2008/01/31

「TATUYA ISHII EXHIBTION2008顔魂~KAODAMA~」初日!

いよいよですねぇ...
「TATUYA ISHII EXHIBTION2008顔魂~KAODAMA~」。

初日を前に届いたメルマガには「準備万端!」とのお言葉がありましたが
今頃、石井さんは何をされているのかなぁ...。

最後の会場チェックに余念がないのだろうか...。
それとも、また新たな顔魂と向き合っていらっしゃるのかな...。

初日にお出かけの皆様、リラックスしてご覧になっていらしてくださいね♪
なにせすべてで83体もの顔魂たちとのご対面なんですもの...ね(^_-)(笑)

そんな折、こちらもお待ちかねの「会報」が届きました♪o(^_^)o

「顔魂」を創られる石井さんの姿を切り取った写真...躍動感あるその様子...
なにより「顔魂目線」な石井さんのお顔が拝見出来て
なんとも言えない、鳥肌がたつような心地でその隅々までを眺めています。

楽しみにしていた図録や、宮角孝雄さんのカメラが肉迫する
「顔魂」のART BOOKに、清水の舞台の上で小躍りしながら
「どっこらへんに飛び下りよっかなぁ~?」と右往左往(笑)

先日、図録より写真集より何より「今はただ顔魂たちに会いたい」
って、こちらで言い放ちました私の言葉を、
撤回...いやいや、付け加えさせて頂きましょう!

「ART BOOKに図録もメチャクチャ楽しみでウズウズしますっっ!!!」

ハアァァ~っ....スッキリ♪(o^0^o)(笑)

会報にて、図録の紹介のお写真を拝見して、
フトね...以前BSで放送された「神秘学」を思い描いてしまいました。

石井さんの「対談」は、対談と一口に言うのはモッタイナイほど
スケールの大きくて、密度の濃いものなになるのが、石井さんの凄さですよね。

「PEDULUM」の特別限定版のプレミアもそのヴェールを脱ぎましたね♪
「WINDULUM」?潤む...?なんて...

なにやら石井さんの言葉遊びが秘められていそうなネーミング...
などと思うのは、横文字に疎い私ならではだろうか?(^^;ゞ(苦笑)

まだまだ書きたい事山盛りな会報ですが
ネタバレし過ぎそうでコワイ...っちゅーのもありますが
このまま騒いでいると今夜も「おめめ爛々」な月ちゃんと化して
ヤバそうなんで、ここらで大人しくいたしませう...。

明日から暫くの間は、会報片手に「顔魂展」の会場に思いを馳せながら
悶々と初デート(笑)までの時を過ごす事になりそうです、ハイ。(^^;ゞ

おやすみなさい!明日の初日が素敵な幕開けとなります様に...♪(^^v

200801261836000.jpg

2008/01/30

「楽天woman」エンタメ-スターの履歴書/石井竜也前編

こんばんは!石井さんのオフィシャルFCに更新された
「楽天woman」エンタメ-スターの履歴書/石井竜也前編
を早速見に行ってみましたら...
眼がギンギンに冴えて寝そびれました(^^;ゞ(苦笑)

映画「河童」「ACRI」の製作や、DVD化のお話を始め
「顔魂展」の詳細もチョロッと伺えますよ♪0(^0^)o

オマケにインタビューの際のお写真が、どれもこれもまぁ...
本当にスターなオーラ全開、それでいてナチュラルな魅力を
垣間見せてくださる麗しさでございます。


なにより私には「顔魂展」の中に触れる作品がある...という
その一言で狂喜乱舞!ああ...またきょうも一日妄想の溜め息漬けダ...
ハァ~~~っ!...。(‥(笑)

なんだか未だ気持ちがソワソワしてますが...、(^^;ゞ
書きたいだけ書いたので、取り敢えず観念して少し寝ます。(笑)
おやすみなさ~い(^0^)/

URL http://woman.rakuten.co.jp/entertain/star/ishii01

*今回は「前編」ということで、「後編」の更新は2月12日だそうです♪

** このインタビューに答えていらっしゃる石井さん...
  なんだかまるで「達磨大師」さんのような風貌に見える気がする。(*^^*)
2008/01/30

スカシカシパン スカシ菓子パン スカシカシパン...マ~ン♪

本日から、ローソンで発売になった、
しょこたんプロデュース「スカシカシパン」♪(笑)

息子に頼まれて(家の近所にローソンは無いので)、
勤務中にローソンに駆け込み、迷わず2個「ムンズ!」と掴み
ゲットしてきマンした。(我ながらヨクヤル...^^;ゞ-苦笑-)

200801291734000.jpg


で、お味ですが、しょこたんブログによりますと「シュガーマーガリン味」。
懐かしい甘さで、柔らかくて、なかなか美味しかったですよ♪(^^)v


このパン、外装のバーコードでアクセスすると、
「スカシカシパンマン」のアニメが見られます。(今日は第1話)

「わたしはスカシカシパンマン!」え~...お顔がアンパンのヒーローと違い、
スケベで自己中なヒーロー?でした。(苦笑)

他にも、山田吾郎さんとしょこたんによる
「スカシカシパン」の歌も聴けたりするとか...。

どうにもこの「スカシカシパン」我が家に縁があったようで、
帰宅した夫が「あげる」と、差し出したその手には
夕方、息子と食べたばかりの「スカシカシパン」が...(笑)

「どうしたの?」と聴いてみた所によると
出先で、フト見ると「スカシカシパン」を持っている子を見かけたので
「あ、スカシカシパンっじゃん、しょこたんのファンなの?」と
見ず知らずの方に声をかけた所

その方が「知ってるんですか?」と喜んで「ひとつどうぞ!」
と、夫にスカシカシパンを手渡してくれたそうな。

見ず知らずのしょこたんファンの方、ありがとうm(__)m

というわけで、一日に、3個ものスカシカシパンに
席巻された我が家でした。

あなたもスカシカシパン試してみる?


2008/01/29

なんか...ソワソワしますねぇ...(^^;ゞ(苦笑)(顔魂/石井竜也警報...ほか)


こんばんは~!
今夜の私の家事の御伴「振り向けば石井竜也」(笑)は
「ISHYST」でございました♪

いやぁ~♪なんて「てんこもり」なDVDなんでしょう「ISHYST」
「nipops」「河童」「H」「GUY」に「Art Nude」に到るまで
お気に入りの曲ばかりが詰まった..と言っても過言で無い
大満足なコンサートです、ハイ。

「ISHYST」の石井さんには、なんとも言えない「色香」がありますよね。
ギラギラした攻撃的な色香では無く、
とても落ち着いた物腰の、内面から滲み出てくる色香...。

石井さんの男前ぶりは、どこから見ても申し分ないのだけれど
客席を見つめる横顔や、作品に向き合っている横顔は
なにより強烈な魅力を放って惹き付けるなぁ...といつも感じます。

この中の「NOSTALGIE」幻想的ですよね。
蒼と緑の照明が揺れ、モヤが立ち込めた様なステージの上は
闇に浮かぶ「河童」の天神沼を思い描かせてくれます。
思わず手を止めて、椅子にペタリと座りながら聞いちゃいました。

もうひとつ釘付けで見入っちゃったのは「風の街」。
前奏のピアノのなんとも言えない美しさに、思わず溜息...。
澄んだピアノの音が、冷たい風と空気を感じさせてくれますよね。

ああ...書き始めるとキリが無い...。(苦笑)
「RIVER」「天使の標的」「WAVE」「水色の雨」「おもちゃの勲章」
それぞれの曲を、鼓膜と記憶の中で大切になぞりながら

最後の「Art Nude回想」のダイジェスト映像の中で
作品と向かい合う石井さんの、時に無心で、
時に険しい表情を眺めながら「顔魂展」で待っている
「顔魂」たちの事に思いを馳せて見ていました。

時計が0時を回りましたね...。
「顔魂展」の初日は、いよいよあと3日後...。
自分の展覧会でもないクセに、なんなんだ!?、
このドキドキとソワソワはっ!?(^^;ゞ(苦笑)

きっと、明日(もう今日だね)も、
飛び去る様に一日が過ぎるんだろうなぁ...。

さ!今日は「週刊 石井竜也警報」更新です♪
私もこれから「警報チェック」をして眠る事にしま~す♪

おやすみなさい(^0^)/
2008/01/28

2月2日 Sma STATIONに石井さん出演♪(o^o^o)

おはようございます~♪(o^o^o)

SONYさんの「石井竜也公式サイト」インフォメーションによりますと
2月2日の Sma STATION に石井さんご出演だそうでございます♪

この番組大好きなんですよぉ~♪嬉しいなぁ~♪)^o^(

なんでも80年代洋楽の特集ということで、
石井さんにとっては「水を得た魚」(まさに!)
「顔を得た顔魂」(ご本人作-笑-)っていう
特集じゃないんでしょうか?(笑)

スタジオナレーションが、あの「小林克也さん」ですしね♪

80年代洋楽…懐かしい曲にワンサカ出会えそうで楽しみです♪o(^-^)o

お待ちかねの石井さんのオフィシャルFCの会報も発送になるそうだし

あ~っ!今週は楽しみイッパイだぁ~♪)^o^(

2/2(土)テレビ朝日23:15~00:09

さ!今週も気合い入れて行ってみましょ~っ♪\(^O^)/
2008/01/28

顔魂さんが笑った♪

こんばんは~!

