2016/04/12

ハッピーイエロートレインが北海道仕様になってて

2016041220140937d.jpg
20160412201409b7d.jpg

ビックリ!

あ!帰ってます!見てます!(笑)ただいま!
2010/05/02

「特別任務」(笑)『真選組入隊!大江戸捕物帳』潜入!(池袋ナンジャタウン)※(「巨大定春の頭部」追加しました)

と、いうわけでこんにちは~♪(^O^)/

昨夜はあの後、我が家の本家筋で
「人寄せ」がありまんして
本家のお台所に籠もり
「ご家庭で手軽に出来る」(?)「天麩羅屋さん」

と、化していた月ちゃん。人数がさほど多くないので
「仕出し」をお願いするほどではないだろう…。

と、いうことで、熱々を食べてもらう為に
揚げては運び、揚げては運び…。

困ったコトに「天麩羅」って、揚げてるだけで、
お腹イッパイになっちゃうんですよねぇ。。。(^o^;ゞ

それでも、みんな
「ウマ~~イ♪サクサクぅ~♪」)^o^(

と、喜んで綺麗に食べ切ってくれたのが嬉しくて

後から、ちょっと冷めちゃった天麩羅をつまみつつ

お酒をチビチビ…(笑)(そしてオネムに-苦笑-)

冷た~~く、冷やした「素麺」ともマッチしてて

「ん!良くやった!」と満足する
「天麩羅奉行」(って、ほどでもないけど)

な月ちゃんなのであった。
そんな月ちゃん、実は先日の
池袋サンシャインシティのプラネタリウム「満天」

に出掛けたさいに
ある「特別任務」に着いて来たのでありました。(笑)

いえね、息子の「お付き合い」だったんですが

「池袋ナンジャタウン」のなかで

人気のアニメ「銀魂」の
期間限定アトラクションが開催されていて

なんと約二時間待ちで、参加してきたのでありました。

続きを読む

2010/01/30

熱愛

と...いっても石井さんのアルバム
「GUY」の中に収録されている「熱愛」ではありませぬ。
(んなこたワカッテルって!^^;ゞー苦笑ー)

我が息子ながら、日頃からその熱愛っぷりには
思わず「マジっすか!?(^^;ゞ」と呆れながらも

「この親にしてこの子あり...なのね^^;ゞ」と、
笑いながら一緒に面白がっている月ちゃんなんですが

またまた今回やってくれました!!(笑)

それこそ、石井さんの曲「熱愛」のワンフレーズじゃないですが
♪√危険な賭けに傾れそうさ~

と、ついに「禁断の領域」に踏み込んだ息子...。

先日創刊になった「DeA GOSTINI 」発行の
GAINAX総監修ビジュアルガイドブック
週刊「EVANGERlION CRONICLE」

に、手を出してしまいましたーーーっ!(苦笑)
40号全部揃えるのに、約2年はかかるっちゅーのに...(^^;ゞ

ホント...、親子ともども、
なんて呆れた「週刊」好きなんザンショ...トホホ...。(苦笑)

「DeA GOSTINI の卑怯ものぉぉぉ」と叫びつつ
週刊「EVANGERlION CRONICLE」に賭ける決意を固める息子(笑)

例え今は2次元だって(笑)
恋のチカラは偉大です、ハイ...。

ま...テキトーに頑張れ!(笑)o(^_^)o



201001300654000.jpg201001300653000.jpg
2008/02/20

墓場からアンデスまで…

って言っても別に、宗教的儀式のお話しぢゃ~
ござ~ませんコトよ♪。(笑)

先日の土曜の夜、「石井週一」を聴き終えた後、
それは、それは、長~い旅に出たんですわ。(笑)

放送開始以来、録りだめていたアニメ「墓場鬼太郎」を一気見してから、

同じく1月の末近くから見られずに居た
「母をたずねて三千里」を見倒しちまった!…と言う...。(^^;ゞ(苦笑)

まぁ~!本当に総て見終えた時には
自分まで遥かな旅をした気分でした、ハイ。(笑)

「墓場鬼太郎」は面白いですねぇ~♪(*^_^*)
原作が描かれた頃の世相を全くいじらずに作っているからか

台詞回しの所々が文学的で、浪漫的で、面白いんですよ~♪(^^)v

好きな女性を恋い慕う鬼太郎の
「寝子さん、寝子さん…嗚呼、寝子さん亡き我が人生などありえん…」

な~んて台詞、今時の作品には有り得ないですもんねぇ~♪(*^_^*)

子供だてらに、イッパシに荒れて、夜の繁華街をウロついて
ナニをしでかすのか?と思いきや、道行く女の人の「スカートめくり」(笑)

幽霊族のただ独りの生き残りとして、
日頃人間に心開かずドライな鬼太郎の子供らしい一面...。
憎めない感じですよね。(*^_^*)

30分番組と思えないくらい中味の凝縮した厚い筋立て。
少し褪せた様な色彩の放つ無気味さのせいか
第1話なんて、画面を見ていて急に胸が苦しくなる
不思議な感覚に襲われた程の無気味さを感じた。

