2017/11/11

最近また『不思議な夢』見る頻度が増えてる

見ないときは『夢を見た』記憶すら何ヵ月もない時もあるのに

先日の、北茨城の去年亡くなった叔母の夢に続いて

今度は、母の兄、子どもの頃から『じーちゃん』と呼んでた叔父で
昔は同じアパートに住んで、家族ぐるみでご飯食べたりしていた人で

今は、末の妹と同居していて
何年か前までは、よく遊びに来たり、たまに電話も来たりしていたのに

今は『消息不明』と言ってもいいくらい連絡が取れなくて
安否を心配している叔父
その叔父と電話しているらしい夢で

受話器の向こうで『パジャマ買ってあるからって言って(又は待ってるから…)』

という懐かしい叔父の声が聴こえた…という短い夢なんだけど

なんで『じーちゃん』が夢に?
『パジャマってなんで?』

と、気になっているんだけど、連絡つくんだろうか。

ただただ今は

じーちゃんに、何かあったのでなければいいなと祈っている。
2017/10/30

ブルーベリーソース

もう1つの不思議な夢

最近、スッカリ夢にも現れなくなっちゃった人の夢を見た

しかも、今から20年以上も前の姿カタチで

ハンチングにコートにストール

何かの取材の一環だったのか
ピザの工房かなにかで『焼き加減とか難しいですよね』とかなんとか話してる

焼き上がったピザを『おお~~すげ~熱々、変わってるなぁ~見て!
(笑)』と

持ち上げて見せようとした瞬間にバランスが崩れてピザが『グニャッ』となって大慌て(笑)

『参ったな、俺、すいません』て慌てる後ろで

『あ~~あ!や~っちゃった~(笑)食え、食え、もう諦めて全部食べるしかないっしょ(笑)』と笑ながらしゃがみ込んで覗いた口元に

無言で、ピザのブルーベリーソースを指ですくって持ってくる人

指先の、まだ温かい甘すぎもせず、酸っぱくもないブルーベリーソースを口に含んで味わった瞬間に目が覚めた

不思議な感触の残る夢

なんで、そんな姿カタチで現れたの?
あんなにあなたが喋る夢珍しいね
2017/10/30

影と声だけなのに~1~

昨夜から、不思議な夢を立て続けに見た

夜遅くなってから、北茨城の父の田舎の駅に降り立った私

すると駅の右の角を曲がって走って来た自転車に乗った人が私に気づいて

『○○○ちゃん!待ったけぇ~?』と声を掛けてきた

声の主は、父の兄のお嫁さん

今年新盆を迎えた『○○○おばちゃん』だった。
街灯の加減で影になって顔も姿もハッキリ見えないけど、紛れもなくおばちゃんの声

あれ?おばちゃん亡くなってたはずなのに、と思いつつ(夢だからいいのか、と納得して)

『おばちゃ~ん、遅い時間になっちゃってごめんね、ありがとうございます~』と手を振った

すると『今、車が迎えに来っかんね!待ってて~!あたし、先に行ってっから~』 と

また今来た方角に自転車で走り去って行った

それと入れ替えに、白いワゴンが入って来て

おばちゃんの娘一家や、従姉妹の美人姉妹と子どもたちやら

親戚一同が降りてきて

『や~凄いねぇ、美人姉妹の遺伝子は受け継がれてるね~(笑)』なんて

挨拶を交わしたりしてた時に目が覚めた。

目が覚めた後

やっぱり『亡くなたおばちゃん』だけが影で

他の親戚たちはちゃんと姿カタチが見えた事が気になって

考えてみたら、おばちゃんが亡くなったのは
去年の今頃だったはずだ…と思い出して

『おばちゃん、会いに来てくれたんだなぁ』ってしみじみ思って涙が出た。

おばちゃん、ありがとう。

おばちゃんも、これからは、しあわせになってね。
2017/08/29

騒がしい朝ですが…&母からの電話の夢


おはようございます。

朝から騒がしい1日の始まりになっていますね。
『Jアラート』について、私が知る前…

目覚める前に見ていた夢の中で

実家の母から電話が来て『もうすぐ大きな地震が来るって言うから、あんたもこっち(実家)に来てた方がいいよ』

という母の言葉が終わるか終わらないかのタイミングで
側にあるテレビで、緊急速報が入り、カタカタカタカタ…と揺れてくる

という所で目覚めたのが、4時少し前

起きる直前の夢、しかも『実家の母』が『電話』をかけてくる夢なんて

これまで見たことがない
もともと巫女の家系なのは父の家の方なんだけど
私が子どもの頃から母は、非情に感覚の鋭い人で
私は母の感覚の鋭さが回りにあったおかげで、自分の感覚を自然に受け入れる事が出来たとも言える

それぐらい『不思議な領域に居る人』

その人が現れる夢を
些末に扱う事は出来なくて気にかけていたばかりのことだった

一斉に『物々しい空気』に染められていくのが一番おそろしいこと

『いつも通りの生活を』本当にそう

緊張感を持ちながらも『静観する姿勢』を失わずに(*^_^*)

取りあえず、朝一に母にも電話を入れたので
私も人心地つけて過ごせそうです。

どうぞみなさまも、良い1日を(^-^)v
2016/10/09

ナイトメア

久しぶりに夢に現れたその人に、
決定的な一言を言われちゃった。

その一言が衝撃過ぎて他の夢の中のシチュエーションが
全部ぼやけて消えちゃった。

昼間に見ても、ナイトメアっていうンだろうね(苦笑)
2015/04/21

不思議な夢

久~~しぶりに、お布団で寝たら

早速夢を見ました。

息子の忘れ物(スマホ)に気がついて、追い掛けて行ったバス停と
そこまでの風景が、小学校から高校まで住んでた、団地の風景

息子は見当たらず、フト止まってるバスの中で悪ふざけしてるガキンチョが見え

それに気を取られてたら(オメメで威嚇していたら…ともいう-笑-)

何故か私も乗っていて走り出すバス(あ~~れ~~)

車内から、なぜか道の脇に建てられているオズの国の緑色のような滑り台や、空中に浮くような不思議な造型の消防署?を見ながら

聞こえたアナウンスで「遺跡…」と言っていた気がして降りた

知ってる場所のつもりだったのに、風景に見覚えがなくてボーゼンとしてると

「あれ?アンタなんでこんなとこにいんの?」と、父の声がして

見るとどこかの建築現場、どうやら、今度は結婚前まで住んでいた相鉄線の沿線らしい(笑)

見ると母までいて、現場の中の「よし子さん」という女性に声を掛けて

側の建物の一室で、父と3人で焼きうどんを作ってる。

なんでも、そのうどんは、よし子さんの作った、とうもろこしの粉とかを使ったうどんなんだとかで

「とうもろこしの粉でうどん?作れるんだねぇ…」

なんぞと呟いたら目が覚めた

父や母まで夢に出てくるなんて、今まであったかな?特に父なんて、いままでなかったのにね

さあ、お風呂入って、母と病院までお散歩だ。

「遅れるから起きなさい」って起こされたのかな(^^;(笑)

がんばんべ♪