昨夜の石井週一じゃナイですが、
朝青龍関、名勝負の末に、残念ながら負けてしまいましたね...。

白鵬関は地元でも力入れてる力士さんなので
それはそれで良かったな...とは思いますが...。(^^

さて、さて、さて...。
いよいよ今週となりましたね「顔魂展」!

公式サイト「アーティストNUDE」で更新された「顔魂展」のFLASH

今までカレンダーバージョンだったんですが
あんまりにも格好良かったのでダウンロードしちゃいました♪o(^_^)o
う...うれしい~♪
なんだか闇の中に浮かび上がる「太陽」が
笑顔で「待ってるよ」って誘いかけて来てる気がしちゃいますよね♪

なにやら、思いもかけなかった方の「お顔」にも
お会い出来そうな「顔魂展」(だるまじゃないんだよ-笑-)

明日からの一日一日、楽しみが少しずつ近付いてくると思うと...。
う~っ!ぷるぷるっ!と武者震い♪(笑)

あ~っ!早く飛んで行きたい~♪)(^0^)(
さ!準備万端健康体で臨む為に、早く寝なきゃっ!
おやすみなさ~~~い(^0^)/
2008/01/27

「ちんぎすはぁ~~~ん♪」な「カオダマはぁ~~~ん♪」はUSO800!?(笑)...の巻

顔に魂と書いて「顔魂」と読みます。

人間の顔は、100パーセント笑ったり、
泣いたり、怒ったりしている顔と言うのは無くて

笑っているんだけど...心で恨んでいたり、
泣いているんだけど...心では笑っていたり
すごく無表情なんだけど、物凄い怒りがあったり...

人間の顔の良し悪しは別個にして、
人間の表情って言うのは「魂」...なんですね。

と、言う訳でタイトルは「石井週一っ!!!!」

「カオダマっっっっ!!!」と
ボスの魂を込めた叫びで始まりました今夜の「石井週一」。(笑)

桑田さん、今夜もお疲れ様でした「顔魂」是非見に来てやって下さい
と、恒例桑田さんへのメッセージ。(笑)
桑田さんとの優しい夜遊びの後は、石井竜也と魂を込めた究極の夜遊び
ボスの石井竜也でぇ~っす!とキュートな始業のご挨拶でございます。

ということで、いよいよ始まります、始まっちゃいます
「TATUYAISHII EXHIBTION 2008~顔魂KAODAMA~」
1月31日から開催と言う事で、もう現場では色々と作り始まっています。

今までにも展覧会をやって無い訳ではないけれど
今回ほど落ち着いて、余裕を持って臨める事が無かった。
今までは自家発電...というか自分が必死になって動いていた所があったが
今回は周りが準備してくれて「作家」「作り手」に徹する事が出来た。

1月31日六本木ヒルズで待っておりますんで、お友達と恋人と
ご家族と、もちろんお一人でも結構いません、
ご来場心よりお待ちしております。
というボスからの「顔魂展」へのお誘いの言葉に続いて

オープニングナンバーなんですが...と仰りつつ

続きを読む

2008/01/27

「響振...」

こんばんは!
先日偶然目にした広告の記事に「!!!」と触発され
ちょいと「考える人モード」だった月ちゃんです。
そういう時はやたら眠たくなる妙な習性があるんで困ります、ハイ(^^;ゞ

そんな心境のせいか?はたまた先日の「HEP FIVE」の広告の
麗しいびゅーのお顔を見たせいか?
ここ数日、ソロデビューアルバムの「H」をちょこちょこ聴いております。

「安心しろよ」リリース当初よりも、なんだかとても胸にしみて
「うん、がんばらにゃ」と、独り握りこぶしを固めながら聴いたりして(笑)

一番聴きたかったのは「歩いていこう」。
「新しい旅始めてみよう、胸にパワーを戻そう」

猛スピードで颯爽と街を歩く、石井さんの姿が思い浮かぶ様な軽快なテンポ。
胸にパワーを戻そう...曲の元気良さと、この歌詞がホントに力をくれる。
大切な事を忘れないように、歩いていかなきゃ...と。

同じく、昨日久しぶりにALBUM「nipops」を聴いて
思わず「ほへっ!?」と、素っ頓狂な声を上げてしまった月ちゃんでした。

続きを読む

2008/01/24

雫の味

20080124102003
おはようございま~す♪
昨日と打って変わって、暖かい朝ですね。(^^)v

まだ薄暗い外を見ると、雪にならなかった雨の雫が、
木々の枝にガラスの粒のように宿っていて、
「こういうのが寒いところでは樹氷になるんだよなぁ…」

なんて思いながら、薄らと輝きだした太陽に透ける
庭の梅に滴る雫を眺めていました。

梅の花の薫りって、本当にお香のようなんですよね。
薫りが強い花や葉っぱって、雫にも味や香がありそうな気がしません?

私の場合、子供の頃に、山の中に湧きだしていた水を、切ったばかりの若くて軟らかい竹のカブで飲んだ時の

ほんのり甘いような味と、少し青い、鼻をくすぐる心地よい薫りの記憶が
鮮烈だったからかも知れませんね。(^^)v

石井さんの「顔魂展」まで一週間…てコトは、今月もアト一週間てコトなんですよね。

う~ん、早いような長いような。(笑)

オフィシャルサイトのブログにアップされた、
石井さんの「ヘア・ボール」ってお話を見て

「アタゴオル」のMCタツヤ猫を思い出すのは私だけじゃないハズだ。(笑)

早くも「冬毛」(笑)を脱ぎ捨てた石井さん…てトコでしょうかね(*^_^*)?

私的には、サングラスとヘアボールの後ろに写ってる、
チョーカー?と思しき品に「PENDULUM」を感じちゃいますヨン♪(^_-)。
2008/01/24

あと一週間っ!顔魂が誘ってくるんだよォ~っ!(笑)「TATUYA ISHII~顔魂KAODAMA展~」

こんばんは~♪(^O^)/
今日は、寒い、寒い一日でしたね…。
東京は、薄らと積雪したとか…。


都会の雪を見慣れていない、子供も大人も、
束の間の空の贈り物を楽しめたんでしょうね。(^^)v

私は残念ながら雪にはご縁がなくて残念だったんですが、
ご訪問先でお会いする方、道で声を掛け合う馴染みの方が

「(雪)降らなくて良かったね~!大変だものね。」
と、言ってらっしゃるのを聞くと「それもそうかぁ」なんて…。(^^;ゞ

雪は降らなくても、手袋をはめた指先が冷えきってビリビリと痛くて…。

ほんの少し、顔魂を創っていらした時の、
石井さんの指先の痛みを感じられた様な気がした…。

「顔魂」と言えば、いよいよアト
一週間後に開催が迫りましたよぉ~っ「顔魂展」!!!(^O^)/

や~ん!なんだかアト一週間なんて言うと、余計に待ち遠しいですね~♪

ズット、ズット…顔魂達に会えるのを楽しみにしていたんだもの…。

頭の中に、会報や「HILLS CAST」の中で見かけた
顔魂の不思議な顔が浮かんで来て、
待ちきれない気持ちを誘惑してくるよぉ~っ!。(^o^;(笑)

