2006/12/30

稲作納め?

20061230141108
20061230134203
大掃除の合間に、バケツのお片付け…。

脆くなった柵は、前日に束ねて、ゴミ収集に…。
農民さん達も日焼けしてひび割れたり
欠けたりしてしまったのでお役御免の勇退…。

すごく淋しいんですけど、「君イネ」のブログや、携帯に、
ちゃんと記録が残っているからこそ出来る「お別れ」なんだよね。

バケツを洗うために引っ繰り返したら、
「なんじゃこりゃ!?」で(笑)
不思議なオブジェみたいだよね~。(笑)
(ピンぼけになっちゃったけどさ…^^;)

イネの「根」…すごい根。(笑)

この根っこで「糸」がよれそうだモンね~。(笑)
なんか、「スターウォーズ」のチューバッカの毛みたいじゃ~ん!
な~んて、言いながらツマンデ遊ぶヤツ…(年末なのに…-笑-)

バケツも綺麗に洗ったし…これで本当の「稲作納め」o(^-^)o

来年は、どんな風に稲作出遊ぼうかなぁ…。

後は、元旦に、お散歩がてら、走水神社に「米吉」を奉納して
弟橘姫にお礼を言って、来年の稲作と
米米クラブの豊作をお願いして来なくちゃ…です。o(^-^)o
2006/11/15

兄弟稲たち(^-^)

<a href="http://blog-imgs-23.fc2.com/y/u/e/yuerun/20061115225408s.jpg">20061115225408
20061115225705
忘れた頃にやってくる(笑)「君イネ便り~番外編~」でオマ。

米吉を育て終え、米米の再会感激祭オーラスの日に、
「食べる」という、究極の愛情表現(笑)でもって
任務を全うしホッとしたのも束の間。

「なんか落ち着かないにゃ~」と、ペットロスにも似た一抹の寂しさ…。

を、感じつつバタバタと日は過ぎ…。
ようやく、部屋の片隅でドライフラワー擬きと化していた、
兄弟稲達の脱穀(11/12)を済ませ、
本日「コメディーNO.1」の籾摺りを敢行しましたン♪
前回同様、「軟球」を使用!
少量ずつ摺り摺りしたトコロ、前回よりも幾分要領良く籾摺り完了~!

来年用の種籾、40粒は残して玄米となりまんした。
スタート20粒くらい⇒40粒…一粒万倍に礼かって(^^)v

精米はまた後日…と言うことで、「君イネ便り~番外編~」
今宵はこれにて「完」!ですぢゃ(笑)
2006/10/22

米食ってゴーっ!(笑)

20061025072204
20061024232607
本日、米米CLUB再会感激祭 大ラスの日~~~っ!

今朝ほど、「米吉」を炊き上げて、「おにぎり」に致しました。

「おにぎり」は宗教的に、「魂」と同じ意味合いを持つと言われます。
「米米CLUB」を「よこはみ」と共に育てたと言う「想い」を
「おにぎり」に「握りコメて」シッカリと食べ、
この身の内に吸収させて頂きました。(^^v

この「米吉」パワーで、今夜の「アトノマツリ」
イッショケンメイ踊って来ます♪(^^

詳しいお話は、また「祭」のあとで・・・。

月ちゃんイキま~す!「米食ってゴー!米喰いに?!(笑)ゴー!」
2006/09/30

アトノイネカリ


拝啓 

米米CLUB&カールスモ-キー石井さま

さて、さて、今日は新米「米米CLUB」の「再会感激祭」in福岡!
「アトノマツリ編」の日でございますね~。

どんな祭になるのかにゃあ~(*^^*)なんて、
想像だけは逞しくしつつ、先日稲刈りしたバケツスタア米吉に引き続き
巨大プランターの米吉と、
兄妹稲、コメッチャマンとコメディーNo1(久々にフルネーム書いた^^;)
の稲刈を致しました。(つい20分程前です)

