2005/12/20

実を言いますとね

母が入院しました。

日曜の夜遅くに、病院から連絡をもらって
慌てて駆け付けて・・・。

幸い、一命を取り留めて、昨日は少し容態が回復しました。

そのことで、少しね・・・へこんでます。

この一件で、自分の色々なココロに直面したから。

天使と悪魔、そして・・・。

電話を貰った瞬間・・・、小学四年生の自分が甦って来て
心配よりも「怒り」が込み上げて来ている自分が居ました。

「ああ・・仕事で迷惑を掛けてしまう・・」
今、必死で走っているのは、母よ、貴女に心配をかけない様に・・・
負担をかけない様に・・・そういう思いがあったのに・・・。

なぜいつも高く飛ぼうと足掻いて飛んでいる途中に
鳥かごへ戻らせようとするのだろう・・・
貴女の眼に映る範囲の空を飛んでいる訳には行かないのを
なぜ解ってくれないのだろう。
悪魔が肩を抱く。

天使と悪魔・・・
私は冷たい人間だ・・・。
その冷たさが彼女を病ませたのだ・・・天使が見詰める。

現実の身体を支えてくれる存在と
心を支えてくれる存在と・・・

自分の中の「矛盾」が掘り出された出来事。
それでも、私は現在を、今日を生きなくてはイケナイ。

たとへ自分の中で、現実が非現実で、
非現実が現実以上のリアリティで、私を動かしているとしても
目の前の時計は動いている・・・
そして今私が存在する場所は、一昨日までと何一つ変らないで
世界に存在し続けているから。











な~んちゃって・・・。
I'm proud of your hert...
2005/12/18

キング・コング

え~っと、久しぶりに映画の話でございます。

で、なにゆえ「キング・コング」かと申しますとね、
先日買ったDVD・・・購入キャンペーンをやっていたらしくて
映画のチケットを2枚いただいちゃったのですよ。
なもんで、久しぶりに行ってみるベかなァ~って。(笑)

実を言うとね、「キング・コング」って、思い出の映画なんです。
未だにそうなんですけど、私、自分の父親が大好きな子だったんですね。
で、小さい頃はパパの行く所だったら色々な所にくっついて出掛けてたんです。

ウチの父も元々映画大好きで、大船の撮影所で仕事してた事もあったりとかして
小さな頃から、モノクロのテレビで父が見てる洋画の映画を
意味解らないながらも一緒になって見たりしてました。
(ちっちゃな子分状態ですね)(笑)

で、そんな父と初めて2人だけで映画館へ映画を見に行った時の作品が
「キング・コング」だったんです。
初めは「東映マンガ祭り」とかを見せるつもりで連れて行ってくれたんですが
今の親みたいに、スケジュールを調べて行った訳でもないので
たまたま、小さな子供が見る様な映画は上映してない時期だったんですね。

でも「せっかくだから」といって飛込んじゃった。(笑)
その当時の私にしたら、少し難しいし、キング・コング恐いし(笑)
でも、父と一緒に見てるってだけで嬉しかったですね~。^^

思えばこの作品が、初めて映画館で見たロードショーの洋画だったんですから、
懐かしくて仕方ありません。
今度は私が、ウチの息子を連れて映画館に行こう!と、楽しみにしています。

今回のヒロインを演じる女優さん、「ナオミ・ワッツ」さんなんですね。
昨日「王様のブランチ」の映画紹介を見てて知りました。(おいおい^^;)

つい「ナオミ」に反応してしまいました。(笑)
なにせ、わたくし、セカンドネームが「直美」なものですから。(^^

以前、モデルのナオミ・キャンベルさんのコミカルなCMが流行った頃は
すごく曖昧なんだけど・・中学くらいかな?多分中学くらいだよね。(っていい加減^^;)

クラスの男の子で「大野君」という、頭も顔も良いんだけど、
将来は不純な動機で「産婦人科医になるんだ」と豪語していた変った男の子が
私の名前を呼ぶ時に、わざわざ「ナオミよ~ン♪、ちょっと!」と
いちいちモノマネ混じりで呼ばれて、嫌だったトラウマがありますけどね。(笑)
(トラウマなわりに明るくてスイマセンねぇ~今は昔ですからね、へへへ^^;)

外国人の方の「ナオミ」って名前は、聖書の中の人物のヘブライ語の意味から
使われているらしいんですよね。
ちなみに、「愉しい、美しい、朗らか、快い」などの意味があるそうですが
わたし、外国に行くと「愉しいさん」になるワケですかね?(笑)
言葉って面白いですね~、ふふふ。

そういえば・・・トラウマあるわりには
以前、ナオミ・キャンベルがプロデュースした香水
「Nao magic」というのをしばらく使っていた事がありますです。
香りが気に入った・・・というよりも「縁起担ぎ」というか・・・
一種の自己暗示が目的でしたね。
文字どおり、その香水を着ける事で、
自分に魔法(magic)をかけよう!って魂胆で。(笑)(*^^*)

因に今使ってる香水はミッシェルクランのものが多いです。
「エールドコメディ」というのと「イリュージョン」という2つを使い分けています。
「エールドコメディー」は瓶のTOPのフワフワのファーが可愛いの♪
「イリュージョン」は・・・magicの次はillusion・・という(笑)
年を重ねるごとに、どんどん大掛かりな魔法になってる様な気がするね。(苦笑)(*^^*;

あ・・脱線、脱線!
そんなワケで、息子とのデートはいつになるかなぁ・・・。
パパは1人で「男たちの大和」見たいんだそうな・・・。
今年の年末は映画鑑賞で締め!・・・かな?
なんか楽しみだな~(^^