アト少し…ワクワクして待っていよう♪o(^-^)o
2008/01/23

ワクワクの結晶は脳内ホッカホカ(笑)

うひゃあ~♪こ、凍るぅ~っ(^o^;
駅まで辿り着くのに遭難するかと思った…。

っていうのは大袈裟だけど、油断してると知らないウチに
鼻水垂らしてそうでコワっ…。(^^;(笑)

夜が明けた月ちゃん家方面は、みぞれのち→氷雨。

みぞれ…、今私の、携帯にひとつだけ貼られている
「雪の結晶」のデコシール…と、言っても何故か淡いグリーンなんですが…。

なんかね、石井さんが手掛けられた
「いわき芸術文化交流館アリオス」のロゴマーク
みたいだなぁ…って思って♪o(^-^)o

若葉のような緑の結晶…芸術を志す若い力が結晶して欲しい…
そんな願いを感じる気がするなぁ…。

若い力…とは関係ないけれど(無いんかい!?-笑-)

昨夜の「むちゃブリ!」す、すごぉ~~~い♪)^o^(
やぁ~ん!しょこたん羨ましいぞぉ~っ!
って、朝から画面に釘づけ!エキサイティング!(笑)

造形の最強チームやら、引田天功さんも凄い…。
でも一番ワクワクしたのは最先端レーザー!

レーザーゴーグルにレーザーグローブ、メチャクチャ格好いいっっ!!
指先からレーザー出せるなんて、映画みたいだ♪)^o^(

レーザーゴーグルの目ヂカラ(笑)は、石井さん並みだわ♪)^o^(

とかなんとか…。(笑)
寒くても、月ちゃんの脳内は妄想でホッカホカでいっ!(^^)v

さ!気合い入れて行ってみましょう♪o(^-^)o
どちらさまもガッツリ防寒対策をして、
いってらっしゃい!いってきま~す♪(^O^)/
2008/01/23

雪かみぞれか...


雪だ!...?みぞれかな?
写真に撮れるかな?と思って頑張ってみたけどダメ(*^^*;ゞ

今年初めて見た...指先が痛いや...。(^^;(苦笑)
2008/01/22

本当に、顔魂は時間を超えちゃうんですね。(^^;ゞ(笑)

寒いです、本当に寒いですこの数日。

一応、仕事中はお客さまの手前、モコモコ着込んだりしないですが

家では、目深に帽子を被り、マフラーでグルグルに顔を覆い
モコモコに着膨れた怪しい格好で、暗い庭に屈み込んで

シュコシュコ…、ゴソゴソ…と(この擬音が既に怪しい-笑-)
ヒーターの灯油を給油してる姿はハッキリ言って不審者ですよね。(笑)

なんだかんだ仰っても、顔魂を語る石井さん、一番楽しそうでね...。(笑)

それだけ伸び伸びと、顔魂に向き合えるようになったということは
本当に「PENDULUM」が一段落なさった...ってコトなんでしょうね。o(^-^)o

それにしても...石井さんは凄いですよね。

たかだか5分や10分、外で作業をするだけだって、芯まで冷え込むあの寒風の中、
10時間も外で屈み込み、ヤスリをかけ続けるなんて…。

ひとくちに10時間...と言っても、
石井さんにとってはホンの一瞬なんでしょうね...。

知らないうちに時間を超えていて
フト気が付くと10時間...なんて感じなのかも。(*^w^*)

石井さんが夢中になって作業しているその周りを
「ナウシカ」に出てくる王蟲(オーム)の眼のような
透明な「気」のドームがホンワリと覆って護っていたりなんかしてね。(^^)

こんな「ただならない変態」(笑)を捉まえて、
「ただの変態」だなんて、と~んでもない!ですよ...ねぇ?(*^^*)

冷えきった手にザラつくヤスリの削りカス…
そりゃ~麗しい手が傷むのも無理ないですわな(^^;ゞ(苦笑)

そんな中でニンマリと誇らしげに微笑んだ、イイ男の
麗しいお顔を拝見出来たのが、目の前の「顔魂」だけ…だなんて
モッタイナイ…モッタイナイ過ぎる…。(笑)

きっとスッゴク明るくて、よい笑顔だったんだろうなぁ~♪
なんて思うと「ちぇ~っ」ってなモンですよ、ホント♪(笑)

なんだか...この調子だと、完成した「PENDULUM」を聴いた時に
石井さんと「顔魂」とが、イイ~っ雰囲気で見つめ合う情景が
脳裏に浮かんできそうでコワイなぁ...。(笑)
(これまたなんつー変態な妄想を...うひゃひゃひゃ♪^^;ゞ-笑-)

昨日は、私もちょいと大変な一日でした。
(っつーほどのモンでもないか?^^;ゞ)

いえね...、携帯についているストラップ「TONE」なんですが
昨日はなにやら「旅」に出たかったらしくて(笑)
何度も何度もベースから外れてしまい
気が付く度に「ハッ!な...失くしてないよね?!」(@@;
と焦りながらポケットやバッグを探る...という。(^^;ゞ

チョコチョコ気にしていたお陰で、
大事なTONEを紛失せずに無事に持ち帰りシッカリと繋ぎ直して一安心♪

本当は、お気に入りは紛失すると悲しいので持ち歩かない...
のが一番なんでしょうが
「大事なものだから...」と常に意識しながら持ち歩くのも
それはそれでなかなか楽しくて幸せなモンなんですよね。o(^_^)o

200801220857000.jpg



携帯...と言えば、1月の着メロ「夜景飛行」(オールゴールヴァ―ジョン)
ほんっっっっっっとに「素敵♪大好き♪」(*^0^*)

この「夜景飛行」のメロディは柔らかく鳴り始めるので
メールが入る度に「ビクッ」となる変なクセのある私でも大丈夫っ♪(笑)

鳴り終わるまで聞いてからメールを開けるのが楽しみです...ムフフ。(*^^*)

さて...今夜は眠る前の一時、ナ二をして楽しもうか?
先日の「石井週一」のレポを書き上げたあと、
明け方までティム・バートンの「コープスブライド」を見ちゃったんですが
もういっかい見ちゃおうかな~♪

あ...!忘れてました、今夜は「むちゃブリ」に中川翔子、しょこたん登場です!
「ギザカワユスな魔法のステッキ」をおねだりしたとかで...気になります。(笑)

なにはともあれ「日時計」を夜モードで楽しみつつ...♪(^_-)
おやすみなさ~い♪
2008/01/21

表現出来る広場...

私が通っている職場に最寄りの地下鉄の駅。

毎朝、電車を降りて、階段を上がり切った瞬間に
目の前に広がる風景に、ホッ...と肩の力が抜けるような心地を感じます。

春、夏、秋、冬...。

若緑の葉が、少しずつ緑を濃くしていく
植え込みに咲く花の色が移り変わって
紅葉する葉の美しさも、黄色から赤へ移り変わり
やがてみな色褪せていき
生茂っていた緑の葉の代わりに、
枯れ枝に雀達が鈴なりにる

サラリーマンがしばし足を休めて座っていたり。
ポカポカの日溜まりの中に、家のない大人達が集まり
道ばたに座り込んで、話したり、紙将棋を打ったり。

週に一度、彼等に牧師さんがお説教を垂れ、
炊き出しのテントが立つ
季節ごとにはバザーのテントも...。

「なんだかちよっと、日本じゃないみたいな光景だなぁ」
時々、そう思いながら眺めることがある。

植物の色合いから、景観から「四季」を、ちゃんと計算されて作られた公園。
そこに広がる風景は、何の変哲もナイ日常が「絵画」のように感じるんですね。

林立するマンションの隙間に、申し訳の様に作られた狭い公園、
「防犯」の為に...と、植え込みや、樹木の取り払われた殺風景な公園。
そんな公園が多くなっている今。

こんな風に、丁寧に造られた、
ホッとする公園が必要なんじゃ無いかな...。

眼に飛び込んで来ても、何の感慨も心に起きない様な風景より
毎日、毎日、ただ通りすがりに見るだけで
なんとなくホッとするような風景が、暮らしの側にあったら...。

それだけで、人の気持ちは少し、
張り詰めた力を抜けるんじゃ無いだろうか?...なんて思っていた。

先日更新になった「HILLS CAST」の中で、石井さんがお話しされていた
「表現出来る広場」は、まさにそんな場所なんじゃないかな...と感じた。
そこに居る人が、自分らしく過ごせる場所...。
楽しいと感じる時間を、自然に満喫出来る場所...。
なんとなく人が集まりたくなる場所。

