたんですが

達磨に粘度をくっつける…って、モノスゴク躊躇しますね。

で、結局達磨じゃなくて、プラスティックの卵に貼りつけたんですけど
紙じゃないから滑って上手く付かないんです。

「ああやっぱり達磨だからイイんだなぁキット…」って思ったものの

どうにも、すでに美しく彩色されている達磨の上に
粘土を貼り重ねることが出来なかくて…。

あの売られている達磨には、彩色された職人さんの魂が
すでに塗り籠められているんですよねキット♪。(*^_^*)

真っ白い達磨に造るから意味があるんだなぁ…って

それだけはハッキリと感じるコトが出来た気がしたんですね。

ただの粘土いじりと同じ感覚では本物の達磨に顔を造るなんて
恐れ多くてとても出来るコトじゃないって、良く分かる気がします。

出来るなら一度本当の真っ白い達磨に真剣に向き合ってみたい…
下手クソなのは百も承知…。

でも、自分が心酔する人に手解きを享けて、
真剣に向き合う神聖な時間を共有できたら、
どれほどシアワセだろう…。

カオダマ塾…先日配信された「週刊石井竜也」そのままの
ワクワクする夢を抱かせてくれる素敵なお話に胸が苦しくなってしまう♪

未だお話を聞いただけだって言うのにね…(^^;ゞ (苦笑)

顔魂と石井さんと共に…。
もしも叶うなら、そんな素敵な関係の一時を体験したい…!

そこに居るのが石井さんだというコトすら忘れちゃうほど
夢中で向き合ってみたいな…。
2008/02/20

牛乳甘酒う~まいぞ♪)^o^( (笑)

20080220215404
三月の「ひなまつり」を前にして、スーパーなどで「甘酒」を
頻繁に見かけるようになりましたね♪。(o^o^o)

甘酒…、毎年初参りの参道で飲むのが格別♪なんですが(笑)

今年は何故か甘酒ぢゃなくていきなり
「梅サワー」でお清めをしてしまいまして…。(苦笑)
(スンゴク飲んべえみたいな言い草ですね、ワハハ(^^;ゞ)

そのせいか今頃になって「甘酒エンジン」が掛かっていて、
気が向くと「酒粕」を煮立てて
トロッとした甘味と、温かさを楽しんでいます。

普通に飲んでも美味しいんですが、
先日知った、美味しくてチョット変わった飲み方があるんですよ♪o(^-^)o

煮溶かした「甘酒」(もしくは液状の)1に対し、牛乳1の割合で温め

砂糖で好みの甘さに整えて出来上がり♪です。(^^)v
甘味は「はちみつ」でつけてもいいそうですよ。

牛乳の乳糖を甘酒が分解して、身体に優しく吸収されるし
安眠効果もあるんだとか…。

「甘酒」嫌いな小さな子にも、大きな子にも(笑)
とっても飲みやすくて美味しいんです。

ぜひお試しアレ♪(^_-)
2008/02/20

墓場からアンデスまで…

って言っても別に、宗教的儀式のお話しぢゃ~
ござ~ませんコトよ♪。(笑)

先日の土曜の夜、「石井週一」を聴き終えた後、
それは、それは、長~い旅に出たんですわ。(笑)

放送開始以来、録りだめていたアニメ「墓場鬼太郎」を一気見してから、

同じく1月の末近くから見られずに居た
「母をたずねて三千里」を見倒しちまった!…と言う...。(^^;ゞ(苦笑)

まぁ~!本当に総て見終えた時には
自分まで遥かな旅をした気分でした、ハイ。(笑)

「墓場鬼太郎」は面白いですねぇ~♪(*^_^*)
原作が描かれた頃の世相を全くいじらずに作っているからか

台詞回しの所々が文学的で、浪漫的で、面白いんですよ~♪(^^)v

好きな女性を恋い慕う鬼太郎の
「寝子さん、寝子さん…嗚呼、寝子さん亡き我が人生などありえん…」

な~んて台詞、今時の作品には有り得ないですもんねぇ~♪(*^_^*)

子供だてらに、イッパシに荒れて、夜の繁華街をウロついて
ナニをしでかすのか?と思いきや、道行く女の人の「スカートめくり」(笑)

幽霊族のただ独りの生き残りとして、
日頃人間に心開かずドライな鬼太郎の子供らしい一面...。
憎めない感じですよね。(*^_^*)

30分番組と思えないくらい中味の凝縮した厚い筋立て。
少し褪せた様な色彩の放つ無気味さのせいか
第1話なんて、画面を見ていて急に胸が苦しくなる
不思議な感覚に襲われた程の無気味さを感じた。

何よりかにより、鬼太郎だけでなく、ネズミ男のキャスティングが
オリジナルの「大塚周夫さん」なのが涙チョチョ切れの嬉しさなんだ♪
大塚さんのネズミ男のイヤらしさと妙な人情味は最高だと思うもん。