密集した住宅に「押し合いへし合い」していた稲達なので
穂の按配はどんなもんじゃろーか?と心配してましたが、
まぁ、まぁ、どうでしょう!(どっかの母さん風-笑-)

バケツに比べて細っそ~い茎なのにもかかわらず、
実った「穂」は負けず劣らず・・・、立派な穂がワサワサしてます。

刈り取った稲を束ね、物干竿にぶら下げて、ネットをかけて干してみました。
雨が降ったら取込まなきゃ・・・という感じですが、
ちょっとプチ農家っぽいでしょう?(笑)

(写真)200609301005000.jpg



先に収穫してた、バケツの米吉も日光浴です。

左がバケツ米吉、その隣の小さな束がプランターの米吉。
三番目がコメディーNO1.最後がコメッチャマンでありますぞよ。

今日明日ぐらい干せたら、バケツ米吉は脱穀、籾摺り、精米かな?
ちゃんとお米に仕上げて、旅立たせてやらねば・・・。
あ、送った人が地道に楽しむのもありかな?(笑)

しかしなんだよね、突然ちっとばっかの「籾」を送りつけられて
「好きにして下さい」ってのも乱暴きわまりない話だよね~。(*^^*;(笑)

ま、いわゆる「紙一重」(笑)な志ですが、幸運にも(いや不運にも?)
私から怪しいブツが届くであろう方々・・・、諦めて下さい。(笑)

近頃ね・・・「よこはみ」の稲作ダッチュ~の!(笑)
って~のを、どっかに置去りにして楽しんでいるワタシ。
ついつい、クソ真面目にレポなんかも書いちゃう困った状態だ。

4月の末に始まって、グングンと空に伸びた緑の絆の稲達・・・
その伸び行く先は、どこかに繋がっているのかな?
なんて手探りの中、毎日毎日見つめ続けて、育てて来たこの数カ月。

刈り取った後の、バケツやプランターの切り株の寂し気な佇まい。
黄金色に姿を変えた稲穂達の「静」の佇まい。

見つめていて今思う事、
「ツヅケルコトノムズカシサ ソダテルコトノタイセツサ コラエルコトノケンメイサ」

育てる私のキモチを精一杯に受けて
懸命に伸び育った緑の絆の辿り着いた先は
結局、自分のキモチの内側だったんだな・・・と。

あ・・いかん、いかん、ま~ったクソ真面目だ。(笑)

さて、夜のYokohamiオンエアを楽しみにしてましょう!
今夜は「アタゴオル」なんだにゃ?
えへへ、そっか~!マンガ特集かふふふ~(*^^*)
200609301107000.jpg

2006/09/24

庭と稲束とワタシ~♪


毎日、眺めていたいから~♪などと歌いつつ・・・

拝啓 米米CLUB&カールスモ-キー石井様

先日「落水」をしたバケツの米吉ですが、
思っていたよりも早いペースで黄金色になり
アールヌーボー調の拡がりを醸し出し、

取り避けのネットの隙間から「ハミ出す」程の粋の良さで、
「このままハミ出してると、チュンコに食べられちゃウ」
と思い、少し早い時期でしたが9/23に、急いで稲刈を決行しました。

(写真)200609231340000.jpg



カラカラに乾いているのに、丈夫なんです、稲の茎。
鎌が古いせいもあるけれど、なかなか上手く刈れなくて
約10分ほどかかって刈り取りました。

刈り取る前は「早く早く」と焦っていたので、
寂しさを感じる余裕もなかったのですが、
ぽつんと残った切り株稲を見てると、
もの寂し気に見えて来ちゃってイケマセン。(*^^*;ゞ