屋内でも、温かな太陽の陽射しを浴びた時に感じる心地よさや
月灯に照らされるような、柔らかくて、それでいて透き通る様な明るい光を
感じられる様な空間があったら素敵だろうな...。

私ね...どんなに美しい照明も、太陽の陽射しと、
ヴェールの様に空気を包む月の光の眩しさ、柔らかさ、
その映し出す光と影の世界の美しさには、叶わないと思うんですね。

石井さんの「GROUND ANGEL」は、屋外の光や空気も感じながら
光の元に、人が集いたくなる場所の一つ...なのかもしれないですね。

石井さんが尊敬し、憧憬される「フンデルトワッサー氏」の建築の様に
限られた空間を人が居心地の良い場所に創る...。
これからますます必要なことのように思いました。

空間...といえば、雑誌女性自身HPで更新されているブログ「石井竜也警報」
の中でも、石井さんのアートワークのお話..ということで
「空間プロデュース」のお話が始まりましたね。

1998年、平成10年に石井さんがプロデュースされた
大阪の商業ビル「HEP FIVE」。
「ACRI」の撮影中に遭遇した鯨が忘れられなくてデザインした...と、
DVD記念トークショーのお話の中でも登場した「赤鯨」が居る場所です。

こちらは昨年末の大掃除の時に、偶然発掘した(笑)そのOPEN当時の広告です。
この後、次々と様々な空間プロデュースを手掛けられて行くんですよね...♪


200801210909000.jpg


今週の「石井竜也警報」での続きが楽しみです。o(^_^)o
2008/01/20

コロガレコロガレ煙りよ...

って言っても「森は生きている」の「おまじない」なワケぢゃ~ありません。
あれは、転がれ、転がれ指輪よ~!だもんね♪
って誰もそんなこと思わないか?(^^;ゞ(苦笑)

そもそも「煙りが転がる」...って「なんのこっちゃい!?」な話ですが
これから話そうと思っている私にとっても「なんのこっちゃい!?」な
半信半疑な体験のお話でして...。(^^;ゞ(苦笑)

「ま~た突拍子もナイ事言ってるなぁ~^^;ゞ」と思し召して
適当に読んで頂ければありがたいです、ハイ。

お正月早々寝込んで、フラフラしていたお話は既に書きましたが...。
そんな体調が未だ不完全な日に外出した帰り道での事。

久々の外出で、ちょっぴり疲れてフラついた足取りで
いつも通る、少し暗い路地の、角度の急な長い階段の手前に差し掛かった。

「あ~ん、ココ昇の今日は辛いなぁ~」なんて、フト前を見た時
その階段の下あたりから、直径にして10センチくらいの「白い塊」が
跳ねる様に、こちらに転がってくるのが見えた。

「あれ?」とボンヤリ眼で追い掛けていたそれは、
真直ぐに、隣の夫の足の隙間を通り抜けた...
と、思って後ろを振り返った時にはその塊は消えていた。

足元をくぐり抜ける瞬間に、眼に入ったソレは、
白い煙りが、ま~るい玉のように渦巻いた塊に見えたので
一瞬、夫の吐き出した「煙草の煙り」がそう見えたのかな?
なんて思ったりもしたのだけど...。

階段の下辺りから、まるで猫やうさぎの小動物のような動きで
転がって来たように見えたのは何だったんだろう...?
なんて、後ろを振り返ったまま、頭の中は「?マーク」でイッパイ。

寒さと、疲れでボ~ッとしていて街灯のボンヤリした灯や、
煙草の煙りが混じり合って見せた錯覚だったのかなぁ...。
転がって来た煙り玉の動きが、なんだか可愛らしく思えたので
恐いとも気持ち悪いとも思わなかった。

むしろ、お正月早々に体験した、
不思議だけど、なんだかホンワカした出来事でした。

風邪の時の感覚って、なんか不思議ですよね。(^^;ゞ





2008/01/20

玉砂利と寝ています...受験生頑張れ3つの奥義!?.(笑)...の巻(1/19・石井週一)

「タマが...好きだったんです...」と、いきなり意味深な声で告白するボス(笑)
小さい頃から、丸くなったタマの様な石が好きだったボスは、

先日400個(また増えてません?!^^;ゞ)程拾って来た玉砂利が
可愛くて可愛くて仕方なくて、「今と一緒に寝ています」だそう。

玉砂利と寝る...痛い様な、キモチイイ様な...ですね、ボス。(笑)

てな少々マニアな(笑)おしゃべりと
「桑田さん今夜もお疲れ様です~!という、恒例「優しい夜遊び」の
桑田さんへの振りから始まった今夜の「石井週一」

桑田さんとの夜遊びの後は、わたくし石井竜也と濃厚な濃厚な
「夜遊びタ~イム、タ~イム...止めてくれぇ~い!」(とセルフエコー-笑-)
「石井週一ボスの石井竜也です」と始業のご挨拶をする声が
ご機嫌さんなのは「玉砂利効果?」(笑)

一月も半ばを過ぎて、正月気分も無いけれど、
寒さはこれからが本格的なので皆さん気をつけていただきたい...。
というお話から、先日Yahoo二ユースでも取り上げられた
「ノロウイルス」流行の話題に...。

昔、友達に「のろさん」という人が本当に居ました。
あと「下呂温泉」なんてのもありましたよね。
と、いろいろなモノを連想して並べては、
「ぜんぜん関係ないか?(笑)」なんて仰りながら

コンピューターのキーボードやマウスなどからも感染すると聞いて
嘘か誠か(笑)パソコンを接続すると感染すると勘違いしていたボスは
「スケベサイト見たから感染した」とかにならなくて「あ~良かった!」...。
と、妙な所で一安心。(笑)

続きを読む

2008/01/19

自分を映すもの...「HILLS CAST~魂の乗り移った顔たち~第3回更新」

こんにちは~!
外を歩いていて、顔が痛くなる程の寒風が吹き抜けた昨日1/18日。

そんな寒さも吹き飛ばしてくれる、お待ちかねの「HILLS CAST~魂の乗り移った顔たち~」
が更新になりました♪o(^_^)o

ラジオ版の収録風景の写真を拝見しながら聴く「東京コンシェルジュ」

石井さんが語られる「過去と現代が結託し未来を翻弄する」...という
時空を超える壮大なロマンを託した「イタズラ」。

石井さんの「声」の温もりを通してお話を伺うと、
ますますその「ロマンティックなイタズラ」に、この眼で触れて感じたい...。
自分もその「イタズラ」が仕掛けられる「奇跡的な瞬間」を味わいたい...。
そんな想いが増してくる気がしました。

今回のテーマは「石井竜也」と「カールスモ―キー石井」。

「石井竜也」が語る「カールスモ―キー石井像」を
とても石井さんらしい繊細な表現で、素直に綴られていて

改めて「石井竜也」という方が持っていらっしゃる「表現のカタチ」の
豊かさ、幅広さ、奥深さが静かに伝わってくるお話だな...と感じた。

私には「カールスモ―キー石井」は、「かつての石井竜也」にとっての
「鏡」のような存在だったのではないかな...?という気がするんですね。

人間は、誰しも「鏡」を見ると、自分を「良く見せよう」と無意識に「繕う」し
「鏡」の中に、理想的な自分を見い出そうともしますよね。

「常に冷や汗をかきながらステージに立っていた」と仰る繊細な「石井竜也」が

「観客」という「巨大な鏡」に向かい合った瞬間に
咄嗟に生まれた、恐いもの知らずで、痛快なキャラクターが
「カールスモ―キー石井」だったのかな?なんて...。

米米の活動、ソロの活動の道程の中で、
石井さんご自身が「鏡」の中の「石井竜也」と、照れずに
真直ぐに向き合える様になった...。

だから逆に今「石井竜也」が「かつてのカールスモ―キー石井」と向き合う時、
「とても照れくさいコトもあるんだろうなぁ...」なんて感じたりもするのだ。(笑)