「しょこたん」演じた猫娘「寝子」はスゴク等身大な感じですよね。
「Snow tear's」も短い歌詞の中に壊れそうな叫びを感じて
それはそのまま「しょこたん」自身の歌への想いの様でもあり
純粋な「恋」の一途さとして心に届きますよね。(^^

「母をたずねて三千里」は大人になって改めてみても
子供の様に感動し興奮出来る美しい作品ですよね。

当時のイタリアの貧困などを描く際のこだわりの数々や、
人間を描くシビアな目線と温かさは
宮崎駿さんの演出ならではなんだな...て改めて感じる

マルコの旅を見ていると「アディオス」という
別れの言葉に込められた人間の想いの気高さや、
別れにつきものの沢山の未練を抱き締める万感を込めた言葉なんだ
そんなことを改めて感じました...。

鬼太郎の世界も、マルコの世界も...
国や社会が貧しい時代の子供達は、皆一応に大人びて
冷めた目線で回りを見ていたり、ものすごい背伸びをしていたり...

大人への成長を促される環境は、
子供にとって、他人や自分の痛みを知ったり、
思いやりを覚えたり...と悪い事ばかりでは無いとは思うけれど...

大人や社会の醜さだけでなく「母をたずねて三千里」での旅のように
本当に困難な時には、その過酷さを支える人情が
子供達の側にあって欲しいな...とフト現実を顧みて思った
日曜の遅い朝でありました。

いやいやしかし、寝不足には更なる拍車がかかりましたが
なんだかモノスゴイ充実した感覚で気分スッキリでしたよ。(^^)v
2008/02/19

「PENDULUM」の誘惑は手強いぞ~♪(笑)

なりましたねぇ~一気に「PENDULUM」モードに♪(o^o^o)

ナニがってアレですよアレ!石井さんのオフィシャルサイトが
今までの顔魂モードから、お待ちかねの
「PENDULUM」モードにチェェ~ンジ!(^O^)/

石井さんのジャケットの質感や色合いがとっても艶めかしい…。

なんというか…皮膚を剥がされた痛々しい紅い膚のように見えてしまう。

首から下げていらっしゃるのはなんだろう?
あれが「WINDULUM」なのかな?それともまた
これから始まるコンサートツアーや、アルバムに関わる
仕掛けられたヒント?なんて想像が膨らむ膨らむ♪(*^。^*)

そんな石井さんの素敵さはモチロンなんだけど、
私の眼は、横顔の美しい男が佇む後ろに吊られたオブジェに釘づけだ…。

振り子…なんだろうけれど、見ようによってはHeart(心臓)の形の様にも思えるし、
なんだかエロティックに感じて仕方ない…。

振り子が規則正しく振れる音が、
心臓の鼓動のように感じたりするせいかな…?

心の揺れと、振り子の振れ…エロティックなオブジェに
プロモーションビデオのチラ見せ。(笑)

まぁ~仕掛けてくださいます、盛り上げてくださいます♪(o^o^o)(笑)

さ、さ、こちらも念には念を入れて参らねば!(笑)
せっかくの一時…思い切り楽しみたいですもんね♪(^_-)
2008/02/19

本当にあったら好いのにな♪な…(219付け週刊石井竜也警報)

んふっふっふ♪ナニやら始まりましたね~♪)^o^(

待ってましたよ!「週刊石井竜也警報」♪\(^O^)/

あ~っ!堪んないっ!原作とはいえ、ちゃんと脚本形式ぢゃあ~りませんか♪(o^o^o)

イントロ書きからワクワクですわ♪

不条理劇しかもミイラ…おりもおり「顔魂展」の後だけに
登場人物の一人の顔がどうしても
吉村作治先生のお顔を想像して読んでしまう(^^;ゞ(苦笑)

しかし、相変わらず石井さんのキャラクターの「苗字」って独特ですよね。

普通にありそうな無さそうな…一度で記憶に引っ掛かる
忘れられない苗字を持ってくるってスゴイナァって
事ある毎に感じますよね~♪(o^o^o

続きを読む

2008/02/18

どうしてるかなぁ…顔魂たち(o^o^o)

昨日、大勢のお客さまで、賑わいのウチに最終日を迎えただろう
「TATUYA ISHII EXHIBITION 2008顔魂展」。

昨夜は、暫くお出掛けしていた顔魂たちを
アトリエに連れて帰ったり、お手入れしてあげたり...で
またまたお忙しかったんでしょうね~石井さん。(*^^*)

戻って来た顔魂たちで、また賑やかになったアトリエで
石井さんは顔魂たちからどんな「お土産話」を聞かせてもらったのかなぁ...。

「顔魂展」...今迄拝見した石井さんの展覧会の中でも
石井さんのアーティストとしての充実感や満足感、
高揚感といった「高いエネルギー」をヒシヒシと感じた
生命(いのち)と、パワーに溢れた素晴らしい空間で...
改めて「石井竜也」の創り上げる世界観が大好きだなぁ...って、
深く、深く惚れ込んでしまいました♪。(*^^*)