何よりかにより、鬼太郎だけでなく、ネズミ男のキャスティングが
オリジナルの「大塚周夫さん」なのが涙チョチョ切れの嬉しさなんだ♪
大塚さんのネズミ男のイヤらしさと妙な人情味は最高だと思うもん。

「しょこたん」演じた猫娘「寝子」はスゴク等身大な感じですよね。
「Snow tear's」も短い歌詞の中に壊れそうな叫びを感じて
それはそのまま「しょこたん」自身の歌への想いの様でもあり
純粋な「恋」の一途さとして心に届きますよね。(^^

「母をたずねて三千里」は大人になって改めてみても
子供の様に感動し興奮出来る美しい作品ですよね。

当時のイタリアの貧困などを描く際のこだわりの数々や、
人間を描くシビアな目線と温かさは
宮崎駿さんの演出ならではなんだな...て改めて感じる

マルコの旅を見ていると「アディオス」という
別れの言葉に込められた人間の想いの気高さや、
別れにつきものの沢山の未練を抱き締める万感を込めた言葉なんだ
そんなことを改めて感じました...。

鬼太郎の世界も、マルコの世界も...
国や社会が貧しい時代の子供達は、皆一応に大人びて
冷めた目線で回りを見ていたり、ものすごい背伸びをしていたり...

大人への成長を促される環境は、
子供にとって、他人や自分の痛みを知ったり、
思いやりを覚えたり...と悪い事ばかりでは無いとは思うけれど...

大人や社会の醜さだけでなく「母をたずねて三千里」での旅のように
本当に困難な時には、その過酷さを支える人情が
子供達の側にあって欲しいな...とフト現実を顧みて思った
日曜の遅い朝でありました。

いやいやしかし、寝不足には更なる拍車がかかりましたが
なんだかモノスゴイ充実した感覚で気分スッキリでしたよ。(^^)v
2007/10/30

ヤッタ-!ヤッタ-!ヤッタ-マン!


と、いきなりナンのコッチャイ!?なタイトルでございますが、
「ヤッタ-マン」とは、アニメファンにはお馴染みの
「竜の子プロダクション」製作のアニメ

「タイムボカン・シリーズ」の始まり…となる
奇跡の名作なんでございますが

なんと!この「ヤッタ-マン」が、来年2008年に「新番組」として
帰って来るらしいんですよォ~♪\(^0^)/わ~い♪ヤッホー!

主役の「ヤッタ-マン」も然る事ながら、
ドジで憎めない「三悪」の「ドロンボ-一味」が大人気で

かく言う私も「ドロンジョ」「トンズラ」「ボヤッキー」の大ファン!(笑)

でね、昨日の夜、息子が見ていたアニメ「名探偵コナン」のエンディングで
この「ヤッタ-マン」のCMがオンエアになった際に

新番組開始に伴い、現在「ヤッタ-マン」の主題歌を歌ってくれる
「有名アーティスト」を募集していると言うんですよ!

も~!その話を聞いて、速効思いましたよ!

「米米CLUBっきゃナイでしょう!」と!(笑)

ヒーローものを歌わせたら最高ですからねぇ~「米米CLUB」!(笑)

「ガッチャマン」でしょ(笑)「新丸子マン」に
「ロシアンルームメイト」に「ソウルスネーク」

え?「ロシアンルームメイト」と「ソウルスネーク」は違う?
あれ?あれれ?…(・・;そうでしたっけ?
(うそ、うそ!違うのは知ってますけどね^^;-笑-)

これまで「得やん」や「僕らの音楽」などでご縁のあった
新アニソン姫の「しょこたん」とコラボレーションなんてして歌ったら
それこそ貪欲に面白いのが出きそうな気がするんですけどね。(*^^*)

「しょこたん」は凄いですよ!どんなシチュエーションでも
ホントに楽しそうにオシゴトをしている姿を見ると
それだけで「しょこたんプリズムパワー」で元気ハピナスになっちゃう♪

米米のパワーと合わさったら、コスモな凄さですぜぇ~きっと♪(*^^*)

などと、妙齢の人妻が、興奮気味に「オタクっぷり」を炸裂させる
夜のブログなのであった…なんつって

ベツに意味深に書くようなネタじゃ~ないわな^^;ゞワハハハハ!(笑)

そんなワケで、ここらで送信「ホイ、ポチッとな!」(笑)



2007/04/15

たぁ~かぁ~のぉ~ツぅ~メぇ~♪(笑)

近頃息子と一緒にハマっているアニメ「秘密結社・鷹の爪」。

去年の4月~6月までテレビ朝日系で放送されていた。
2本立ての「古墳ギャル・コフィーちゃん」の方が
知っている方が多いかも…なんですが。(笑)

このアニメ、監督、脚本、キャラクターデザイン、
録音、編集、声の出演など、ほとんどすべての制作を
「FROGMAN」さん一人でやっている凄いアニメなのだ。(^^;

3月末から、ついに映画が公開になった。
その名も「秘密結社・鷹の爪THE MOVIE~総統は二度死ぬ~」
(笑)007かい?なタイトルで笑っちゃう(o^o^o)

土曜日からTOHOシネマズ川崎で上映が始まった。
終わってしまう前に、息子と一緒に見に行かねば!(笑)(^^)v

http://www.kaeruotoko.com/movie/
            20070415230109