米米CLUBで「カールスモ―キー石井」というキャラクターに
「理想的な英雄像」を投影して創り上げて来た石井さんは、

今「石井竜也」として、ご自身の作品の中に、
人間的で赤裸々な「石井竜也」を投影して
「顔魂」という作品を生み出し続けている。

「他人がどう見るか」で外面を繕うのではなく、

「観客」の前に立った時に、石井さんご自身が納得のいく
「石井竜也」であるために、

孤高に「石井竜也」と向き合い続けているんだ...。

自分の中のそんな勝手な想いと、重なる部分があるような気がして
とても興味深いお話でした。

「広場」というお話も、私の琴線に、とても触れるお話だったのですが
そのお話はまた改めて...。(*^^*)

次回の更新、お話の最後がどのように結ばれるのか...?と
とても楽しみにしています。
その頃には「顔魂展」開催まで一週間を切るんですもんね♪
待ち遠しいです。





2008/01/18

いまこそ「ACRISM」(笑)

ふたたびの今晩はでございます。

先週に引き続き、今週配信されたメルマガ「週刊石井竜也」では
3月に発売になる石井さんの新曲の中の「あの曲のコトかな?」と
連想させてくれる様なお話や、

オフィシャルサイトでのおしゃべりの中でも、
1曲、1曲、贅沢な仕上がりをしつつある...という
NEWアルバムのお話に、ここのところ重症な月ちゃんでございます。

「おめえ厄介な奴だな」と苦笑いされそうなこの「病気」(笑)
そう...「禁断症状」でございます。(*^^*;ゞ(苦笑)

石井さんの指先から放たれる、誘惑的な言葉の数々に
この数日は、まさに揺れ動く人生...ってな感じで...。

石井さんの言葉の一つ一つを、記憶の指先でナゾリながら玩び
「あ~でもない、こ~でもない」とアレコレ妄想したり、探険したり...(笑)

そんなコトをやっちまって「うわっ♪」なんて
妄想で「ドキドキ」に拍車をかけちゃうと

時々、もう居ても立っても居られないくらいに「醗酵」しちゃって
「ふにゃ~っ」と「妄想酔っぱらい」になっちゃうコマッタちゃんだったりします。(笑)

面白い事にね、「妄想酔っ払い」は、普通の酔っ払いさんと一緒で
「泣き上戸」だったり「笑い上戸」になったりするんだな、これが。(笑)

もう、そうなったらね、やっぱり石井さんの歌に浸るしかないんですよね。(笑)

近頃定番の「SKETCH」もモチロンなんですが、
こんなときこそ、いやいや、「いまこそACRISM」な気がするんですよ。(^^)v

NEWアルバムの曲のイメージのひとつに挙げられた
「ドナルド・フェイゲン」の曲作りを彷佛とさせる様な

繊細で完成度の高い音作り...というコンセプトは
すでに「ACRISM」の曲の中に、確かに息衝いている...そんな気がしませんか?

揺れ動く「男と女」...「ACRISM」の中の曲たちも、
心を揺らす恋の歌...ですもん...。

どこか違う恋の、切ない波間に甘く揺られながらも
フト、今までの記憶の全てが、うたかたの夢だったのかも知れない...
なんて淡い予感に揺れ動いたり...。

そんな「ACRISM」の世界に浸って、「PENDULUM」の世界の待ち遠しさを、
多少なりとも和らげようかと...。(笑)
(却って増長していて危険かも...?^^;ゞ)

海に降る雨を、素知らぬ振りで見つめながら、雨宿りをしていた二人...
雨が上がったその後は... ?

なんて...勝手に結び付けて想像したら
怒られちゃうかも知れないですね、てへへ...。(^^;ゞ(苦笑)

こうやって、石井さんの贈り出してくれる歌の世界に浸って
好き勝手に楽しむことの出来る「今」という瞬間を
「贅沢だな...」って、噛み締めずに居られない...。

あうっ...再び禁断症状がっっっ!(笑)

さて、さて...「ACRISM」の音に浸りながら...、おやすみなさい。
2008/01/17

揺れ動いた年

こんばんは。

今朝のNEWSで、東京に初雪が降ったそうですね。
丁度、昨夜のブログを書いていたときに降って来た雨...。
砂が降る様な、軽い音だったのは
「霙(みぞれ)」かなにかだったのかも知れないなぁ...。
ほんの少し、窓の外を覗いてみれば良かったな...
なんて残念な気がします。(^^;ゞ

13年前の今日、同じ様な寒い早朝に「阪神・淡路大震災」が起きましたね。
ちょうど、今年13歳になる息子がお腹の中で胎動を始めたばかりの頃...。
独りきりの部屋でお腹を抱えて布団の上に飛び起きたのを覚えています。

あの混乱の中で生まれた同じ年の子たちはどうしてるんだろうな...。
朝からの報道番組を見ていてそう思った。

思えば、息子の生まれたあの年は、
大きな事件で世の中も大きく揺れ動いた年だった。

突然の出来事に、掛け替えの無い肉親や、友人を失った方々の気持ちを
経験のない私には真に分かち合う事は出来ないけれど
同じ激動の年に命を授かった者として
犠牲になられた方のご冥福と、未来ある子供達が幸せにくらせますように...
と、心から願っています。
2008/01/17

その手の包み込むものは...?

昨日、会社のコから、ゾクゾクする様な、不思議な画像を分けて貰いました。

もう随分前から有名なモノらしいので、
御存じの方もいらっしゃるかと思いますが...。(^^;ゞ

沖縄で撮影されたという「神の手」の形に見える「雲」なんですって。(^^)

凄いですよね...まさに「ゴーレム」の手って感じ...。

目に見えぬ大きな存在が、柔らかく包み込む巨大なエネルギー...

まるで、なにかをその手の中から創り出そうとしているかのような
太陽と雲が織り成している神秘的なドラマに、目を奪われました。

まるで、「顔魂」に触れている石井さんの指先のようだなぁ...なんて。

image001.jpg


明けて、今日は17日!いよいよ「顔魂展」まで2週間...。
今夜も石井さんは「顔魂」を創り続けていらっしゃるのかな...?

なんて書いていたら「サァ~っ」と砂が降る様な軽い音を立てて
突然雨が降って来た...。

夜中の雨の音は不思議ですよね。
雨の音が、色々な音に聞こえる気がしませんか?

2008/01/16

「ボディバター」

閑話休題...って訳では無いですが
最近内の会社のコたちと盛り上がったお話を少々...(笑)

その前に「ボディーバター」と聞いて
なにやらエッチな想像をしちやったソコのアナタ!
同類ですね♪(笑)

幾日か前に、営業所に戻ると、見慣れない容器が置いてあって
見るとフルーツの写真があるので「キャンディーか何かかな?」
なんて思い、手にとってシゲシゲと眺めていたところ

「あ、○○さ~ん、食べちゃ駄目ですよォ~♪」と
後ろから見透かされた様な突っ込みが...。(笑)

キャンディーでは無くて、今人気のある「ボディバター」という
クリームが入ってるんだと教えてくれた。
本当に、思わずひと口舐めてみたくなりそうな、マンゴーの良い香りがする。

「身体に塗るものを口にしたら流石に毒ですよね~♪」なんて
無邪気に同意を求める女の子に

「でもさ、舐めて毒だったら、身体に塗れないじゃん?」て
何気なく「ポソッ」と言ったらば、

暫くポカン...と沈黙した後、何を思ったのか
「イャ~っ♪それってエッチぃ~!」(o^0^o)
かなんか可愛く言われちゃって、ヤレヤレどうしたモンだか...(^^;ゞ(苦笑)

別にエッチな意味で言った訳じゃないんだけど
そう言われたら...そうだよね...って。(笑)

そう考えると、男の子はエライですよね(笑)
どんなに食べ物に好き嫌いがある男の子でも「お年頃」になると、
口紅やら、香水やらを、好んで(笑)口に出来る様になるんだものね...ねぇ?。(笑)

なんて話で盛り上がるお茶の時間(笑)(おいおい^^;ゞ)

で、「ボディーバター」...試しに着けてみたんですが
着けてスグの香りはとても良いんだけど
時間が経った後の香りが今一つ...だったかなぁ...。

そんな感想を話したら、また別なコが
有名なメーカーのベビーローションに「ムスク」の香りがするモノがあって
そちらはお風呂上がりに着けて眠るとソフトな香りで快眠出来るんだとかで。