石井さんが未来に仕掛けた壮大なイタズラの
現場に立ち会えてワクワクドキドキ楽しくて仕方なかった...。
静かに佇む「顔魂」たちとの触れ合いが伝えてくれたこと、
垣間見せてくれた沢山の世界…。

今回の顔魂展は、石井さんが創り上げた時間や空間を超えた世界への
一期一会を限りの、忘れられない「旅」の様だった気がします。

いつかまた同じ顔に出会えるかどうかは分からない…
でもまた、次に出会える時にはどんな顔魂達が待っていて、
何を伝えてくれるのか…待ち遠しくて仕方ないんです。(*^_^*)

沢山の時間と、様々な趣向を凝らして
「顔魂」たちとの楽しくて素敵な出会いの場を作ってくださった石井さん

そして自由気ままなアトリエを連れ出されて、
長い時間会場でオスマシしていた顔魂たちも

遊んでくれてありがとう♪そしてお疲れさまでした。(*^_^*)(笑)

今回みたいな展覧会だけでなく、また石井さんの
コンサート会場などでも、
その時々…「旬」な顔魂たちと会わせていただけたら嬉しいな♪

なんて願いつつ…お家に帰った「顔魂」達に代わって、
今度はコンサートで石井さんと遊んでいただく番ですよン♪(^^)v

さ、さ…「PENDULUM」!「PENDULUM」♪(o^o^o)(笑)
2008/02/17

イイ湯だな♪この湯のHEAVENで潜望鏡を立てろ!?...の巻(2/16付け・石井週一)

付き合って三年になるね...
チョコレートありがとう毎年嬉しいな...
後で食べるからバッグにしまっとくね...

(バッグの中のチョコを見つけられて)
こ...これは違う!自分で買ったの!自分で!!
「ば..バレんたいん?!」

バレちゃいかんでしょう?バレちゃぁ!(^^;ゞ(苦笑)
「バレン他淫(もしくは多淫?-笑-)」なんですから♪...ねぇ?(笑)

タイトルは「石井週一!!」と
2日遅れのバレンタインネタでおっぱじまりました今夜の「石井週一」

「好きですバレンタイン」(笑)
「あ~っ!今日もやっちゃまった!桑田さんスミマセン...」と
何故か桑田さんに謝っちゃう、腰の低~い我らがボス。(笑)

今夜も「優しい夜遊び」の後は「石井竜也」とハードなパッションナイト!!
「石井週一」ボスの「石井竜也」でぇ~す!と始業のご挨拶。

バレンタイン明けの週末と言う事で
みなさん贈ったんですか?誰かに?(ボスは貰ったですか?-笑-)

女性の場合自分からアプローチするってプライドが許せないトコが
あったりするかも知れないし、
こういう堂々と告白出来る日がある事は良い事ですよね

寒い中、有名なチョコのお店に並んでいるのを見ると
女の人は健気だなぁと思います、とボス。

そんなバレンタインデートに相応しいのが
僕の「顔魂」~TATUYA ISHII EXHIBITION ~。
 
六本木ヒルズにある森タワー52階の
「森ア-ツセンターギャラリー」にて公開されています。

なんですか!?このオソロシイこじつけは?(笑)
と言う言葉が聴こえてくる様ですけど(いえいえ..とんでもない^^;-笑-)
「顔魂」いいですよぉ~チョコ食べながら...
多分止められると思いますけど...笑うボス。(笑)(そりゃそーだ^^;ゞ)

ボディタッチ出来るものもあるし
流れてくる音が自然音...環境音楽様だったりと凝っていますので
「信じるものは救われる」ということで「顔魂」是非行ってみて下さい。
絶対、一生忘れられない様なインパクトがあると思います。

ということで今夜のオープニングナンバーは
3月12日発売の「石井竜也」のNEWシングル「旅の途中で」...
という曲紹介で

♪√「旅の途中で」/石井竜也

続きを読む

2008/02/16

明日は天使の囁きの日♪

なんだそうでございますよ♪(^^)v

「天使の囁き」というのは空気中の水蒸気が凍って出来る
「ダイヤモンドダスト」のことなんだそうでして。

「天使の囁きを聴く会」によって制定された日。

「天使の囁きを聴く会」というのは、

昭和52年の2月17日に、北海道雨竜郡幌加内町母子里で
戦後の国内最低気温マイナス41.2℃を記録した事を記念して
地域の若者によって20年間続けて来られたイベントなんだそうな...。

ダイヤモンドダストのキラキラと舞う音が「天使の囁き」...