せっかく刈り取った稲を抱えて記念撮影してみました。
(写真)kinenn.shot.gif



抱えると、茎の方が意外な程軽く感じるの反対に、
稲穂の側がズッシリと重みを感じて・・・。

まるで、赤ちゃんを抱いている様な不思議な感覚です。
息子の赤ちゃんの頃の感覚を思い出しました。

せっかくなので、息子にも稲束を抱かせてみたところ
「重いねぇ~、それにイイ匂いがするねぇ~」と
嬉しそうにいつまでも抱えていました。(笑)

「君イネ」のおかげで、貴重な経験をさせてやれた・・・
と、見ていて自分も嬉しさでイッパイでした。

後は、プランターの米吉と、コメディ、コメッチャマンの稲刈
そして、脱穀、精米・・・。

果して、どれくらいの「お米」になるのかなぁ~・・・
沢山のお米になって、旅立って行っておくれね。

「稲刈りしたんだ」と報告した、友人、知人、親戚まで
「すごいねぇ~!大したモンだよ、モッタイナイから、来年も作った方がイイよ」
と、異口同音に口を揃えて言われるせいか、かなり「その気」になって来ている私です。

「子米吉」育ててみようかナァ・・・。(笑)
と、切り株のバケツを見ながら思う、少し寂しくなった「米吉村」でありました。

200609240818000.jpg

2006/09/17

ふぞろいの稲穂たち


拝啓 米米CLUB&カールスモ-キー石井さま

「稲穂がでったぁ~!」のご報告から、明日で31日。
バケツの米吉も、プランターの米吉も、黄色く色づいて来ました。

稲穂の重みで稲がシナって、風を受けて「弓なり」にそよぐ稲・・・。
なにやら風情のある趣でございます。

ここ数日、急に肌寒くなり、「稲は大丈夫だろうか?」
「そろそろ落水をして、土を乾かさなきゃ」
と、思いつつタイミングを逃して今日まで来て居ります。

が、いよいよバケツの米吉を落水させる事にしました。
いよいよ「立派なお米」への成長の儀式なのです。
なにか、わが子を見守り、ドキドキするような心境の私・・・。

観察の記録もソロソロ終盤という事で、
現在の稲のデータを調べてみました。

バケツ 稲丈(しなった穂の弧の高さまで)で88cm程度。(おお!さすが米米米)
    株の直径15cm。
プランター 稲丈 64cm程度。株の直径5~6cm

下が、バケツとプランターの比較写真です。

(写真)


稲の房の数や、米粒の大きさ。
それと、茎いっぽんの太さにも、違いがあるのが分りますね。(^^

それぞれの器の中でも、色の付き方、背丈、房の数・・・
ズイブンと違いがるものだなァ~!と、見ていて飽きません。
(でも、蚊に刺されるので、カユクテ退散します-笑-)

晴れ間が続くかどうか分りませんが、ヨコハミの桑竹伊助さんの
「日本晴れ音頭」でも流しつつ「晴れ乞い」をして
最後の段階を、無事乗り越えたいと思います。

出来れば「再会感激祭」の初日に、出来たお米を供えたい!
と願ってましたが、その願いは、ちょっと先延ばしになりそう・・・。

なので、初日の朝は、先日お友達が分けて下さった
貴重な8/8の「米踊り」のイベントの際のおみやげ、
「米米米ひとめぼれ」を炊いて、
お祝しようかなぁ・・・と思っています。

(写真)200609161321000.jpg


昨日、コンサートのチケットが全て届きました。
米粒になる覚悟をして居たので、比較的粒の大き目な米粒になって
米米に会えそうで、うれしくて・・・(*^^*)
朝から、踊りまくっている「騒ぎ屋スットコ月ちゃん」と化しています。(笑)

この段階でチュンコに食べられては大変、大変!
最後までもうひとガンバリ!!気を抜かず、手を抜かず・・・水は抜いて。(笑)
カールさんに負けずに「気合」で「米育て」に取り組みたいと思います。

虫の音の賑やかな秋の米吉村・・・、
ふぞろいな稲穂たちは、米へ米へとなびいています。(^^