「ベビーローションなのに"ムスク"ってのもすごいね」
「ムスクの香りがする赤ちゃんて不思議だよね~」

なんて盛り上がるおしゃべりを聞きながら

「おしっ!今度試してみよっ♪o(^_^)o」っと
心の中で「握りこぶし」を固めた月ちゃんでありました。

「お試し」の暁には、またココで♪(笑)

余談ですが...「ボディバター」と聞いて、
石井さんの曲「ボディリズム」が頭の中に流れて来て
「ムフフ♪」となる私はやっぱり...皆まで言うまいっ!(笑)

おやすみなさ~い♪(^0^)/

2008/01/15

コマーシャルが好きですが…なにか!?(笑)

今朝早く、DVDに録り溜めていた番組のCMに、
見慣れたキャラクターを発見して
「おおっ!」と目が覚めてしまった月ちゃんでありました。(笑)

以前、こちらで書きましたテレビ番組「ファイテンションスクール」
(テレビ朝日系毎土曜朝7時半~)

で人気の角砂糖ホームドラマ「かくざ父さん」のヒロイン?「とうこ」と「お父ちゃん」(笑)

言わずと知れたお砂糖のCMなんですが…(笑)

近ごろ、お馴染み「蛙男商会」フロッグマン氏の「鷹の爪」のキャラやら

TVKの深夜枠に移動して放送中の「ゴールデンエッグス」のキャラクター達までが

CMにバンバン登場して来てナニやら妙な気分です。(笑)

「ファイテンションスクール」と言えば、
ジェームス小野田と筋肉楽団が歌う
「筋肉ダンスDEまっちょっちょ」のCDが発売になるそうですね♪o(^-^)o

この番組を御覧になっている方は「嗚呼~!」(笑)
と、思い浮かべて頂けるかと思うんですが
この歌のインパクトのおかげで、「プリン」を見ると
丸~い「オシリ」がついていそうな気がして困ります。(笑)

カップリングの主題歌タイトルが「嗚呼!筋肉学園」てのも…(^o^;ゞ(笑)
「らしい」お遊びですよねぇ♪(o^o^o)(笑)

小野ちゃんと言えば、メンバーブログの中で不定期にオンエア?
して下さってる「ブログラジオ」(笑)の更新を
秘かに楽しみにしているこの頃です。(^^)v

さて、さて「極寒」と言われる今週が始まりました!
どちらさまもお身体に気を付けて…。

さっ!午後ももうひと頑張りと行きましょかぁ~♪o(^-^)o(笑)
2008/01/14

二つの揺れ心地...「PENDULUM」


いつもそうなんですけど...。
自分の好きな世界や、心待ちにしている事(物)
目や耳に飛び込んで来た言葉から
自分の中で色々な想像をして、イメージを創り上げながら
ウキウキ、ドキドキ心を躍らせて遊んでいる時間て楽しいですよね。

人から言わせると「一つの事を3倍くらい楽しんでるよね」
と思えるんだそうです。(笑)

「2倍」...じゃなくて「3倍」なのは、
まず、楽しみを待ちながら、散々(笑)想像して楽しんで
いざ「その時」が来た時も、力全部出し切って(笑)楽しんで。

それでもう満足して「終わり」...なんじゃなくて、
今度は楽しかった思い出を、何度も何度も繰り返し味わって楽しんで...。
「見ていて良く飽きないな...って呆れるよねぇ~(^^;ゞ」と、困った様に笑われる。(笑)

「好きなもの」に関しては、他人から見たら「クドイ」(笑)
って言われるくらい好き。

時々自分でも「クドイよなぁ...」なんて思うけど、
こればっかりはどうにも..ねぇ...(^^;ゞ(苦笑)
それほど「好き」と思える世界に出会えて、楽しむ機会に恵まれている自分は
「幸せ」なんだなぁ...ってつくづく思います...。

今はひたすら「顔魂」と「PENDULUM」が楽しみ...。
少しずつ明かされてくるその様子...でも、でも当日までは
ドキドキさせる想像と言う名のヴェ-ルの向こう...。

石井さんの仰る「中々凄い事」ってなんだろう?
どんな風に「顔魂」たちは、訪れる人間を待ち構えているんだろう?

中でも、今気になっているのは「チケット」のこと♪
石井さんや「顔魂」に関わるSTAFFの方々が緻密にこだわられている
その「チケット」とはどんな風なんだろう?って気になりません?

手元に残った時に、感激が甦ってくる様な素敵なチケットを手に、
「顔魂」達が待ち受ける世界の扉をワクワクと開いたなら...
な~んて想像するだけで楽しいんですよね。(笑)

石井さんが「顔魂展」のご準備をされるその後ろで流れている...
と仰るアルバム「PENDULUM」。
そんなお話を聞いて「顔魂」と「PENDULUM」って、
物凄くマッチする組み合わせなんじゃないだろうか?
なんて思ってしまった。(*^^*)
未だ、どちらも見た分けでも聞いた分けでもないのにね...(^^;ゞ(苦笑)

お話に聞いた「PENDULUM」のサウンドは「JAZZYROCK」とか...。
「JAZZ」はスゥイング...音に揺られる心地よさは
人が幸福感を感じている心地に似ている。

「ROCK」には「揺さぶる」という意味がある。
自分自身でもどうしようもない衝動に突き動かされ
自分自身の内側を、見据える視点さえ定まらなくなる程の
衝撃・動揺・激情に揺さぶられる様な激しいリズム...。

人生には、心地よく心を揺らす時間もあれば
不安や不満に苛まされて、居たたまれない気持ちに揺れる時もある
まさに「PENDULUM」な「二つの揺れ心地」を「音」で感じさせてくれそう...。

光田さんとのピアノバラッドに、オーケストラ...聞いただけで武者震い♪
うそうそ...(笑)ドキドキな嬉しさで震えてしまう。

石井さんが「PENDULUM」の曲を語って下さる言葉たちは
甘酸っぱいマーマレードがトロリと胸を満たす様な
ラムネがシュワっと弾ける心地が身体を駆け巡る様な
そんな幸福感を呼び起こしてくれる。

石井さんが贈ってくれた「想像の種」は、3月のアルバム発売までに、
私の頭の中で一体どんなモノを生み出すだんろう?(笑)

我ながらコワ楽しみだ。(^^)v(笑)
2008/01/13

HILLS CAST ~顔魂・東京コンシェルジュ~


「HILLS CAST」1/11分が、更新になりましたね。(^^)

J-WAVEで、毎週日曜日の夜9時からオンエアされている
「東京コンシェルジュ」の中で流れている石井さんのコメントが
パソコンから聴こえて来た時は、なんだか新鮮な感覚でしたね。(笑)

ラヂオで聞くよりも音が綺麗な上に、「石井週一」の「ボス」の顔(声)
とはひと味違う「おすましさん」な石井さんの声に、
「ムフフ♪」とニヤケながら楽しませて頂いています。

今週更新になった、今夜オンエア分のコメントの中でも「薬師寺」
のお話をとても熱の有る言葉でお話されていて...。

石井さんが想い描かれているようなコンサートが現実になったなら...
今迄の「石井竜也」のコンサートのイメージを一新すると同時に、
石井さんの歌と楽曲の美しさが、見事に昇華する瞬間を拝見できそうですよね。

未だ見ぬ光景が目に浮かんでくる様な、そんな活き活きした響きを
石井さんのお話から感じて、短いけれど、とても素敵なおしゃべりですね。

そして「魂の乗り移った顔たち。」と題された
石井さんが語られる「石井竜也」としての「アート」との関わりや
「顔魂」のお話を読むほどに「顔魂」が面白く思えてくるんです。

一度にズラっと10体も目の前にして、次々と「顔」を造る事が出来る...
それだけでも、脅威的な事だ!と感嘆してしまう。

様々な顔が浮かんでくると言う事は、それだけの「なにか」が
「石井竜也」と言う人の中に渦巻いて「出口」を求めているということ...。

「顔魂」に、のめり込んでいる時の石井さんの「内部」は
時に「マグマ」のようであったり、時に宇宙の様に渦巻き広がり続けた
のではないだろうか?なんて思わせる「製作秘話」も
「顔魂」への興味を駆り立ててソワソワさせる...。