石井さんのALBUM「羽」にも
「天使のササヤキ」が収録されてますよね♪(*^^*)

この曲、2003年の石井さんのコンサートツアー「羽音」の
仙台公演の時に、宿泊していたホテルで夜中に独り聴いて居た時に

フッ...と、それまで聞き取れなかったフレーズに気が付いて
ドッ...と涙が溢れてとまらなかった...
という、メチャメチャ思い入れの深~い、特別な曲のひとつなもので

その曲と同じ名前の記念日が在るって、それだけでナンカ嬉しいのに
ダイヤモンドダストの輝きの音...なんてスゴ~~~ク素敵ですよね♪(*^^*)

「天使の囁き」といえば、同名のオルゴールアルバムがあるのを御存じですか?
「EMIミュージック・ジャパン」から発売されているCDで
その中に「ビートルズ」の曲を集めたものもあるんですよね。(^w^)

「天使の囁きVol.2」に収録されてる

「With a Little Help from my friend」や「PS. I LOVE YOU」
「ペニー・レイン」「ハ二ー・パイ」なんかは
オルゴールになるとどんななんだろうなぁ~♪と思っちゃう。(*^^*)

「PS. I LOVE YOU」...昔好きだった年上の男の子が「好きな曲」
と聞き齧り(笑)どんな曲か知りたくて一生懸命聴いたっけ...。

なんてお話はさておいて...(^^

久々に、お天気に恵まれた土曜日の今日。
明日の日曜日も、寒さは厳しいとは言え、
お天気には恵まれそうで...しかも「大安」!(笑)

石井さんの「顔魂展」の最終日がお天気に恵まれて、何よりですよね。(^^

自作の「KOUBOUくん」を突っ突いて遊んだり
「顔魂展」の図録を眺めたりしながら、いつのまにやら最終日...。

今日は出先の公園で見かけた「石」が、
なんだか「顔魂」に見えて来ちゃった...ウ~ン末期ダ(^^;ゞ。(苦笑)

200802161344000.jpg


「顔魂展」の顔魂たち...展覧会が終わったら
会えなくなっちゃうなんて...なんだか寂しいですね...。
いつまでも彼処にいて欲しい...そんな風に思ってしまいます。

番外編(笑)
これは息子の卒業制作に取り付ける予定のオルゴール。
死ぬ程好きな「スターウオーズ」のテーマ曲なんですが
持ち帰って来たときの嬉しそうな顔ったら...。
「血は争えないなぁ」と我ながら笑ってしまいました♪(*^^*;ゞ




さ!今夜は「石井週一」だ~!それまでもうひと頑張り!うっしゃo(^_^)o
2008/02/15

ちょっと残念…ちょっと焦れったい♪)^o^(

今日、2月15日に打ち上げ予定だったインターネット衛星「WINDS」愛称(きずな)。

システムに不適合な箇所が見つかったとかで延期になっちゃいましたね~。

「WINDS」という名前から、大好きな石井さんのオブジェ
「WINDS OF MUSE」を勝手に結び付けていたワタシ♪。(笑)

しかも愛称が(きずな)だなんてなんて素敵なのォ~♪)^o^(

と一人盛り上がっていたのでチョッピリ残念だなぁ~。

新しい打ち上げ予定は、改めて発表になるそうですが、
私はこの盛り上がりに乗じて?(笑)石井さんのお待ち兼ねのNEW ALBUM
「PENDULUM」を予約しちゃいました~♪)^o^(

CD特典のペンダント「WINDULUM」のネーミングにぴったりな日♪
なんつってご満悦な月ちゃんなのであった♪(^^)v

「PENDULUM」…早く聴きたい…、隅々まで味合わせて欲しいなぁ…。

先日「石井週一」で聴いた「旅の途中で」と「THE LIFE OF PENDULUM」…

もちろん繰り返し聴いているのもそうなんですが、

特に「旅の途中で」の

強い陽射しが作り出す、高く蒼い空と黒い大地のコントラストの中を、
影のように足早に突き進んでいく背の高い旅人の情景が

パン!と目の前に広がるような、空気の広がりを感じる音と
解き放たれるようなボーカルが強烈で...

もうすっかり覚えてしまった…♪。(*^_^*)

少しずつ、焦らすように明かされていく「PENDULUM」の
なんと謎めいて魅力なことだろう…?うひゃひゃ♪(o^o^o)(笑)

先日「PENDULUM完成!」を伝えてくださった石井さん…。
「オアズケ」になさったままのツアーのお話も、
ソロソロ教えてくださると嬉しいなぁ~♪)^o^(

ん…ちょっと焦れった~い♪(笑)

2008/02/14

甘く仲良く 寒波を完破?(笑)

日本列島にも大規模な寒波が訪れているそうで
今朝も、庭の花壇に「霜」が降りていて、

まるでパウダーシュガーをまぶした
巨大なチョコレートケーキみたいに見えた朝でした。(笑)

チョコケーキといえば夕べお話しした
美味しいヤツはコレコレ♪(*^^*)

20080214190805


お店の名前は「Breden-Berden」。
チェリーツリー近辺の小さなお店なんで
探険してみて下さいな♪o(^0^)o

しかしまぁ...今日はホントにバレンタインなんですねぇ~(^^;ゞ

今朝、いつものように営業所を出て、
とある交差点まで重たい台車をガラガラしながら差し掛かった時

フト目の前を見ると、歩道でKissをしてる男の子と女の子。
背の高い男の子が、腰を屈めて女の子の唇にKissしてる感じ...。

いいなぁ~!この寒い歩道で盛り上がってんなぁ~!
ちぇ~っ!てなモンですよね。(笑)(^^;

思わず「赤い彗星」...もとい「赤い台車」で
「ハイハイハイごめんなさいよ、アタッ~ク!」してやろうかしらん?!
てくらいに、二人の世界を構築してる甘い甘~い光景でした。(*^^*)

(まるで「よこはみ」の説教爺さんな気分?-笑-)

こちらは実家の父に贈った焼酎。

お店で見た瞬間、自分の旧姓が目に飛び込んで来て「おっ!」(笑)
実家の父もこういう「身びいき」大好きなので(笑)
一も二もなくお買い上げ~♪となりました。(^^)

なんでも大河ドラマの「篤姫」で人気が出て来ている
幕末の宰相のお名前なんだとか。
坂本竜馬とともに「薩長同盟」を成立させ
明治政府誕生に貢献した方...と説明が添えてありました。

「坂本竜馬」は地元に妻の「おりょうさん」のお墓があり
日本で初めて「新婚旅行」をした仲良しな二人。

私が嫁いでから、近頃は二人で仲良く晩酌するのが日課な両親。
「仲良く飲んでね」と、
おつまみ代わりのチョコとともに、仕事帰りに届けて来ました。(^^)

20080214190319

2008/02/14

想いでの花

みなさ~ん♪チョコくってますか~?(笑)

私は職場近くのお気に入りの店の
厚さ5ミリはあるんじゃかいか?という生チョコが層になった
甘い、あま~いケーキをデザートに食べて
シアワセ、シアワセな真夜中でございます♪(o^o^o)
シアワセ気分で、こんなお話をしてもいいですか…?(*^_^*)

今から4年ほど前、奇跡的な幸運の導きで
憧れの方を囲んで、親しくお話させて頂く機会に
恵まれたことがありました。

続きを読む

2008/02/12

すんごい企画!「週刊石井竜也警報」

うひゃ~♪)^o^(す、すごぉ~い♪(o^o^o)

もう御覧になりましたか?今週の「週刊石井竜也警報」!!

石井さん!なんて太っ腹なんでしょう?
いいんですか!?そんなモノを惜し気もなく
公開して頂いちゃったり、しちゃったりなんかして…♪)^o^(

いゃ~ん♪来週から益々更新が楽しみですぅ~♪)^o^(

あうっ…更新が週1って解っていても日参しちゃいそうだ…(^^;ゞ(苦笑)
2008/02/12

イタズラの行方

昨日から、千葉県を震源とした地震で
我が家も時折ガタガタと揺れておりまして...

そのせいか妙に暖かな日中、家事がはかどったのを良い事に
夕飯後、お遊びに精を出しておった月ちゃん。

で、お遊びとはこちら...粘土コネコネ。

昨年の11月の始め頃、石井さんが夢中になっている顔魂造りの感覚を
自分もチョットだけでも味わえたらなぁ...と思い立ち

こんな形を作って、下地の色を何色か塗るまでは
面白い様に進んだんですが
その後パッタリ色が塗れなくなっちゃいまして...。

「サロメ」の「ヨカナ-ンの首」よろしく、
パソコンデスクの上に並び、時々突っ突いて遊んだりしながら
年を越してしまいました、トホホ(^^;ゞ

で、今日また、何気なく座ったパソコンの前で
目線があったこの子が「あのさぁ~、いい加減色塗ってよ~」
と訴えて参りまして...。(笑)

「そういやそうだ、顔魂展も観たし♪石井さんのPENDULUMも完成したしね♪」

と、言う訳でやり始めましたら止まらず...(^^;ゞ(苦笑)
あんなに遊ばせといたのがウソみたいに

「なんとか出来たもん♪」という...。(笑)
我ながら、気が長いんだか「せっかち」なんだか...ねぇ?(^^;ゞ

長い長い気まぐれなお遊びの行方...
ご興味をお持ち頂けましたら続きをご覧下さいませm(__)m

なんせ「垂れ流し」出来る様な代物ぢゃございませんので、オホホホホ(^^;ゞ
(ぢや~載せるな!なんてカタイコトおっしゃらず...♪)

20071104185104.jpg


続きを読む

2008/02/10

水の星~鉄の星「近代製鉄150周年記念事業」で石井竜也が広報大使に!

昨夜の「石井週一」でも、石井さん自ら伝えてくれた
「近代製鉄150周年記念事業」の広報大使に任命されて
先日お披露目になったイメージキャラクター「AIRA」ちゃん。

ドロドロに溶けた「鉄」の燃える色合いのグラデ-ション
をイメージしてデザインされたという彼女。

オレンジ色の民族衣装で手に鉄の玉を持ち...。
「玉」にハマっているという石井さんらしいなぁ...
なんて変なトコに感心すると同時に
本当に可愛いキャラクターだなぁ...と
一目で大好きになっちゃいますよね。(^^)
「AIRA」ちゃんのアは愛らしいのア
でもあるのかもしれないなぁ...なんて思っちゃう(^^)