石井さんは、ご自分の中に生じた日々の喜怒哀楽を
一度客観的に突き放して観察し、「顔魂」に表現する事に没頭する事で
ご自身を突き破りそうな、巨大なエネルギーを消火し、消化し、
膨大な数の「顔魂」という不思議なエネルギーを持つ作品に昇華したのかな...。

掲載されている「顔魂」の写真は、闇の中の光にポツンと浮かび上がり、
どこか「モナリザ」の微笑のような不可解な表情で、
言葉にならない「何か」を伝えようとしている哀し気な笑顔にも感じる。

きっと、見る側(私)の気持ちで、
また違う表情に、感じたりもするのかも知れないですね。

次の更新は1/18頃の予定とか...。
お話が熱を帯びる毎に「顔魂」と触れ合える瞬間が、刻々と近付いてくるんですよね♪

あと二週間...(と、ちょっと♪-笑-)
「顔魂」から発散するパワーが、どんどん膨らんでくる気がしませんか? 
2008/01/13

今夜のフジテレビ「新報道プレミアA」に石井さんご出演(追記)

だそうです。(^^)v

1月13日(日)22:00~23:15
フジテレビ「新報道プレミアA」

ゲスト出演...ということで、
お話の内容などの詳細は分からないですが、
みなさま、お見逃しなく~♪
   
            「プレミアA」、桜井さんのお隣で、穏やかな笑顔を浮かべる石井さん
レギュラーキャスターに見えちゃう堂に入った雰囲気で…♪。o(^-^)o

今夜のお召物、落ち着いたグリーンのシャツが、
石井さんの知的な雰囲気をを、ソフトな上品さで引き立ててましたよね。

その柔らかさをピッと引き締める、
甘口な危なさを漂わせるサングラスが最高に魅力的でした♪)^o^(

番組も「偽タマゴ造り」の実演から、エコノミー症候群と闘うサッカー選手
マラソンの高橋選手のQ'sキャンプなどなど、盛り沢山でしたね。

「偽タマゴ」の黄身の部分を触ってみたい気がしましたが、
昼間、息子と「今年は食品偽装の話を聞かないね」なんて話していたばかり。

「貧困層が無くならないかぎり偽装は無くならない」という識者の言葉を聞くと
日本で偽装が起きるのも、「景気の緩やかな回復」などと言い放ち
国民に「痛み」を与えるコトに慣れ切った政治が続いている限りは
エスカレートする一方なんでしょうね。

緊急出演とは思えない、石井さんらしいコメントに、楽しく吹き出させて頂きました♪

石井さん、お疲れさまでしたあ~♪(^O^)/
2008/01/13

「おっきいひと」と書いて「大人」って読むのね?...(笑)の巻(1/12付け「石井週一」)

今夜の石井週一は「成人の日」を迎える「新成人」の為の
「大人な選曲」と「大人な会話」の30分(笑)

嘘か誠か、昔、ボスのご友人に「成人の日だよなぁ」といいながら
カレンダーに「性人の日」と書いたお方が居たとか居ないとか。(笑)

ボスご自身の当時を振り返ると「愚」「愚者」と言う言葉がぴったりな
グシャグシャなヤツでした(座布団5枚っ!-笑-)
...当時のみなさん、ごめんなさい!な「セイジン」だったそうで(笑)

「桑田さんが大人になったのはいつなんでしょうねぇ」なんて
いつものように「優しい夜遊び」の桑田さんに話題を振りつつ始まった
今夜の石井週一。

ボスから贈る成人式を迎える大人な人への今夜の1曲目は
アルバム「ACRISM」から「ONE MORE KISS」/石井竜也

やっぱり...ラヂオから流れてくる曲って言うのは
自分でCDをセレクトして聴くのとは違った楽しみが有りますよね。
毎回「今夜の1曲目は何だろう?」って密かに楽しみに聴いていたりしますから...(^^)v

今夜の「よしお」は成人式を目前にして何故か「上の空」
ボスからの「恋でもしてるんじゃないのか?」の指摘が「図星」らしい。

続きを読む

2008/01/12

世界遺産初め(笑)



「本年もよろしくお願いいたします~」と、もう何回ご挨拶した事だろうか?
今週だけの「特別なご挨拶」と思うだけで、
ちょっぴり新鮮なキモチでご訪問先のドアを開けられた一週間...。

新年の気分が漂う、とある訪問先に、
お得意様から頂いたカレンダーを「ご自由にどうぞ」と置いて在りまして...。

その中でパッ!と目を惹いたのが「SONY」さんの「世界遺産」カレンダー。
「世界遺産」といえば「石井竜也」ですもん!ねぇ?(笑)
とかなんとか言いながら、一部分けて頂いて来ました♪

1月は「ピサの斜塔とドゥオモ広場」の風景で
「おおっ!のっけから石井さんの愛するイタリアの風景ね♪」
なんぞとご機嫌で眺めております、ハイ。(笑)

アルバム「日時計」の録音でイギリスへ赴き、
ジャケット撮影で「ストーンヘンジ」を訪ねられた石井さん...。

「ひつじのショ~ン」のDVD発売記念サイトに掲載されていた
インタビューの中で「ア―ドマンコレクション」とのご縁で
再びイギリスを訪れる機会が在るかも...なんてお話をしていらしたし

昨年初めて開催された「薬師寺」でのコンサート「Present Tree Live」も
本当に心に残る素敵なコンサートだったそうですし...
「今年も石井さんは、世界や世界遺産と沢山ご縁が在るんじゃないのかなぁ~」
なんて、色々と想像してしまうんですよ。(*^^*)

ちなみに「世界遺産」て「持ち運んで動かせないもの」
しか指定されないんだそうでして、
持ち運べない「壁画」などは世界遺産に指定されても
一般的な「絵画」などは、どんなに有名でも指定されないんだそうですね。

なにはともあれ...今年はどんな「石井竜也」が夢中にさせてくれるのか?
って楽しみでならない...。

石井さんの魅せてくれるものが、私の気持ちを揺さぶる度に
新たな言葉が私の中から生まれてくると思うと
ワクワク待ち遠しくて仕方ない...。

今年の始め、お大師様へのお参りの際に目に飛び込んで来た言葉

文の起こり必ず由有り(ぶんのおこりかならずゆえあり)
天朗らかなるときは象を垂れる(てんほがらかなるときはしょうをたれる)
人感ずるときは筆を含む(じんかんずるときはふでをふくむ)

人が文章を書くのには必ず理由が有り、
空が晴れていると天文の様々な現象が現れる様に
人は感動すると文章を著わすのだ...という意味の言葉。

偶然自分が書いた「触れて発する」という気持と近いなぁ...と
見た瞬間にパア~ンと眼に飛び込んで来た言葉だった。

言葉にする事は難しい...と私は思うんですね。
自分の気持ちが100パーセント文字で伝わるわけではないですから...。
でも「感じる」だけでは「自分以外には伝わらないモノ」を、
人は試行錯誤しながら、敢えて文字や言葉にするんじゃないかなと思うんです。
自分以外の人との想いを繋ぐ為に...。

人との関わりに於いて「以心伝心」は、
究極の理想的な関係なのかもしれないけれど、
現実の人間は脆いもので、常に相手を「確認」したいと思う弱さを
誰でも持っていると思うんですね...。

「ありがとう」「うれしいな」「どうしてる?」
そんな些細な言葉が人の気持ちを繋ぐし、反対にその些細な言葉を
「以心伝心」に依存して惜しんでしまうと、
人の心は簡単にスレ違って行く様な気がしてならないんです。

人に対しても、モノに対しても「あるのがあたりまえ」になって
感動が消えてしまわない様に...触れて発したい。

つい先日は「造り上げる言葉」という言葉にも心惹かれた。
自分だけの言葉で、自分だけの感動を伝えられたら...と、
願っている気持ちに響いてくる言葉。

どちらの言葉も「いいんだよそれで」と、
少し躊躇っている背中をソッと押してもらった様な気がします。

さ...準備はいいですよ...♪石井さん!(笑)



2008/01/12

1月11日餅くってますか~?