「アイアン(鉄)」から名付けたということですが
「あいら」って名前に漢字を宛てると
「愛」って字が使われてる事が多いみたいですね。

その中でも「愛螺」って言う字が好きです。(^^)
「愛」に「螺旋」の「螺」。
「愛の螺旋」てなんだか素敵な気がする...。
(おっとっと断線、脱線...^^;ゞ)

昨年の「石井週一」の中でも度々「鉄鋼業界」を
舞台にしたドラマ「華麗なる一族」の話題が
頻繁に取り上げられたりしてたのはコレだったのか!と。(笑)

今回のイベントのテーマ「鉄の星」って聞いて
思わず石井さんの監督作品「ACRI」の中の曲
「水の星」を思い浮かべちゃいますよね。

海にもミネラル(鉄分)は関係ありますし、なにかこれもご縁なのかな?
って鉄ちがいだっつーの!(笑)

続きを読む

2008/02/10

「ゆ~きやコンコ♪顔魂来んコ♪旅の途中で溶けちゃうのは誰のせい?...の巻」(2/9付け・石井週一)

見事に「雪」の予報が適中した三連休の始まり...

今夜の「石井週一」も、
東京に雪が降るのは大変な事で、「雪下手」な街ですね、東京は...。
と「雪」の話題からスタートです。

怪我をされた方々、お気の毒ですが
(ええ、ええ痛いですよコケますとね^^;ゞ-苦笑-)

バッ!と倒れた瞬間は、皆に見られたりしてバツが悪いですね、
で、慌てて立ち上がって、また別な所を怪我したり...。
(と仰りつつ、ボス...なんか、楽しんでません?この話題 ^^;ゞ)

雪は本当に気をつけて下さい...、
これが本当の「雪辱」ってヤツですから(笑)
(う~ん...そう来たか...上手い!気がする...悔しいけど♪-笑-)

タイトルは「石井週一!!!」

♪√オープニングテーマ
ALBUM「NYLON KING」~「恋地獄神頼」/石井竜也

(「雪辱」が)寒かったですか?今日は?
自分で言ってても寒かったですとボス。

すいません桑田さん「優しい夜遊び」の後にダジャレ言っちゃいました
「お疲れ様でした」(いろいろな意味で...ですか?-笑ー)

桑田さんの後は私「石井竜也」とHOTなHOTな夜遊び
ボスの「石井竜也で~っす」という始業のご挨拶に続き

相変わらず働き者な私ですが、
みなさんもう、「行って」「見て」「出会って」頂けたでしょうか?

「顔魂」というEXHIBITION TATUYA ISHII 展覧会
六本木ヒルズにある森タワー52階の「森ア-ツセンターギャラリー」にて
公開されている「顔魂」

200802031543000.jpg


「これね、すごいですよ~」なんてこういう「喋り」方だから
「大した事無いんだろうな」と思われちゃうけど
「大したことあるんだよぉ~!え!?どういうことなのよ!?」

と、ラジオから伝え切れないもどかしさを感じるボスのお言葉。(*^^*)

な~んて言いながら、是非俺の「シリ・アス」な
「シリ・アス」な部分を見て頂きたい!
桑田さん言ってやって下さい!「石井は大したモンだ」と
あなたが言って下されば皆さん信用しますから...!お願いします!。
(そ...そんなモンなんでしょうか?そうでしょうか~?-笑-)

ということで僕の「シリ・アス」な所のニオイを嗅いで頂きたい
ということで(ボス...そこらへんもご趣味の一環ですか?^^;ゞ-笑-)

今夜のオープニングナンバーはちょっと「シリ・アス」(笑)

♪√ALBUM「GUY」より「DAMAGE」/石井竜也

続きを読む

2008/02/09

わたしゃモスキートか!?(^^;ゞ

人によって、聞いただけでゾゾゾ...っと鳥肌が立つ
不快で不愉快な音って色々ありますよね。

黒板にチョークで線を引く音、アルミホイルが擦れる音
買い物でもらうビニル袋がガサガサ言う音、
フライパンをコソゲル音、素焼きの皿が擦れる音...etc。
(書いてるだけでイヤかも.. -笑-)


私なんかは「虫の羽音」なんかもゾゾッとして苦手...。
無意識に「刺される!」って本能が働いて警戒しちゃう。

「虫」で刺されると言えば「蚊」や「蜂」

巣の駆除とかもした事があるけれど、
幸い「蜂」に刺された事は一度も無い..
でも「怖い」。(笑)

それよりも不快なのは「蚊」。

毎年刺された所が巨大に腫れて痒くてカユクテ
世中に目が覚めてしまう事もしばしば...。

あの「蚊」の「ぷぅぅぅ~~~~ん」という音は犯罪だね(笑)
一瞬身の危険を感じる程の不快感を感じるモン..。(^^;ゞ

その「蚊」。

昔、昔...今から10年位前に発売されていた
「超音波で蚊を寄せつけない」という
「虫除け」があったのを覚えていますか?