今年のお正月は、風邪で倒れつつも、お酒だけは飲んでいたアホたれな私。
なんせ、「布団では寝たくない...」と、意地張って炬燵に居たのはいいけれど
「喉が渇いた」と言っては、お茶代わりにシャンパン飲んでりゃ
脱水症状になって、そりゃ~体調も悪化するに決まってるわな...。(^^;ゞ(苦笑)
にしても、風邪...なかなかシブトイです(^^;ゞ

1月11日を境に「一気にPENDULUMモードでぃ!」と張り切れた今週。
昨日辺りも「顔魂展に着て行こう~♪」なんて洋服を買い込んだりして浮かれてたのに
またもや熱と激しい筋肉痛に見舞われて参りました...とほほ。(^^;ゞ

今夜は甘い「お汁粉」でパワーをつけて「チカラ餅」を補給したところで
明日からはストイックに「PENDULUM」へ向けて「自分創り」でぃ!
コンサートを200パーセント(もっとそれ以上?)堪能する為に、
私には欠かせない「儀式」みたいなものだから...。(笑)

とはいえ、もう早速「SKETCH」聴いて飛び跳ねてる月ちゃん。(笑)
「未完成の自画像」「まどろみの午後」「CAFE」
「砂の川」「LINE」「闇に光が」「GARDEN ROSE」...。

こうやって書いてみると全部好きなんじゃん!て改めて思う。
「LINE」「闇に光が」「GARDEN ROSE」みたいな
灰汁の強さは、普段抑圧している感情の熱を発散させる様な
身体の奥から叫びたい気持ちになる曲だし

「未完成の自画像」「まどろみの午後」「CAFE」「砂の川」
程よく肩の力を抜いて聴ける優しいメロディと、
「歌詞」なんだけど創られた言葉っぽくない
石井さんの手紙の様な、日記の様な、心のつぶやきの様なそんな歌詞が
聴き込む程に好きになるアルバム...。

「PENDULUM」は、どんなアルバムになるのかなぁ...。
先行して発売になるシングル「旅の途中で」も...。

誰でも皆、感じながら生きている「揺れ動く心の機微」を
素直に共感出来る様な曲...楽しみで仕方ない...。

「歌」でしか感じられない「石井竜也」の世界があるんだもの...。
2008/01/09

石・龍・魂・響き

昨日は、石井さんの3月から始まるコンサートツアー「PENDULUM」
の、ファンクラブ先行チケットの申し込みの最終日で...

なんとか郵便局の振り込み取り扱いの時間内に
郵便局へ駆け込もう!と、朝から「闘志満々」(笑)
並々ならぬ気合いの賜物で、無事に申し込みを完了しました♪

さ!後は幸運を祈りつつ、コンサートまでの間、
いま自分に出来る事を、日々精いっぱいに頑張るだけですo(^_^)0

オフィシャルサイトの「ISHYS TALK」の中で、
お正月に帰省された際に、ご実家の近くで拾われた沢山の「石」に
「顔魂」を忘れる程に魅了された...と仰っていた石井さん。

石、達磨、龍、磨く、井戸を意味する石井の井...
必然の欠片は、ひとつの事に気が付くと
次々に鳥肌が立つ様な符合をして行きますよね。

本当は、この世に「偶然」などはなくて
すべて「必然」...起こるべくして起こる事なのだ...とも言われますよね。
石井さんが「顔魂」に魂を注ぎ込む切っ掛けも含めて
在るべくして在った出逢い、開かれるべくして開かれる展覧会...
まさにその通りなんだろうなぁ...って感じますね。(^_^)

それに、昔から、「時代の感覚」が研ぎすまされた芸術家は、
必ず究極的に「石」に魅了される...ともいいますもんね。

「石」の魅力は「朽ちてもなお美しい事」なんだそうです。

もしかしたら「石」は、アーティストにとって
「作品」そのものなのかも知れないですね。

何度も何度も転がって、削られて、磨かれて、形を変えて...

そうやって産み出された作品達は、そのアーティストの肉体と精神が
朽ち果てた後にも、この世に姿を留めて、見た人の心を揺さぶり魅了する
古代の「遺跡」や、この世に2つと無い美しい建造物の様に...。

丸く削られて流れ着いた石の素朴さの様に
その遺った作品こそが、アーティストの嘘偽り無い姿を留めているのかも...ですね。
そんな事を想像する度に、目の前で静かに息衝く作品を
どれだけ穴が開く程に眺めても、切りがない...と感じちゃいますよね。

少し脱線しますが、「石」と同じ様に、海の水で洗われ、削られ、磨かれた
「ビーチグラス」にも同じ様な魅力を感じます。

人間が海に捨てた「瓶」などのガラスの欠片が、長い時間をかけて磨かれ
美しく丸みを帯びた、まるで「オハジキ」のような
美しいガラスになるんですよね。

その「ビーチグラス」を美しい「ステンドグラス」にする、
第一人者の女性も、日本にいらっしゃるんですよ。

クリスタルのように、混じりけのない美しさも素晴らしいですが
「ビーチグラス」の様な、柔らかな「摩りガラス」の質感も
光を通した時に、温かくて、優しくて素敵ですよね

それに「大正硝子」のように、少し気泡や不純物が混ざった硝子も
その気泡が混じった瞬間のドラマを感じて味わい深い...。

子供の頃、ビー玉を光に透かして見るのが異様に好きだった名残りなのか
未だに光を通して輝いているガラスが大好きなんです。

不純物が沢山のビー玉を、光に透かして覗いた世界は、
遠い星の惑星の表面の様な、人の体の細胞の様な
不思議な世界に見えていつまでも飽きなかった...。

ガラスの様に、自分が内包いている不純物が、光に透けて見えても、
魅力的に感じてもらえる人間て素敵だなぁ...なんて思ってみたりもしてね。(笑)

「石」も「ガラス」もそして以前書いた「木(流木)」も、
川や海の流れを転がり、水に洗われ、磨かれて魅力的な「素材」になる
人間もまた同じ...ですよね。

激しく脱線しましたが、私には、すべての「必然」の奇跡的な符合の妙を超えて
石井さんが、「顔」に惹かれ「顔」を作り続けた...というコトに感嘆せずにいられない。

その事が、何より嬉しい事だなぁ...と感じるんです。o(^_^)o

しかもいつのまにやら200個近くもの「顔」を...。(すごいですね^^)

「顔魂展」...磨き抜かれた龍の手から放たれる「魂」から響いてくる
達磨達の「気」を感じる瞬間の為に私も磨こう...感じる心を...。

2008/01/09

やったぁ~!夢みたいだぁ~♪\(^0^)/



ホントに、なんて...なんてタイムリーな人なんダ!「石井竜也」っ!!!

たった今携帯に届いた「週刊石井竜也」の最高なお知らせを読んだら
今まで書きかけていたお話なんかスッ飛んじゃった(^^;ゞ

だって、だって、だって嬉しいんですモン♪)(^0^)(
お待ちかねの「PENDULUM」の「音」...うひや~♪ですよ!うひゃ~♪

もう、もうどれだけ長い間「それ」が聴きたかった事か...。
一番初めに感じたのは「NYLON CLUB DELUXE&SUPER DELUXE 」
の頃からだから...。

途中「SKETCH」でチラっと垣間見た片鱗に
「やっぱこういう石井竜也は格好良い!」と確信して以来、
ズットズット「やってくれたらいいなぁ~♪」
とひたすら願っていた「世界」...。

多分...石井さんの人生の大部分の場面で流れ、
想い出に鮮やかな色を投げかけていただろう音楽...。

それを、石井さん自身の「音」と「歌」で聴いてみたかったんだ...。
スッゲ~嬉しい!もう、もう...
いまのこの、ゾクゾクする気持ちをどうすりゃいいんだろう?。

最高!待ってて良かった!)(^0^)(
このお楽しみがあれば、頑張れる!パワーが漲っちゃう♪
もうね、今からウットリと揺れながら
「PENDULUM」に浸っている自分を感じるもの...。

「PENDULUM」の幸運の女神さまが、導いてくれます様に...。
参ったなぁ~!ついさっきまで「PENDULUM」の正体が
「謎」のベールに包まれていて、やきもきソワソワしていたけれど

や~ん!誘惑されたらされたでますますソワソワして来た...ちゃは!(^^;ゞ(苦笑)

そうとなったら私も更に気合い入れて「磨くぞ」イロイロと!(^_-)(笑)