実際の効果があったのか?なかったのか?
最近はスッカリお目に掛からなくなっちゃいましたけど

実は私、あの「虫除け」から発する音も苦手なんです。

と、人に言うと「あれは人間には聞こえない音なんだよ」
と一笑にふされ「なんかの思い違いなんじゃ無い?」
と言われたりするんですが

確かに聞こえるんですよぉ~!

あの小さな機械から聞こえるとは思えない
ものすごく大きな音量の「キーーーーン」という
高い金属音の様な、耳に突き刺さる音が!。

で、その「虫除け」を携帯している友人に
「ねえ、ねえ、悪いけど一度スイッチ切ってみてくれない?」
と止めてもらうと、たちまちその不快な音が消えて
頭の痛みが楽になった...という経験が何度もあったんですね。

私は「なんだ人間にも聞こえるんじゃん」と思って
別段それが「変」だと思ってなかったんですが

これって「変」なんですか?(^^;ゞ

私って、実は人間じゃ無くて「蚊」だったんでしょうか?(笑)

「私もあの音聞こえるよ」という方、いらしたらご一報下さい。(笑)

「虫除け」はともかくとして、近頃の家電などからも
時々この「虫除け」の不快な音に近い音を感じる事があります。

ゲーム機のデーターが読み込まれる際の音なんかは
「これ大丈夫なの?」と心配になる様な時がある...。

作り手も、受け手も気が付かないうちに、
私達は「不快にさせられる音」に取り巻かれて

日々、イライラ感を募らせているような事も、
沢山あるのかも知れない...なんて思うと

「蚊」に刺されること以上に、ゾッとしちゃいますよね...。(^^;

日常のそういう「不快感」に敏感になってみるのも
大事なのかもしれないですよね、人間の本能なんだもん。
2008/02/09

一瞬の壁にも好きな魂?(「顔魂展」)

こんばんは~!まだ0時前だっつーのにチョイとオネムな月ちゃん。
さすがに2~3日まともに寝てないとワインの回りが早いですね(^^;ゞ(苦笑)

しかしまだまだ!今日は花の金曜日っ!(化石的な単語^^;-笑-)

明日の「石井週一」では、3月12日発売のNEWシングル「旅の途中で」
がお待ちかねの初解禁~♪ヤッホ~!\(^0^)/
な、NEWSも飛び込んで来たんですモン!

寝てるのが勿体ないっしょ♪ね?o(^_^)o

さて...ここ何週間か週末の度に「雪」の予報。
明日もやはり「雪」模様とか...?

私の気のせいか?なんだか「顔魂展」と雪が、
とても関わりが深い気がして来る今日この頃...。(笑)
(そう言えばGROUND ANGELも雪と縁がありますね^^)

先週自分が「顔魂展」に向かうときも、
徐々に降り積もって、白い世界に変わって行く雪を見ながら

例えばもし、今日、石井さんが「顔魂展」へ行く人達に向けて
なにかメッセージを下さるとしたら

歩くロマンティック(笑)な石井さんの事だからきっと

「今日、顔魂達の待つ、イノセントな心の異空間を訪れてくれる皆さんに
とびきりイノセントで、いつもと違う特別な六本木の風景をご用意してみました」

...かなんかサラッと呟いて、Knock out しちゃうんだろうなぁ~♪
なんて、都合の良い妄想をひとり思い浮べながら
「ヌハハ...さっびぃ~!」と、デカイ独り言を呟きつつ
デートの準備に余念がなかった月ちゃん。(お得な脳細胞である^^;)

でも本当に、自分のその妄想通り、雪の舞う六本木ヒルズは
澄んだ空気の気持ち良い、素敵な佇まいでしたっけ...。

「顔魂展」楽しかったですねぇ...。
帰って来てからズッと、毎日図録を眺めては思い出しているせいか
まるで昨日の事の様にアレコレ覚えています。

よくある美術展のように、鯱張って他所行きな顔で見る展覧会とは違い
私達が大好きな「石井竜也」という人が生み出した作品と
触れ合い、遊べる楽しさを共有出来る空間...。

石井さんご自身が仰ってた様に、私達が「顔魂」を見るだけで無く
「顔魂」たちも訪れる私達をソッと伺って面白がっているし、

訪れた私達も、他の人が「顔魂」を楽しんでいる様子を
無意識に眺めているような...そんな空間。

「顔魂」から発散する「気」と、訪れた人たちの「気」が入り交じって
静かなのに大勢の人がざわめいている様な、
賑やかで不思議な熱気が漂っているんです。

展示されている「触れる顔魂」を通して生まれるコミニュケーションも含めて
一人一人、思い思いに作品を楽しんではいても
決して孤独な感じがしない...こんな感覚は初めてでした。

なんとなく作品を眺めるだけで無く、
自分が「石井竜也」になった気分で会場や顔魂たちを眺めてみると
また違った楽しさが味わえてとても面白い。

先日までの私と同様「石井竜也」が欠乏してるな..というかた
この週末の三連休...お時間とご都合が許すなら

ぜひぜひ六本木ヒルズ「森ア―ツセンターギャラリー」で
会場や、作品達の間に見えかくれする「石井竜也」を
発掘しにお出かけになってみて下さいね。

仕事中出会った「壁」を見てお気に入りの顔魂を思い出し
チョイとイタズラ...「顔魂」ならぬ「壁魂」(ちょっと違うか?^^;ゞ)
けっして「ぬりかべ」ぢゃござーません!(笑)





2008/02/08

共感がくれる安心感(「いいはなシーサー」)

おはようございます♪

昨日の入学説明会に引続き、今日は「卒業遠足」の息子。

夕方帰るとスグに、リュックに荷物を詰め込み
今朝は起こさないウチから布団の中でモソモソしてたらしく
少し眠そうな目をこすりながら出掛けて行きました。

昨夜の「いいはなシーサー」を拝見した後、

長ったらしい「顔魂展」の感想を
気の済むまで書き上げてようやく一心地...。(*^^*)(笑)

昨夜の石井さん可愛かったですね~♪(^w^)

男の人に可愛い...なんちゅーと「ふざけんな」なんて
張っ倒されちゃいそうですが、(^^;ゞ(えへへ)

ああいう石井さんはとっても好き♪(o^o^o)

続きを読む

2008/02/07

ホントにあったオバカな話(笑)

こんばんは~!本当に小雪舞う寒い一日でしたね...(^^;ゞ

指先が痛くなる様な寒さ...
思わず見上げた空から、白い雪が舞い落ちて来て、
フト、先日の雪の日の顔魂展を思い出してボンヤリ...。

そんな風にボンヤリしていた名残りなのか?
はたまた夕方携帯に届いた、週に一度のお待ちかね
メルマガ「週間石井竜也」の顔魂のお話を読みながら
夕飯の支度をしていたせいか?

お鍋の中で良い匂いを漂わせて来た「肉じゃが」を味見して
居間で「お腹ヘッタ~」と待ち兼ねている息子に
「肉じゃが美味しいよぉ~!」と言うハズが
なぜか「顔魂美味しいよぉ~!」と口走ってしまい我ながら絶句...。(^^;ゞ

余りの突拍子無さに呆れて、自分で大ウケして笑っている私に
「おいおい...呆れるぜ^^;ゞ」と苦笑いする息子。

顔魂...カニ玉や、カキ玉じゃあるまいし...ねぇ!?(^^;ゞ(苦笑)
でもさ、でもさ...もし顔魂が食べられたら、どんな味がすると思う?

と、ここまで読んで「ウソばっか~!」と思ったソコのあなた!
ふっふっふ...甘い!甘いな!こ~ゆ~オバカをナチュラルにかましてしまう
そこがスットコドッコイ姫の異名を持つ由縁なのだよ!
ワ~ッハッハッハッハ!!!(ホントにオバカ^^;ゞ)(笑)

メルマガ...といえば、今回は珍しく石井さんの「夢」のお話!
「おおっ!ふむふむ..それで?」なんて引き込まれた所で「つづく」...。
ったくも~っ♪流石は石井さん!
憎たらしいくらいに「気を持たせ上手♪」ですよね。(笑)
(そういや流石という字も流れ石と書きますね~。^^v)

次回...楽しみにしてますよ~♪(^0^)/(笑)

そういえば...石井さんのオフィシャルサイトのSTAFFさんのブログに
「顔魂展」会場のある「森アーツセンタービル」3Fにある
ミュージアムショップの事が取り上げられていましたが

実は私もそちらに立ち寄って、
新色の「TONE携帯ストラップ」拝見して来ました。
「アンティーク」と題されたそれは
ヴィンテ―ジ感のある渋い色合いの革で、
男の子のジーンズに似合いそうで素敵でしたよ♪

で、私はそのショップで、長年買いそびれていた念願の品
「DORAGASIA TOUR」のグッズだったカップ&ソーサー
「黒衣」をようやく手に入れて至福の心地に浸っております♪

最初「雪だし、滑って割ったら悲しいしな...」なんて迷ったんですが
買って良かった!買えて良かった♪o(^0^)o
これが...、こうやって二つ並べる事が念願だったんです。

200802061911000.jpg



私の中ではね..、白は「空へのオマージュ」
黒は「レジェンドオブナイトスカイ」のイメージなんですね。

だから、この二つは絶対に揃えて並べたかったの♪
いそいそとコーヒーを注いで嬉しさを満喫いたしました♪(^^v

明日はいよいよ「いいはなシーサー」ですね♪(^^)v
ご一緒されるもう一人のゲストの方は「MEGUMI」さん。
我が家ではとある深夜番組での彼女のファンでございまして...(笑)

「いいはなシーサー」を楽しみに、
明日のドキドキする入学説明会に臨んで来ます!
あ~っ!ただの説明会だってのに、緊張する~~~っ!(>_<)

もう一度寝る前に、
先日の石井さんの「PENDULUM」の解説を読み返して寝よう...。
「I LOVE YOUR WAY」Such you love it...♪。

おやすみなさ~い♪(*^^*)